メディア掲載

2018年5月16日 (水)

本センター関係者のメディア掲載(2018年5月16日現在)

<新聞報道>

 

●牛山素行教授

2018.4.27(金) 読売新聞 web

 大川小高裁判決 学校防災の指針に 遺族、全国に波及期待 現場に重い義務 賛否

 

2018.5.9(水) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P26

時評 土砂災害 「前兆」頼りすぎるな 

 

2018.5.9(水) 朝日新聞(朝刊) web 

大川小 津波訴訟 上告賛否 接戦4票差 津波被害想定に専門知見もっと 

 

2018.5.9(水) 読売新聞(朝刊 ) web 

大川小訴訟 上告可決 4差で 学校義務、法解釈が焦点 「最高裁での検討、重要」 

 

●矢守克也客員教授

2018.4.14(土) 熊本日日新聞  web 

熊本地震2年 地域の将来像自らの手で

https://kumanichi.com/column/syasetsu/433375/

 

●山田和芳客員教授

2018.5.9(水) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P22  

自然との関わり紙芝居に 地球環境史ミュージアム 常葉大生と制作 

 

●石田瑞穂客員教授

2018.5.11(金) 読売新聞(夕刊) web 

言葉のアルバム 女性科学者の業績照らす 

 

●石井有三客員教授

2018.5.14(月) 朝日新聞(朝刊) 国際 P6

四川大地震10年 利用する中国 震源地・映秀「愛国主義の教育基地に」 地震対策の転機にも

 

 

<雑誌・その他>

 

●千木良雅弘客員教授

2018.4.12(木) 朝日新聞デジタル 

地下の岩石、著しく風化か 大分の土砂崩落、調査団見解

https://www.asahi.com/articles/ASL4C7RPHL4CTIPE036.html

 

●増澤武弘客員教授

2018.4.12(木) T-SITE 

雷鳥写真家・高橋広平氏の写真展「雷鳥 小さな愛おしい命」が静岡市の動物園で開催 

http://top.tsite.jp/news/outdoor/o/39498926/index

 

●矢守克也客員教授

2018.4.14(土) 毎日新聞デジタル 

熊本地震 2年 備えることで命助かる 岩永さん、経験伝承し防災取り組み 自宅全壊、久留米に避難/福岡

https://mainichi.jp/articles/20180414/ddl/k40/040/434000c

 

●千木良雅弘客員教授

2018.4.23(月) Hazard lab(ハザードラボ) 

大分・耶馬渓「前にも地すべりがあった!」100万年前の火砕流台地の危険性  京都大

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24530.html

 

●片田敏孝客員教授

2018.4.26(木) Sankei Biz 

【地球を掴め国土を守れ】技研製作所の51年(9)「震災前にインプラント工法が普及していたら 

https://www.sankeibiz.jp/compliance/news/180426/cpd1804261000001-n1.htm

 

●唐戸俊一郎客員教授

2018.5.4(金) 産経ニュース 

  【産経抄】 54 

  https://www.sankei.com/column/print/180504/clm1805040003-c.html

 

2018年4月20日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2018年4月17日現在)

<新聞報道>

●岩田孝仁教授

2018.4.12(木) 静岡新聞(朝刊)  読者のページ P28

地震への関心低下 足元の「東海」意識を

 

2.18.4.12(木) 朝日新聞(朝刊) 第2静岡 P26 

南海トラフ 避難基準検討へ 県専門部会が第1回会合 

 

2018.4.16(月) 中日新聞 震災 朝刊 P15 

災害死ゼロは可能か? 津波シェルター全国で開発進む

 

●岩田孝仁教授・矢守克也客員教授

2018.4.13(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29 

中央防災会議作業部会 「防災対応に多様性を」 

川勝知事ら地域の実情反映提案 内閣府法令・制度整備検討へ


 ●牛山素行教授

2018.3.30(金) 読売新聞(夕刊) P13 web

 気象予報士が避難助言 豪雨・防災知識生かす 自治体と契約来月から

 

2018.4.11(水) 読売新聞(夕刊) 西部 P10

雨ないのになぜ 現場 土砂災害警戒区域

 

2018.4.14(土) 朝日新聞(朝刊) P5 web 

南海トラフ防災情報 始まった避難の指針づくり 

 

●関谷直也客員准教授

2018.3.30(金) 読売新聞(朝刊) P29 web 

県検証委 原発設備を視察 柏崎刈羽「災害時の制度設備 不十分」 

 

●片田敏孝客員教授

2018.4.5(木) 読売新聞(朝刊) P28 web 

南海トラフ地震 「臨時情報」どう対応 黒潮町で住民説明会 事前避難など議論 

 

●武村雅之客員教授

2018.4.7(土) 読売新聞(夕刊) P1 web 

よみうり寸評 

 

●吉田明夫客員教授

2018.4.8(日) 静岡新聞(朝刊) 特集 p24 

 提言 減災 共助の意義を見直そう

 

●今泉文寿准教授 

2018.4.16(月) 朝日新聞(朝刊) 静岡 P25 

メガソーラー環境に厳しい? 森林伐採→土砂災害 景観 海へ泥水 懸念 

 

