静岡大学防災マイスター

2019年5月16日 (木)

2019年度 防災マイスターガイダンスを実施しました

4月11日(木) 今年度2回目の防災マイスターガイダンスを実施しました。

静岡キャンパスでは、岩田防災総合センター長よりマイスター制度の紹介、これを学ぶ利点などの概要説明、

小山教授からは、称号授与までの流れや、履修科目、また特殊な受講形態となる「防災科学実習」の内容に

ついて具体的な説明がありました。

 

▼ガイダンスの様子です。51名が参加しました。

01_dsc02188 

02_dsc02191

03_dsc02205

 

ガイダンスでもお話がありましたが、防災マイスターについてよくある質問です。

 Q1:防災マイスターの称号を取ると、どんな役に立ちますか。

 A1:称号を得ることによって、特別な待遇を得られるという形にはなっていませんが、

  東海地震震源域にある静岡県での生活に役立つ学習内容であることは間違いありません。

 Q2:防災マイスターの称号取得者の進路はどのようになっていますか。

 A2:取得者99人の進路は、教職38人、公務員22人、民間企業20人、進学18人、その他1人 となっています。

 

「静岡大学防災マイスター」の称号取得者は、一定の条件を満たすことによって、静岡県知事認証

「静岡県ふじのくに防災マイスター」の称号を取得することができます。

 詳しくは下記のページをご覧ください。

http://www.cnh.shizuoka.ac.jp/education/#section_07

 

 

 

 

 

2019年4月 2日 (火)

2019年度の静岡大学防災総合センターのガイダンスを開催します

静岡大学防災マイスターの称号取得を目指す学生向けに下記の通りにガイダンスを開催します。

静岡大学では平成23年度より「静岡大学防災マイスター」称号制度を実施しています。
静岡大学防災マイスター称号制度とは、大学の講義やレポートを通して防災知識を養い、一通りの防災知識を体系的に身につけた学生に学長から称号が与えられるものです。

 

-------------------------------------------------
静岡大学防災マイスターガイダンス
-------------------------------------------------
日時および会場

(静岡キャンパス)
 4月11日(木) 14時30分から15時30分
  共通教育A棟302

(浜松キャンパス)
 4月11日(木) 14時30分から15時30分
  総合研究棟 22


[静岡キャンパス版チラシ]
Shizh31apr__1_1 

[浜松キャンパス版チラシ]

Hama-h31apr    

2019年2月12日 (火)

平成31年度 第1回目の「防災マイスター」ガイダンスを実施しました

1月24日、平成31年度第1回静岡大学防災マイスターのガイダンスを実施いたしました。
 
最初に岩田防災総合センター長から、マイスター制度の紹介、これを学ぶ利点などの概要が話され、
次いで小山教授が、特殊な受講形態となる「防災科学実習」の内容について説明しました。
その後は、村越教授より称号授与までの流れや履修科目と履修上の留意事項、具体的な今後の手続きに関する説明がなされました。
 
説明後の質疑応答では、自由単位の扱いや申請開始日についてなど称号取得を目指す前向きな質問が聞かれ、参加学生の熱意が感じられました。
 
出席者は8名で、開始前に資料だけを取りに来た方もありました。
 
 
防災総合センターのホームページ内に防災マイスターのページがあります。関心がある方はご覧ください。
防災マイスターページURL: http://www.cnh.shizuoka.ac.jp/education/

また、「ガイダンスに出席できなかったけど説明が聞きたい」という方は大学会館1階 防災総合センター事務室にお声がけください。
個別に説明も行います。
(対応時間: 平日9時〜16時)

次回、第2回のガイダンスは4月に行う予定です。


<ガイダンスの様子>
P1240004_2
↑岩田センター長の挨拶

P1240017_2
↑小山教授による防災科学実習の説明

P1240009_4
↑村越教授による防災マイスター履修についての説明

2019年1月 8日 (火)

平成31年度の静岡大学防災マイスターのガイダンスを開催します

静岡大学では平成23年度より「静岡大学防災マイスター」称号制度を実施しています。

31年度から静岡大学防災マイスターの称号取得を目指す学生向けに下記の通りにガイダンスを開催します。

防災マイスターの指定科目のうちには履修する際に抽選となる科目も含まれます。
本ガイダンスは新年度から称号取得を目指す在学中の学生のみなさんに早めの準備と計画的な履修を促すためのものです。
興味のある方は是非ご参加ください。


-------------------------------------------
静岡大学防災マイスター ガイダンス
-------------------------------------------

