静岡大学防災マイスター

2018年4月18日 (水)

静岡大学防災マイスター 平成30年度履修科目一覧の間違いについてのお詫びとお知らせ

先日のガイダンスで参加者の皆さんにお配りした、「平成30年度申請者履修科目一覧」の選択必修科目「地球科学」について担当教員欄に記載ミスがありました。
お詫びして訂正いたします。

(誤) 「地球科学」 担当教員:森下祐一  曜日・時限:火3・4限 
(正) 「地球科学」 担当教員:原田賢治  曜日・時限:月5・6限

すでに森下先生の地球科学を履修登録してしまった方は防災総合センター(大学会館1階 事務室)まで連絡をお願いいたします。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

2018年4月13日 (金)

H30年度静岡大学防災マイスター

4月は2週が過ぎようとしています

新入生は慣れない大学生活で疲れが出る頃でしょうか



今年度前期間ブログ担当の私も先月末から勤めていますが

何もかもが初めてで新鮮です



さて、4/12に「静岡大学防災マイスターガイダンス」が行われました

一定レベルの防災知識を備えた学生を養成し

「静岡大学防災マイスター」や「静岡県ふじのくに防災マイスター」の称号取得する為の科目履修についての説明会です

マイスターとは?などの詳細は「静岡大学防災総合センター」のHPをご覧ください



マイスターは資格ではないものの、就職活動で活かせる(話題に出来る)

決して損はしないものです



今回静岡キャンパスでは総31名が参加しました

履修科目や留意事項の説明が

先日「とびっきり!しずおか(静岡朝日テレビ)」に出演された村越先生

また防災科学実習についての説明が

1月「ブラタモリ(NHK総合テレビ)」に出演された小山先生によりされました



201841201

村越先生



201841202

小山先生



201841203

メモを取る生徒さん



また

浜松キャンパスでも同時開催されました



「今回ガイダンスに参加出来なかったけれどマイスターの称号を取得したい」

「参加したけれど質問がある」という生徒さんは静岡防災総合センターHPを見て頂いた上で防災総合センターにTel(054-238-4502)

または

静岡キャンパス→大学会館1F・静岡大学防災総合センター(平日9:00~16:00)

浜松キャンパス→bousai-hama★shizuoka.ac.jp(★を@に変えてください)

までお問い合わせください



浜松キャンパスの提出期限→4/27(金)17:00

静岡キャンパスの提出期限→4/27(金)16:00

締め切り時間が違うので、間違いのないように注意してください



個別に質問があった時の回答は随時まとめてUPしますので、更新をお待ちください

2018年3月30日 (金)

平成29年度「静岡県ふじのくに防災マイスター」認定講習が行われました。

 3月15日、20日、28日に静岡県地震防災センターにおいて、県知事認証「静岡県ふじのくに防災マイスター」の認定講習が行われました。 
 
 3月15日は、前半なまずホールにて静岡県地震防災センターの島村明利所長より、「静岡県の地震対策 -正しく知って、正しく恐れる-」と題して、静岡県の想定地震や静岡県第4次地震被害想定、自助の重要性などのご講話をいただきました。
 後半は、飯塚インストラクター、新村インストラクターより1階の展示をご説明いただきました。全員が「地震ザブトン」を使って、地震ごとの揺れや継続時間の違いを体感しました。展示のうち長周期地震動による高層ビルの揺れの再現では、擦れ幅の大きさを知ることができました。波が海底の深さにより変化する実験や液状化の実験も体験しました。「TSUNAMIシアター」では、静岡県で想定される津波のシミュレーション動画を鑑賞しました。
 当日の受講者16名に「静岡県ふじのくに防災マイスター」の称号が授与されました。3月20日に2名、3月28日に2名称号が授与され、今年度の「静岡大学防災マイスター取得者」全員が「静岡県ふじのくに防災マイスター」の称号を取得しました。「静岡大学防災マイスター」と併せて認定された人数は83名になりました。                   

※静岡県では、東海地震等大規模災害発生時に、災害対応のリーダーとなる人材を育成し、地域防災力の充実・強化を図るため知事認証を設けておりますが、2012年度から「静岡大学防災マイスター」の称号授与者のうち、一定の条件を満たした者には、静岡県知事から「静岡県ふじのくに防災マイスター」の認定証が交付されています。 

静岡県地震防災センター所長の講話

Dscn00241

地震ザブトンの体験
Dscn00621

2018年3月27日 (火)

平成29年度静岡大学防災マイスター称号授与

 平成30年3月23日、グランシップにおいて、平成29年度静岡大学学位記授与式が挙行されました。
 式の中で平成29年度静岡大学防災マイスター取得者20名の代表に、学長より認定証が授与されました。 
また、各学部の伝達式でも、学部長より称号取得者に「静岡大学防災マイスター」の認定証が伝達されました。
 「静岡大学防災マイスター」取得者は89名となりました。
 