●石田瑞穂客員教授

2018.4.17(火) 日経産業新聞  P6 web

猿橋賞に名大講師の寺川氏 地震データから間隙流体圧研究 

 

2018.4.17(火) 日本経済新聞 (朝刊) P30 web 

名大・寺川講師 猿橋賞を受賞 地震と水の関係分析 

 

 

<テレビ・ラジオ報道>

 

●小山真人教授

2018.4.8(日) BSフジ 11301200

ガリレオX 第170回「ドローン×地学 ~空から解き明かす火山の謎~」

http://www.bsfuji.tv/galileox/pub/169.html

2018年3月30日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2018年3月30日現在)

<新聞報道>
●ふじのくに防災フェロー養成講座
2018.3.18(日) 中日新聞(朝刊) 静岡県内 P10
 「災害時 自ら判断、行動」 県危機管理監が呼び掛け

●ふじのくに防災フェロー養成講座・牛山素行教授
2018.3.18(日) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P27
 「防災フェロー」活動紹介 静岡でシンポ 本年度講座修了は3人

●岩田孝仁教授
2018.3.12(月) 読売新聞(朝刊) 地域 P33
 南海トラフ県民意識調査 臨時情報時「避難」33%
 「予知」でなくても一定数存在

2018.3.17(土) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P23
 想像力養い 被害妨げ I LOVE しずおか協 葵区で防災・減災講座

2018.3.24(土) 中日新聞(朝刊) 社会 P30
 救命艇やシェルター開発進む 津波浮いて逃げよ
 専門家「まずは高台。最終手段に」

2018.3.27(火) 静岡新聞(夕刊) P1
 予測と防災 南海トラフ巨大地震 南海トラフ 国も検討会 事前対応、来月初会合
 
2018.3.30(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P32
 予測と防災 南海トラフ巨大地震 南海トラフ事前対応素案
 着地点の難しさ 浮き彫り 県専門部会

●小山真人教授
2018.3.14(水) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P30
 時評 本白根山噴火の衝撃 不断の想定見直し

●小山真人教授・増澤武弘客員教授
2018.3.21(水) 朝日新聞(朝刊) 第2静岡 P28
 富士山 世界遺産 登録から5年 富士山「究める」国際シンポ
 噴火で生じた豊かな自然環境 小山真人教授
 中腹のブナ林、将来には消滅も 増澤武弘客員教授

●原田賢治准教授
2018.3.15(木) 静岡新聞(朝刊) P23 web
 夜間訓練 避難行動の情報収集
 ビーコン使い経路記録 伊豆・土肥

●今泉文寿准教授
2018.3.12(月) 静岡新聞(朝刊) 社会 P26
 演習場上流の渓谷起点 小山2人死亡 土砂流出 林野庁調査
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000011-at_s-l22

●藤井基貴准教授
2018.3.11(日) 静岡新聞 別冊
 保存版 ココカバ 防災ノート 小学生用
 http://cocov.jp/index.php?a=news_detail&id=1058732

2018.3.18(日) 中日新聞(朝刊) 社会 P32
 東日本大震災7年 静大の紙芝居 被災地に
 「怖くない」津波避難学べる 虫のキャラ子どもに好評

●井ノ口宗成講師 
2018.3.28(水) 静岡新聞(朝刊) P31
 風評被害懸念 標識を撤去 津波警戒・想定区域
 自治会要望に市対応

●片田敏孝客員教授
2018.3.9(金) 日本経済新聞(夕刊) ニュースぷらす P2
 人間発見 津波から命を守れ(5) 災害対策で町おこし 思いやる気持ち育む

2018.3.14(水) 伊勢新聞 web
 「精いっぱいの震災対策を」尾鷲 片田東大特任教授が講演 三重
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00001109-isenp-l24

●増澤武弘客員教授
2018.3.22(木) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P19
 ハマボウを防災に 

●矢守克也客員教授
2018.3.10(土) 朝日新聞(朝刊) 高知 P28 web
 大津波に備える 防災「聞く」「話す」黒潮から 南三陸町の「復興」 住民らの地区計画

●吉田明夫客員教授・楠城一嘉客員准教授
2018.3.17(土) 静岡新聞(朝刊) 社会 P31
 予測と防災 南海トラフ巨大地震 県立大と静岡大 発表
 南海トラフ監視に新手法 地震活動を統計処理 プレート境界の力 推定