○静岡キャンパス
  2019年1月24日(木) 14:30 〜 15:30
  共通教育A棟302

○浜松キャンパス
  2019年1月24日(木) 13:00 〜 14:00
  総合研究棟23




・ガイダンスのチラシのダウンロードは以下から
静岡キャンパス: 「guidance_shiz_h31jan.pdf」をダウンロード

浜松キャンパス: 「guidance_hama_h31.1.pdf」をダウンロード


[静岡キャンパス]
Guidance_shiz_h31jan

[浜松キャンパス]

Guidance_hama_h311_

2018年12月26日 (水)

平成30年度静岡県知事認証「ふじのくに防災マイスター」の認定講習が行われました

12月13日と20日に静岡県知事認証「ふじのくに防災マイスター」の認定講習会を静岡県地震防災センターで行いました。

静岡県知事認証「ふじのくに防災マイスター」とは、
切迫性が指摘されている東海地震等大規模災害発生時に自らの判断で的確な行動をすることができる知識及び技術を持ち、自主防災組織のリーダーとなる人材や次世代の地域防災の担い手などを育成し、もって地域防災力の充実・強化を図ることを目的として設定されたものです。
静岡大学防災マイスターの受講者は、一定の内容の認定講習を受講することで、このふじのくに防災マイスターを取得することができるという規定があります。

今年度の認定講習の内容は、地震防災センターのセンター長による講習と、センター内の展示をインストラクターから説明を受けながら見学するというものでした。


講習会の前半は外岡センター長からの講演で、
地震防災センター2階のなまずホールで、静岡県が行っている防災対策や将来的なビジョン、静岡県内の風土や過去の災害に付いての内容が説明されました。
Pc130007

休憩を挟んで、後半は、1階の展示スペースへ移動し、
TSUNAMIシアターで想定される津波・東北地方で実際に起きた津波の映像を見たり、
センター内の端末を用いて静岡県のweb GISに接続して静岡県の第四次地震被害想定の内容を確認や解説を行いました。

Pc130013

最後は地震体験コーナーで、実際の地震の横揺れを再現した地震ザブトンに座り、
地震によって揺れ方や揺れている時間が全く異なること、揺れ始めたらとても動くことはできない事を体験しました。
揺れの体験と合わせてインストラクターの方の被災体験なども聞くことができ、
大学の講義とは異なる貴重な体験となりました。
Pc130028

2018年10月18日 (木)

静岡大学防災マイスター・修了レポートの課題を公開しました

  静岡大学防災マイスター称号取得希望者の方にお知らせします。

平成30年度防災マイスター修了レポートの課題が防災総合センターホームページに公開されています。

 http://www.cnh.shizuoka.ac.jp/education/

  称号取得希望の卒業年次学生(学部4年生、修士2年生)は課題をダウンロードし詳細を確認のうえ、レポートを作成して提出してください。※修了レポートの課題は静岡キャンパス・浜松キャンパス共通です。

提出期限は1130日(金)16時締め切り

提出場所は

静岡キャンパス:防災総合センター事務室(大学会館1階)

浜松キャンパス:S-Port 1 レポートボックス またはメール添付

メールアドレス: bousai-hamashizuoka.ac.jp (@にしてください)

 

返却は17日(月)9時以降

 静岡キャンパス:防災総合センター事務室

浜松キャンパス:メール添付による返却

 

再提出期限は125()16時締め切り

再提出の指示がある場合には、125日(金)までに修正指摘箇所を修正して再提出してください。

2018年4月20日 (金)

静岡大学防災マイスターについての質問

先日、ツバメを発見しました。

桜から静岡県の花であるツツジに景色は変わり始めていますね。


防災マイスターの計画書や称号取得の申請期限まで1週間となりました。

学生から質問がありましたので、参考にしてください。


Q1:(2月にガイダンスを受けた学生より)学部共通1で月曜5.6時限に原田先生の授業で地球科学がありますが、単位として認められますか?

A1:前回の記事に詳細を載せましたので、そちらをご覧ください。


Q2:4年生から申請してもマイスターを取得出来ますか?

A2:1年間で必要な単位(12単位)を取るのは大変ですが、無理ではありません。

  (制度開始時に4年生だった学生は取得出来ました)

  注意として、選択必修科目は抽選になると思われます。抽選に漏れてしまうと受講が出来ません。


Q3:卒業要件の単位数とマイスターの取得単位は別(卒業要件+マイスター単位)ですか?

A3:共有ですので、ご心配なく。


Q4:H30年度申請予定の4年生です。既に1つの科目を取得しています。申請前に取得した単位も認定されますか?

A4:ガイダンス資料の「よくある質問」にも載せましたが、大丈夫です。


Q5:H27年度に申請した4年生です。岩田先生の講義を受講した場合、称号取得の対象になりますか?