※静岡大学防災マイスター制度は、平成23年度からスタートし、所定の単位を修め、審査に合格した学生に対し、『静岡大学防災マイスター』の称号を与えるものです。 
学校教育や行政、企業など、それぞれの就職先や地域で、身に付けた知識やスキルを生かして、社会の防災力を高めるために活躍することが期待されております。

平成30年度静岡大学防災マイスターガイダンスを開催します

平成30年度静岡大学防災マイスターガイダンスのお知らせ

 静岡大学では「静岡大学防災マイスター」称号制度を平成23年度より開始しています。
 平成30年度の防災マイスター称号取得希望者へのガイダンスを下記の通り実施いたします。

-------------------------------------------------
静岡大学防災マイスターガイダンス
-------------------------------------------------

 平成30年度は静岡キャンパス・浜松キャンパスで本制度を実施します。
 つきましては、静岡大学防災マイスター称号取得を目指す学生へのガイダンスを行います。
 指定科目のうち、抽選のある科目を履修する必要があります。
そのため、これからマイスター取得登録し、履修計画を立てる人は極力このガイダンスで、何を選択すればいいか見通しを持つようにしてください。

日時および会場
(静岡キャンパス)
 4月12日(木) 14時30分から15時30分
  共通教育A棟302

(浜松キャンパス)
 4月12日(木) 14時30分から15時30分
  総合研究棟 22
 
ガイダンスのちらしはこちらからダウンロードできます
 静岡キャンパス →「2018.4.S.pdf」をダウンロード
 浜松キャンパス →「2018.4.H.pdf」をダウンロード

静岡キャンパス

H304_

浜松キャンパス

H30_4_

2018年2月 2日 (金)

平成30年度第1回防災マイスターのガイダンスを実施いたしました(静岡キャンパス)

  2月1日、平成30年度第1回静岡大学防災マイスターのガイダンスを実施いたしました。
浜松キャンパスも同時刻に開催しました。

 今回のガイダンスは、抽選科目の履修登録を考慮して4月のガイダンスに先立って行いました。
 センター長の岩田孝仁教授から概要やマイスター制度の利点の話、副センター長の小山眞人教授から履修の流れや履修科目、防災科学実習についてご説明いただいた後、質問や相談に応じました。
 4月に第2回目の防災マイスターガイダンスを開催しますが、抽選科目の履修登録締め切り後になりますので、今回参加できなかった方は防災総合センターにお問い合わせください。

 防災マイスターとは、一定レベルの防災知識を備えた学生を養成するために設けられた制度で、学生は防災に関する講義の受講および修了レポートへの取り組みを通して、体系的な知識を身につけることができるようになっています。
静岡大学防災マイスターについて、詳しくは下記のページをご覧ください。
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/menu03.html
※HPの情報は平成29年度のものです。平成30年度の情報は、3月下旬以降に掲載いたします。

岩田センター長から概要等の説明
Dsc01505_1280x960

小山副センター長から履修についての説明
Dsc01509_1280x960

2018年1月10日 (水)

平成30年度静岡大学防災マイスターガイダンスを開催します。

平成30年度静岡大学防災マイスターガイダンスのお知らせ

 静岡大学では「静岡大学防災マイスター」称号制度を平成23年度より開始しています。
 平成30年度の防災マイスター称号取得希望者へのガイダンスを下記の通り実施いたします。

---------------------------------
静岡大学防災マイスターガイダンス
---------------------------------

 平成30年度は静岡キャンパス・浜松キャンパスで本制度を実施します。
 つきましては、静岡大学防災マイスター称号取得を目指す学生へのガイダンスを行います。
 指定科目のうち選択科目では、抽選のある学際科目を履修する必要があります。
そのため、これからマイスター取得登録し、履修計画を立てる人は極力このガイダンスで、
何を選択すればよいか見通しを持つようにしてください。

日時および会場

(静岡キャンパス)
 2月1日(木) 14時30分から15時30分
  共通教育A棟302

(浜松キャンパス)
 2月1日(木) 14時30分から15時30分
  工学部5号館 23
 
ガイダンスのちらしはこちらからダウンロードできます
 静岡キャンパス →「H30.1.v01S.pdf」をダウンロード


 浜松キャンパス →「H30.1.v01H.pdf」をダウンロード



静岡キャンパス
H301v01s_905x1280
浜松キャンパス
H301v01h_905x1280_2

2017年10月11日 (水)

静岡大学防災マイスター・修了レポートの課題を公開しました

静岡大学防災マイスター称号取得希望者の方にお知らせします。
修了レポートの課題が公開されています。
称号取得希望の卒業年次学生(学部4年、修士2年)は課題をダウンロードし、
詳細を確認のうえ、レポートを作成して提出してください。
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/menu03.html