●吉野篤人客員教授
2018.3.11(日) 静岡新聞(朝刊) 特集 P9
 提言 減災 医療も自助共助が重要 

●関谷直也客員准教授
2018.3.9(金) 中日新聞(朝刊) 社会 P30
 福島県 米の全量検査見直し 拭えぬ風評 農家ら「不安」
 安全性 周知徹底を

2018..3.28(水) 朝日新聞(朝刊) ちば P27
 茨城・大洗町と県内6市町が協定
 原発事故時 避難受け入れ 被災時の対応 課題

●本間基寛客員教授
2018.3.15(木) 日経産業新聞 P16 web
 食品ロス 白いAIで削除 気象で需要予測 因果見える化 安心感

<テレビ・ラジオ報道>
●岩田孝仁教授
2018.3.9(金)NHK総合・静岡 たっぷり静岡 18:10〜
選択が問われる防潮堤

2018.3.15(木)NHK総合・静岡 たっぷり静岡 18:10〜
防災ボイス ブロック塀の危険を確かめよう

2018.3.16(金)NHK総合・静岡 たっぷり静岡 18:10〜
防災ボイス 地域の災害の歴史を知ろう

2018.3.29(木)NHK総合・静岡 たっぷり静岡 18:10〜
南海トラフ巨大地震 件の専門部会が初会合

●中川和之客員教授・山﨑登客員教授
2018.3.17(土) Eテレ 14:00~15:00
 TVシンポジウム「“動く”日本列島をとらえる~統合観測網で防災・減災をめざす~」
 http://www4.nhk.or.jp/P1699/x/2018-03-17/31/7870/1419375/
 http://mowlas.com/program.html

2018年3月 9日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2018年3月16日現在)

<新聞等報道>
●防災総合センター・ふじのくに防災フェロー養成講座
2018.3.4(日) 静岡新聞(朝刊) 社会 P28
 自然災害科学中部地区集会 静岡で研究成果発表

●岩田孝仁教授・関谷直也客員准教授・楠城一嘉客員准教授
2018.2.17(土) 静岡新聞(朝刊) 特集 P11
 予測と防災 南海トラフ巨大地震 県内3大学連携 ワークショップ詳報
 防災情報 どう生かす

●岩田孝仁教授 
2018.2.22(木) 静岡新聞(朝刊) 社会 P34
 「単独判断難しい」南海トラフ防災 企業ヒアリング 名古屋で中部検討会
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000006-at_s-l22

●牛山素行教授
2018.3.3(土) 朝日新聞(朝刊) オピニオン1 P17
 オピニオン&フォーラム 異議あり 風水害は減った「脅しの防災」は危うい
 「過去最大の豪雨」の慣れ 誤った安心感生む
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000007-asahik-soci

●小山真人教授
2018.2.26(月) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P27
 洪水、高潮 史跡に学ぶ 焼津でまちめぐり&座談会 防災考え、街並み確認

●小山真人教授・藤井基貴准教授
2018.2.28(木) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P28
 「まちめぐり」で防災学ぶ 参加者募集 座談会も 25日、焼津

●小山真人教授
2018.2.19(月) 静岡新聞(朝刊)地域中 P19
 高山植物、火山研究発表 駿河区静岡大 南アルプスや富士山対象に

2018.3.5(月) 読売新聞(朝刊) 静岡 P29
 世界遺産センター 開館記念しシンポ

●池田恵子教授
2018.3.3(土) 朝日新聞(朝刊) 第2静岡 P26
 静岡市で異文化体験 静大生「マップ」作成 レストランや団体紹介

●藤井基貴准教授
2018.2.24(土) 毎日新聞 東京夕刊 web
 草津白根山噴火 1カ月 外国人避難に課題 予算限られ住民優先
 https://mainichi.jp/articles/20180224/k00/00e/040/300000c

2018.2.27(火) 朝日新聞(朝刊) 静岡 P29
 考える、話し合う 静大・藤井ゼミの挑戦(上) 道徳教科化、教室変革の好機
 「答えが一つでない問題」とことん議論

2018.2.28(水) 朝日新聞(朝刊) 静岡 P27
 考える、話し合う 静大・藤井ゼミの挑戦(下) 「教える」から生徒の伴走者」に
 防災道徳 話し合い悩む過程を重視

●安藤雅孝客員教授
2017.11.29(水) 中部経済新聞 P15
 科学する人 地震のメカニズムに迫る、遠州灘を警戒(上)

2017.11.30(木) 中部経済新聞 P15
 科学する人 断層調査など誰もやらないテーマに挑戦(中)

2017.12.1(金) 中部経済新聞 P15 
 科学する人 前兆つかめず、予知への確信失う(下)

2018.1.7(日) 中国新聞 セレクト 科学 P11
 サイエンスる 震源区域の周期を発表(上)

2018.1.14(日) 中国新聞 セレクト 科学 P11
 サイエンスる トレンチ調査 日本で初(中)

2018.1.21(日) 中国新聞 セレクト 科学 P11
 サイエンスる 「予防策に力」訴える(下)

2018.1.17(木) 熊本日日新聞 P19
 科学する人 遠州灘の空白域を警告(上)

2018.1.24(水) 熊本日日新聞 P17
 科学する人 断層調査、海底の変動研究(中)

2018.1.31(水) 熊本日日新聞 P21(下)
 科学する人 予知への確信を失う

●片田敏孝客員教授
2018.2.27(火) 静岡新聞(朝刊) 総合 P3 
 大雪時トラック立ち往生 輸送の在り方見直し 国交省検討会

2018.3.5(月) 日本経済新聞(夕刊) ニュースぷらす P2
 人間発見 津波から命を守れ(1) 小中学生に防災教育 教訓を生かす難しさ

2018.3.6(火) 日本経済新聞(夕刊) ニュースぷらす P2
 人間発見 津波から命を守れ(2) 自然と対話し魚釣り 郷土愛を育み備える

2018.3.7(水) 日本経済新聞(夕刊) ニュースぷらす P2
 人間発見 津波から命を守れ(3) 大学では過疎を研究 阿武隅川水害が転機

2018.3.8(木) 日本経済新聞(夕刊) ニュースぷらす P2
 人間発見 津波から命を守れ(4) 地図過信せぬ判断力 原則を守り率先避難

●矢守克也客員教授
2018.3.8(木) リスク対策.com web
 高知の防災計画と地域防災力。コミュニティで命を守る 
地区防災計画学会第4回大会開催
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180308-00010000-riskts-soci&p=1