A5:H30年度科目一覧に岩田先生の講義がありますが、この学生の場合対象にはなりません。

     自身の申請した年度の科目一覧に沿って履修してください。

     履修科目はこちらからDL出来ます。


ゴールデンウイーク明けに、申請された皆さんにメールを一斉送信します。

Gmailから受信出来るように、各自設定をお願いします。

2018年4月18日 (水)

静岡大学防災マイスター 平成30年度履修科目一覧の間違いについてのお詫びとお知らせ

先日のガイダンスで参加者の皆さんにお配りした、「平成30年度申請者履修科目一覧」の選択必修科目「地球科学」について担当教員欄に記載ミスがありました。
お詫びして訂正いたします。

(誤) 「地球科学」 担当教員:森下祐一  曜日・時限:火3・4限 
(正) 「地球科学」 担当教員:原田賢治  曜日・時限:月5・6限

すでに森下先生の地球科学を履修登録してしまった方は防災総合センター(大学会館1階 事務室)まで連絡をお願いいたします。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

2018年4月13日 (金)

H30年度静岡大学防災マイスター

4月は2週が過ぎようとしています

新入生は慣れない大学生活で疲れが出る頃でしょうか



今年度前期間ブログ担当の私も先月末から勤めていますが

何もかもが初めてで新鮮です



さて、4/12に「静岡大学防災マイスターガイダンス」が行われました

一定レベルの防災知識を備えた学生を養成し

「静岡大学防災マイスター」や「静岡県ふじのくに防災マイスター」の称号取得する為の科目履修についての説明会です

マイスターとは?などの詳細は「静岡大学防災総合センター」のHPをご覧ください



マイスターは資格ではないものの、就職活動で活かせる(話題に出来る)

決して損はしないものです



今回静岡キャンパスでは総31名が参加しました

履修科目や留意事項の説明が

先日「とびっきり!しずおか(静岡朝日テレビ)」に出演された村越先生

また防災科学実習についての説明が

1月「ブラタモリ(NHK総合テレビ)」に出演された小山先生によりされました



201841201

村越先生



201841202

小山先生



201841203

メモを取る生徒さん



また

浜松キャンパスでも同時開催されました



「今回ガイダンスに参加出来なかったけれどマイスターの称号を取得したい」

「参加したけれど質問がある」という生徒さんは静岡防災総合センターHPを見て頂いた上で防災総合センターにTel(054-238-4502)

または

静岡キャンパス→大学会館1F・静岡大学防災総合センター(平日9:00~16:00)

浜松キャンパス→bousai-hama★shizuoka.ac.jp(★を@に変えてください)

までお問い合わせください



浜松キャンパスの提出期限→4/27(金)17:00

静岡キャンパスの提出期限→4/27(金)16:00

締め切り時間が違うので、間違いのないように注意してください



個別に質問があった時の回答は随時まとめてUPしますので、更新をお待ちください

2018年3月30日 (金)

平成29年度「静岡県ふじのくに防災マイスター」認定講習が行われました。

 3月15日、20日、28日に静岡県地震防災センターにおいて、県知事認証「静岡県ふじのくに防災マイスター」の認定講習が行われました。 
 
 3月15日は、前半なまずホールにて静岡県地震防災センターの島村明利所長より、「静岡県の地震対策 -正しく知って、正しく恐れる-」と題して、静岡県の想定地震や静岡県第4次地震被害想定、自助の重要性などのご講話をいただきました。
 後半は、飯塚インストラクター、新村インストラクターより1階の展示をご説明いただきました。全員が「地震ザブトン」を使って、地震ごとの揺れや継続時間の違いを体感しました。展示のうち長周期地震動による高層ビルの揺れの再現では、擦れ幅の大きさを知ることができました。波が海底の深さにより変化する実験や液状化の実験も体験しました。「TSUNAMIシアター」では、静岡県で想定される津波のシミュレーション動画を鑑賞しました。
 当日の受講者16名に「静岡県ふじのくに防災マイスター」の称号が授与されました。3月20日に2名、3月28日に2名称号が授与され、今年度の「静岡大学防災マイスター取得者」全員が「静岡県ふじのくに防災マイスター」の称号を取得しました。「静岡大学防災マイスター」と併せて認定された人数は83名になりました。                   

※静岡県では、東海地震等大規模災害発生時に、災害対応のリーダーとなる人材を育成し、地域防災力の充実・強化を図るため知事認証を設けておりますが、2012年度から「静岡大学防災マイスター」の称号授与者のうち、一定の条件を満たした者には、静岡県知事から「静岡県ふじのくに防災マイスター」の認定証が交付されています。 

静岡県地震防災センター所長の講話

Dscn00241

地震ザブトンの体験
Dscn00621

より以前の記事一覧

静岡大学防災総合センター

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter

無料ブログはココログ