提出は11月30日(木)16時までに防災総合センター事務室へ。
返却は1月5日(金)。
その際、再提出の指示がある場合には、1月25日(木)までに修正指摘箇所を修正して
再提出してください。
(再提出締め切り日が1月31日から1月25日に変更となりましたのでご注意ください。)

なお、修了レポートは卒業年次に提出することになっています。
お間違えのないようにしてください。

※修了レポートの課題は静岡キャンパス・浜松キャンパス共通です。
 (浜松キャンパスのレポート提出先は、次年度以降に発表します)

2017年4月14日 (金)

平成29年度「防災マイスター」ガイダンスを実施しました(静岡キャンパス)

 4月13日、平成29年度「静岡大学防災マイスター」ガイダンスを実施いたしました。

 防災マイスターとは、一定レベルの防災知識を備えた学生を養成するために設けられた制度で、学生は防災に関する講義の受講および修了レポートへの取り組みを通して、体系的な知識を身につけることができるようになっています。
詳しくは下記のページをご覧ください。
  http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/menu03.Html

 抽選科目の履修登録を考慮して1月にガイダンスを行いましたので、今年度2回目のガイダンスになります。静岡キャンパスの各学部、地域創造学環より60名ほどが参加しました。
 当センター長の岩田孝仁教授より概要やマイスター制度の利点の話の後、当センター副センター長の村越真教授から履修の流れや履修科目等について説明がありました。
併せて、当センター副センター長の小山真人教授より防災マイスター必修科目「防災科学実習」のガイダンスも行われました。例年以上に多くの方が出席し、防災に対する関心の高さがうかがえました。

 同日、浜松キャンパスにおいても「静岡大学防災マイスター」ガイダンスを開催いたしております。
 
 今年度の防災マイスター授与にかかる単位取得計画書・申請登録用紙の提出期限は
   4月28日(金)16時 です。

当日出席できなかった方、ご質問等のある方は下記にお問い合わせください。
 (静岡キャンパス) 大学会館1階・防災総合センター事務室(対応時間は平日9:00~16:00)
 (浜松キャンパス) bousai-hama★shizuoka.ac.jp(★を@に変えてください)

静岡県知事認証「静岡県ふじのくに防災マイスター※」の称号を取得することができます。

・静岡県ふじのくに防災マイスター※(知事認証)とは?
 切迫性が指摘されている東海地震等大規模災害発生時に、自らの判断で的確な行動をすることのできる知識及び技術を持ち、自主防災組織のリーダーとなる人材や、次世代の地域防災の担い手などを育成し、もって地域防災力の充実・強化を図ることを目的として設定されたものです
(※2017年4月現在の名称)

岩田センター長から概要の説明
Dsc01343_2_1280x893

村越副センター長から履修の説明
Dsc01344_1280x960

小山副センター長から「防災科学実習」のガイダンス
Dsc01347_1280x960

2017年3月30日 (木)

3月15日「静岡県ふじのくに防災マイスター」認定講習が行われました。

  3月15日、静岡県地震防災センターにおいて、県知事認証「静岡県ふじのくに防災マイスター」の認定講習が行われました。 
 
  前半は、なまずホールにて静岡県地震防災センターの小林佐登志所長より、「静岡県の地震対策 -正しく知って、正しく恐れる-」と題して、静岡県の想定地震や静岡県第4次地震被害想定、自助の重要性などのご講話をいただきました。
 後半は、片井インストラクターより1階の展示をご説明いただきました。まず「木造ぶるる」を使って筋交い・耐震補強のある、なしでの違いを確認しました。その後、全員が「地震ザブトン」を使って、地震ごとの揺れや継続時間の違いを体感しました。また、長周期地震動による高層ビルの揺れの再現では、擦れ幅の大きさを知ることができました。最後に「TSUNAMIシアター」において、静岡県で想定される津波のシミュレーション動画や東北地方太平洋沖地震の津波の様子を見て終了しました。
 当日の受講者11名に「静岡県ふじのくに防災マイスター」の称号が授与されました。3月21日にも4名が受講し、「静岡大学防災マイスター」と併せて認定された人数は63名になりました。                   

※静岡県では、東海地震等大規模災害発生時に、災害対応のリーダーとなる人材を育成し、地域防災力の充実・強化を図るため知事認証を設けておりますが、2012年度から「静岡大学防災マイスター」の称号授与者のうち、一定の条件を満たした者には、静岡県知事から「静岡県ふじのくに防災マイスター」の認定証が交付されています。 

Dscf1253_1280x960

Dscf1260_1280x960

Dscf1290_1280x960



より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

静岡大学防災総合センター

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter

無料ブログはココログ