●吉野篤人客員教授
2018.2.21(水) 静岡新聞(朝刊) P23 web
 災害時トリアージ体験 浜松医科大が市民講座 来月中区

●関谷直也客員准教授
2018.2.24(土) 静岡新聞(朝刊) 国際 P4
 米で福島農産物シンポ

<テレビ・ラジオ報道>
●藤井基貴准教授
2018.2.27(火) NHK国際放送ラジオ web
 BOSAI,Measures for Saving Your Life
  https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/radio/bosai/201802230600/

●関谷直也客員准教授
2018.2.28(水) テレビ山梨 web
 自然災害の“風評被害”学ぶ
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000002-utyv-l19

●廣井悠客員准教授
2018.3.8(木) しずおか朝日テレビ とびっきりしずおか 18:15~
  震災から7年 教訓は今 津波火災のリスクと対策

2018年2月19日 (月)

本センター関係者のメディア掲載(2018年2月16日現在)

<新聞報道>
●ふじのくに防災フェロー養成講座・牛山素行教授
2018.1.20(土) 静岡新聞(朝刊) 社会 P27
 防災フェロー講座 受講募る 静大、29日まで

●岩田孝仁教授
2018.1.26(金) 時事通信 web
 火山と観光、どう共存=啓発、シェルター、調査拡充-有識者に聞く・草津白根山噴火

2018.1.25(木) 毎日新聞 web
 内閣府 進まぬ火山避難計画 策定自治体、該当の3分の1
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000092-mai-soci

2018.2.2(金) 中日新聞(朝刊) 総合 P3
 南海トラフ地震対策見直し 県内「耐震化」なお課題 未知の活断層も/建物補強必要

2018.2.14(水) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P28
 時評 “地震防災警戒レベル” 的確避難へ導入必要

●岩田孝仁教授・関谷直也客員准教授・楠城一嘉客員准教授
2018.2.3(土) 静岡新聞(朝刊) P1
 南海トラフ対応議論 防災情報事前に生かす鍵は 静岡でワークショップ
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000001-at_s-l22

●牛山素行教授
2018.2.3(土) 朝日新聞(朝刊) 社会 P33
 草津白根山噴火 死亡の自衛隊員 「県が氏名発表」認識にズレ
 防衛省は2日後公表「遺族に確認」
 「報道も見直し必要」「匿名では検証不可」
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000015-asahik-soci

●小山真人教授
2018.2.2(土) 朝日新聞(朝刊) 週末Be P5
 今さら聞けない 火山と原発 火砕流の可能性なら「不適」

●池田恵子教授
2018.2.14(水) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P23
 静大生が異文化マップ 葵、駿河区の店舗や団体紹介
 3000部 市国際交流協などで配布
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000019-at_s-l22

2018.2.15(木) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P24
 女性の視点 生かした防災探る 静岡で行政担当者ら会議
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000013-at_s-l22

●土屋智教授
2018.1.25(木) 静岡新聞(朝刊) 経済 P8
 県の森の力再生事業 「計画通りの効果」評価委会合

2018.2.9(金) 静岡新聞(朝刊) 経済 P8
 森の力再生事業 「適正」の評価報告 県委員会

●藤井基貴准教授
2018.1.19(金) 中日新聞(朝刊) 県内総合 P15
 マイスター取得へ 防災紙芝居を紹介 静大准教授が講義

●片田敏孝客員教授
2018.1.30(火) 産経新聞 web
 草津白根山噴火1週間 備え手薄のまま 増える外国人どう守る

●山崎登客員教授
2018.1.30(火) 神奈川新聞 web
 防災力高めよう 2月19日に講演会 横浜・都筑
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00023559-kana-l14

●関谷直也客員准教授
2018.1.28(日) 産経新聞 web
 草津白根山噴火 「警戒レベル1のまま」…草津町長、誤認で安全PR 実際はレベル3、
  気象庁「間違った表現
  http://www.sankei.com/affairs/news/180128/afr1801280010-n2.html

2018.2.3(土) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29
 命守る行動 助ける情報を 南海トラフ 討論 地域で対応確認、共有必要
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000002-at_s-l22

●楠城一嘉客員准教授
2018.1.26(金) 静岡新聞(朝刊) 特集 P11
 TeamBuddy しずおか防災人 研究者と住民をつなぐ役割を

●秦康範客員准教授
2018.1.20(土) 朝日新聞(朝刊) 山梨全県 P29 web
 地震や水害など 防災考える講演「適切に行動 応用力を」

2018.2.12(月) 朝日新聞(朝刊) 山梨全県 P19 web
 会いたい!防災研究に取り組む山梨大准教授 災害備え実践的な避難訓練を

●広井悠客員准教授
2018.2.2(金) 日本経済新聞 地方版東京 P15 web
 図上訓練で防災力向上 東大などがプログラム
 帰宅困難者受け入れで

<テレビ・ラジオ報道>
●小山真人教授
2018.2.4(日) SBS 世界遺産 18:00~18:30
 済州島の火山と溶岩洞窟群
 http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20180204/

2018年1月19日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2018年1月19日時点)

<新聞等報道>
●岩田孝仁教授
2018.1.16(火) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29
 阪神大震災23年 避難所運営薄れる主体性 行政に頼る人増、ボランティア危機感
 「住民の考える力不可欠」
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000023-at_s-l22

2018.1.16(火) 朝日新聞(朝刊) 総合 P3
 てんでんこ 奥尻から(16) 災害研究
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000014-asahik-soci

2018.1.18(木)静岡新聞(朝刊) P20  web
 阪神大震災の教訓忘れず 磐田で防災研修 岩田静大センター長講演

●岩田孝仁教授・楠城一嘉客員准教授・関谷直也客員准教授
2017.1.18(木) 静岡新聞(朝刊) P1
 予測と防災 南海トラフ巨大地震 
  県民と模索 南海トラフ対応 3大学企画「情報共有橋渡しに」
 来月 静岡でワークショップ
 http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/bosai/447413.html

●牛山素行教授
2018.1.11(木) 毎日新聞 web
 九州豪雨 浸水想定域外で14人犠牲 山あいで川岸もろく
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000002-mai-soci

2018.1.7(日) 西日本新聞 web
 大半の犠牲者が「推進想定区域」外で被災 九州豪雨を静岡大教授が調査
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00010002-nishinpc-soci

2018.1.18(木) 静岡新聞(朝刊)読者のページ P28
 時評 「初めてだ」と言う前に 長い視野での考察を

●原田賢治准教授
2018.1.11(木) 静岡新聞(朝刊) 県内政治 P9
 津波災害特別警戒区域指定へ 16日、伊豆で市民集会 県と市

●北村晃寿教授
2018.1.4(木) 毎日新聞 web
 先島諸島 過去二千数百年に大津波4回 静岡大など調査

●藤井基貴准教授
2018.1.7(日) 朝日新聞(朝刊) 静岡 P25
 やさしい言葉で防災紙芝居 「地震」使わず「助けて」→「早く来て」
 静大教育学部ゼミ生ら制作

2018.1.8(月) 静岡新聞(朝刊) 社会 P22
 静大藤井研究室 防災未来賞大賞
 http://www.at-s.com/news/article/education/college/443967.html

2018.1.17(水) 静岡新聞(朝刊) 社会 P27
 防災紙芝居 名古屋でも 静岡大 藤井研究室制作
 学生からこつ、高校生が児童に
 http://www.at-s.com/news/article/education/college/447015.html?news=443967

●廣井悠客員准教授
2018.1.6(土) 毎日新聞 web
 南海トラフ地震 大阪府、帰宅困難者の支援策
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000039-mai-soci

2018.1.15(月) 日本の人事部 web
 「大地震が起きたら、企業は従業員を自宅に帰らせてはいけない」
社員の安全を守る「帰宅困難者対策」とは
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00010000-biz_jinji-bus_all&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010000-biz_jinji-bus_all

●矢守克也客員教授
2018.1.10(水) 朝日新聞(朝刊) 伊賀 P21 web
 地域防災語り合う 伊賀や名張の180名

●増澤武弘客員教授
2018.1.7(日) 日本経済新聞(朝刊) サイエンス P30
 続 地球が危ない(5) キタダケソウ 酸性雨で絶滅危惧

●山田和芳客員教授
2018.1.10(水) 静岡新聞(朝刊) 県内政治 P9
 地球環境史ミュージアム 認知度の向上課題 イベント満足9割超 3月2周年
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000002-at_s-l22

●関谷直也客員准教授
2018.1.13(土) 読売新聞(東京朝刊) 新潟 P33
  原発事故避難検証委 住民聞き取り提案へ

<テレビ・ラジオ報道>
●小山真人教授
2018.1.2(火) 19:20~20:49 NHK総合
 ブラタモリ×鶴瓶に乾杯 初夢スペシャル 富士山・三保松原
 https://www.nhk.or.jp/buratamori/special/index.html

●藤井基貴准教授
2018.1.17(水) SBSラジオ IPPO 9:00台
 考えよう、親子で防災

2017年12月27日 (水)

本センター関係者のメディア掲載(2017年12月27日時点)

<新聞報道>
●岩田孝仁教授
2017.12.3(日) 朝日新聞(朝刊) 静岡 P31
 原発避難計画 公表時期で大きな差 31キロ圏内自治体アンケート 避難先との調整・実効性など
 「机上の想定」でも課題山積」

●牛山素行教授
2017.12.8(金) 朝日新聞(朝刊) 岩手 P25  web
 岩泉市 昨夏の台風被害時 町民半数避難情報を聞かず 静大教授ら調査 IP告知端末は有効

●小山真人教授
2017.12.22(金) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P24
 時評 伊豆大島全島避難から31年 未だ読めぬ次の噴火

●池田恵子教授
2017.12.3(日) 静岡新聞(朝刊) P28
 女性の視点で避難所運営を 防災講座で図上訓練 湖西

●北村晃寿教授
2017.12.5(火) 朝日新聞(朝刊) 社会 西部本社 P35 web
 八重山の大津波、600年隔 琉球大など研究 2千年で4回痕跡

●北村晃寿教授・安藤雅孝客員教授
2017.12.6(水) 日刊工業新聞 P25
 600年間隔で巨大津波発生 沖縄・尖閣諸島 静岡大などが確認

●北村晃寿教授・生田領野准教授・安藤雅孝客員教授
2017.12.15(金) 科学新聞 P4
 「1771年 八重山地震時と同規模」 過去2000年間に津波4回
 砂質の堆積物調査で判明

●藤井基貴准教授
2017.12.7(木) 毎日新聞 web
 ぼうさい甲子園 静大教育学部・藤井基貴研究室が3年連続大賞
「災害弱者」守る教材開発、学生の教育実績評価/静岡
 https://mainichi.jp/articles/20171207/ddl/k22/040/183000c

●安藤雅孝客員教授
2017.12.10(日) 静岡新聞(朝刊) 特集 P31
 提言減災 備えの必要性 昔と同じ

●山岡泰治客員教授
2017.12.14(木) 静岡新聞(朝刊) P24  web
 掛川 県内ネットが活動報告 地域医療支援へ思い新た

2017.12.15(金) 静岡新聞(朝刊) 特集 P13
 解説・主張 SHIZUOKA 赴任者に支度金 御前崎総合病院、運用へ 
 医師確保 地道な姿勢で

●山田和芳客員教授・菅原大助客員准教授
2017.12.7(木) 静岡新聞(朝刊) P21 web
 災害や環境問題テーマに”夕方講義” 文化芸術大にて

●吉野篤人客員教授
2017.12.5(火) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P28
 災害医療 基本学ぶ 16日、静岡

2017.12.24(日) 静岡新聞(朝刊) 特集 P25
 提言減災 大学病院の災害支援策

●関谷直也客員准教授
2017.12.6(水) 河北新報 web
 <風評被害>福島産食品、アジアに根強い不信感 国内は抵抗感持つ人減少
「検査結果の積極発言を」

2017.12.6(水) 福島民報社 web
 欧米よりアジアで「不安」 国内外風評最多は台湾81% 福島産食品
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000663-fminpo-l07

●ふじのくに防災フェロー養成講座修了生 青島晃さん
2017.12.7(木) 静岡新聞(朝刊) 社会 P33
 「昭和東南海」から73年 戦時震災 復旧困難裏付け
浜松・軍需工場状況 警察が%数値化 県内高校教諭ら 文献調査

<テレビ・ラジオ報道>
●牛山素行教授
2017.12.21(木) 静岡朝日テレビ とびっきり静岡 18:15~
 静岡2017 記録的台風 残るつめ跡・・・備えは・・・

●藤井基貴准教授
20017.12.9(土) 静岡朝日テレビ 16:25~
 静岡のチカラ

2017.12.11(月) 静岡朝日テレビ とびっきり静岡 18:15~
 障害のある子どもたちへ 学生が防災紙芝居

●ふじのくに防災フェロー養成講座修了生 仲田慶枝さん
2017.12.11(月) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 防災特集 災害ボランティア事前の対策を

2017年12月 1日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2017年12月1日時点)

<新聞等報道>
●岩田孝仁教授
2016.11.9(木) 朝日新聞(朝刊) 高知 P29
 災害報道 あり方探る 県外被災地へ派遣/TV各局情報共有も
 関学大研セミナー 記者ら討論

2017.11.14(火) 静岡新聞(朝刊) 社会 P28
 沈黙の駿河湾東海地震説40年 南海トラフ地震 中部経済界防災議論へ
 あすモデル地区検討会

2017.11.16(木) 静岡新聞(朝刊) P1
 沈黙の駿河湾 東海地震説40年 南海トラフ 防災対応具体化着手 
中部経済界 モデル地区 百貨店や鉄道など 月内ヒアリング

●岩田孝仁教授・山﨑登客員教授
2017.11.28(火) 静岡新聞(朝刊) 特集 P11
 沈黙の駿河湾 大震法見直し議論詳報
 作業部会が報告書「東海」予知から南海トラフ監視へ

●村越真教授
2017.11.9(木) 静岡新聞(朝刊) 社会 P31
 静岡大・村越真教授 父に続き南極で調査 厳しい環境下の危機管理を研究
 派遣時に殉職者、父「事故ゼロに」 村越教授 安全への思い重なる
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000018-at_s-l22

2017.11.27(月) 朝日新聞(夕刊) 社会 P10
 親子2代で南極観測 「事故0に」思い継ぎ調査へ
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000088-asahi-soci

●原田賢治准教授
2017.11.24(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P20
 津波「オレンジゾーン」伊豆市年度内指定目指す 答申受け、県に養成へ
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000007-at_s-l22

2017.11.24(金) 伊豆新聞 web
 全国初オレンジゾーン指定へ「丁寧に進める」-伊豆・土肥地区
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000001-izu-l22

●池田恵子教授
2017.11.24(金) 産経新聞 web
 災害時、女性もリーダーシップを 宮城
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000037-san-l04

2017.11.27(月) 読売新聞(東京朝刊) 仙台 P31 web
 防災 国際連携探る 15年の「仙台枠組」実現へ 
避難所、復興 女性も主導を 震災での課題、意見交換

●北村晃寿教授
2017.11.3(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29
 南海トラフ級 津波跡なし 静大・北村教授 河津2地点で調査

●藤井基貴研究室
2017.11.14(火) 朝日新聞(朝刊) 第2静岡 P28
 子どもたち防災を学ぶ 菊川でイベント

●片田敏孝客員教授
2017.11.13(月) 茨城新聞 クロス間 web
 記者の目 利根川中流域の広域避難協議 基準統一に温度差
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000002-ibaraki-l08

●増澤武弘客員教授
2017.11.28(火) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P24
 富士山保全に寄付 マックスバリュー ハーゲンダッツ

●廣井悠客員准教授
2017.10.31(火) 読売新聞(大阪朝刊) 広島 P33  web
 広島の課題 2017知事選(2)土砂災害対策
 消防団員足りない 地域防災の要 若い力必要

<テレビ・ラジオ報道>
●岩田孝仁教授
2017.10.31(火) SBSテレビ イブアイ静岡 18:15~

2017.11.2(木) NHK総合 4:20~
 視点・論点

2017.11.6(月) 静岡第一テレビニュースevery静岡 18:15~

2017年10月31日 (火)

本センター関係者のメディア掲載(2017年10月31日時点)

<新聞報道>
●岩田孝仁教授
2017.9.30(土) 静岡新聞(朝刊) P25 web
 災害対策テーマにシンポ 沼津で県弁護士会など

2017.10.27(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P27
 沈黙の駿河湾 東海地震説40年 南海トラフ臨時情報 不確実な予測 防災対応は
 県、モデル地区議論へ 活用関心高まる 模擬シナリオ分野超え連携
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000005-at_s-l22

2017.10.30(月) 中日新聞(朝刊) 社会 P25
 「命守る 報道も目的同じ」 南海トラフ備え 行政OB、記者討論

2017.10.30(月) 徳島新聞 web
 巨大地震報道の役割討論 徳島新聞記者らシンポジウム
 http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/10/2017_15093407977341.html

●牛山素行教授
2017.10.24(火) 産経新聞 web
 九州北部豪雨を検証する有識者会での提言が判明 中小河川に水位計
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000508-san-soci

2017.10.25(水) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P33
 時評 完全でないハザードマップ 知見基に有効活用を

●小山真人教授
2017.10.4(水) 静岡新聞(朝刊) P20 web
 西伊豆・賀茂小5、6年生 プログラミング学ぶ ロボットを活用講座
 基礎習得後には、防災に関連した課題にも取り組む
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000005-at_s-l22

●村越真教授
2017.10.28(土) 日本経済新聞(朝刊) 静岡経済 P35
 静岡きらり人財 南極観測隊、親子2代で参加 過酷な環境リスク研究

●原田賢治准教授
2017.10.16(月) 静岡新聞(朝刊) 社会 P27
 「争点」の現場 託す’17衆院選しずおか 津波防災対策-変化する住民意識-
 地域の将来像考慮を

●池田恵子教授
2017.10.3(火) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P19
 静岡市男女共同参画3計画 審議会に見直し諮門

2017.10.31(火) 静岡新聞(朝刊) P21  web
 湖西で男女共同参画地域セミナー 介護、女性に負担大 軽減策を議論

●井ノ口宗成講師
2017.10.2(月) 静岡新聞(朝刊) P17 web
 御前崎で女性防災リーダー講座 障害者が避難役で参加 受け入れ課題周知へ

2017.10.11(水) 静岡新聞(朝刊) 社会 P33
 災害リスクと対策 動画で
 静岡大など新システム 個別に避難情報発信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000014-at_s-l22

2017.10.30(月) 中日新聞(朝刊) 社会 P25
 AIの手を借りたい 災害時素早い状況把握へ 静大など22年目標にシステム
 人と共同作業 世界初公募

●片田敏孝客員教授
2017.9.30(土) 産経新聞 web
 東京湾高潮発生から100年 防潮堤整備「ほぼ完成」も…高潮の避難計画なし

2017.10.4(水) 読売新聞 web
災害からの避難考える…釜石で講演会

2017.10.19(木) 朝日新聞(朝刊) 埼玉全県・2地方 P28 web
 水害広域避難 3県5市町が連携 利根川中流域 避難情報の合同発表目指す

●武村雅之客員教授
2017.10.22(日) 朝日新聞(朝刊) 読書 P15
 復興百年誌 石碑が語る関東大震災 

●山田和芳客員教授
2017.10.1(日) 朝日新聞(朝刊) P1
 大自在

●矢守克也客員教授
2017.10.30(月) 朝日新聞(朝刊) P36
 災害大国 外国人と助け合う 旅行や出張中 ここでもし…日頃から思考実験を
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000015-asahik-soci

<テレビ・ラジオ報道>
●岩田孝仁教授
2017.10.25(水) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~

2017.10.31(水) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 静岡大・岩田教授に聞く・地震新情報は何が違う?

2017年9月29日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2017年9月29日時点)

<新聞等報道>
●岩田孝仁教授
2017.9.10(日) 産経新聞(朝刊) オピニオン P7
 「大震法」廃止か存続か
  「警戒宣言の仕組みは必要」×「国民は地震学に頼らない方がいい」

2017.9.13(水) 朝日新聞(朝刊) 静岡 P25
 大震法「予知前提」40年ぶりに見直し 県内35市町本社調べ 方向転換に「懸念はない」
 強化地域対策拡大を

2017.9.27(水) 中日新聞(朝刊) 社会 P30
 南海トラフ 被災時交通 県は主導を 岩田・静大防災総合センター長に聞く

2017.9.27(水) 読売新聞(東京朝刊) 解説 P13 web
 解説スペシャル 南海トラフ「予知」見直し 避難計画作り課題多く
 対象・期間どう決める 地震連動予測つかず

●牛山素行教授
2017.9.10(日) 東京新聞(朝刊) 社会 P28
2017.9.11(月) 中日新聞(夕刊) 社会 P10  
  常総・鬼怒川決壊2年 水害対策 避難重視へ 国、ハード面の限界認める

●小山真人教授
2017.9.13(水) 伊豆新聞 web
 21人ガイド目指す 伊豆市で養成講座開講
 http://izu-np.co.jp/nakaizu/news/20170913iz3000000005000c.html

2017.9.13(水) 静岡新聞(朝刊) P23 web
 ジオガイドの知識学ぶ 養成講座が開講 座学や野外学習

2017.9.26(火) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29
 富士山火口予測難しく「レベル1.5」避難課題

2017.9.28(木) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P27
 時評 地殻ひずみ計データ公開 解説システム整備を

●前田恭伸教授
2017.9.29(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P33
 中電の浜岡原発再稼働方針 専門家「住民と対話を」

●原田賢治教授
2017.9.24(日) 静岡新聞(朝刊) 特集 P31
 提言減災 町の将来考え津波対策

●池田恵子教授
2017.9.26(火) 静岡新聞(夕刊) P4 web
 避難所の女性やLGBT支援 団体、個人つながり重要 静岡で経験者語る 
  震災基にガイド作製

●小林朋子教授
2017.9.21(木) 静岡新聞(朝刊) P18 web
 伊東高城ヶ崎分校 静大が連携講座 人との接し方解説

2017.9.28(木) 毎日新聞 web
  ソーシャルスキル
  授業で人間関係悪化など防ぐ 静大と連携、伊東高城ケ崎分校導入 /静岡
 https://mainichi.jp/articles/20170928/ddl/k22/100/049000c

●水谷洋一教授
2017.9.13(水) 静岡新聞(朝刊) P21 web
 小水力発電のまちPR 富士宮来年12月、全国大会 実行委初会合

●藤井基貴准教授
2017.8.26(日) リビング静岡 1571号
 ”自分で考える力”を養い、災害から身を守ろう!楽しみながら学ぶ防災の心得
 防災教育は日常の中で

2017.9.21(木) 静岡新聞(夕刊) 社会 P2
 静大制作の絵本 紙芝居に 伊勢湾台風の教訓継承に一役
 名古屋市港防災センター 災害に備えて

●井ノ口宗成講師
2017.9.12(火) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29
 クラウドソーシングでAIに業務委託 静岡大など仕組み開発
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000024-at_s-l22

●片田敏孝客員教授
2017.9.10(月) 朝日新聞(朝刊) 東京四域・1地方 P33
 水害、「危険な地域と認識を」東部5区、広域避難シンポ

2017.9.14(木) 静岡新聞(朝刊) 1面
 本紙地震報道に「廣井賞」日本災害情報学会
 「他地域の地方紙の模範」

2017.9.25(月) 朝日新聞(朝刊) 茨城 P25
 利根川中流域避難で連携 自治体、水害に備え
  浸水時隣の市に拠点 合同で情報発信探る

●矢守克也客員教授
2017.9.17(日) 読売新聞(大阪朝刊) 3社 P27 web
 ニュースアップデート 南海トラフ 防災対応見直し 「予測困難」全長地震で避難

2017.9.26(火) 毎日新聞 web
 <南海トラフ>静岡県「40年の議論生かす」突発型に転換
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000129-mai-sctch

●関谷直也客員准教授
2017.9.20(水) 読売新聞(東京朝刊) 新潟 P27 web
 「三つの検証」全てが指導 原発事故避難検証委が初会合

2017.9.20(水) 日本経済新聞 新潟 P22 web
 県避難委員会が初会合 原発事故の検証体制整う
 
<テレビ・ラジオ報道>
●小山真人教授
2017.9.12(火) SBS イブアイ 18:15~
 伊豆半島ジオパーク 最終審査へ 機運盛り上げようと公開講座
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00010000-sbsv-l22

2017.9.12(火) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 伊豆半島ジオパーク公開講座

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

静岡大学防災総合センター

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