お知らせ

2017年12月 4日 (月)

12月16日 第103回ふじのくに防災学講座のお知らせ

12月16日にふじのくに防災学講座が行われますのでお知らせします。
-------------------------
第103回ふじのくに防災学講座
-------------------------

【日時】
平成29年12月16日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)

【内容】
<テーマ> 『災害医療の基本原則 CSCATTT』
<講 師> 浜松医科大学医学部医学科 救急災害医学講座 吉野 篤人 教授
【講演概要】
災害医療の活動原則 CSCATTTを説明する
Command and Control:指揮と連携
Safety:安全:救助者、現場、傷病者の安全。
Communication:情報伝達       
Assessment:評価:災害全体の状況、自分たちの活動を評価する。
Triage:トリアージ:傷病者の処置や搬送の優先順位を決める。
Treatment:処置:美容や機能よりも生命を重視する。
Transport:搬送。

詳細はこちらです。

2017年10月27日 (金)

11月5日 第102回ふじのくに防災学講座

11月5日にふじのくに防災学講座が行われますのでお知らせします。
-------------------------
第102回ふじのくに防災学講座
-------------------------

【日時】
平成29年11月5日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)

【内容】
<テーマ> 『津波を知り、津波に備える』
<講 師> 静岡地方気象台長 中村浩二さん
【講演概要】
11月5日は津波防災の日です。これは、1854年の安政南海地震の際に、稲わらに火をつけて、暗闇の中で逃げ遅れた人たちの命を救った「稲むらの火」の逸話にちなんで制定されました。
「稲むらの火」の時代に比べて、現代は科学技術が進歩し、ハード面、ソフト面で津波対策は進みましたが、未だ私たちは津波の脅威にさらされています。あらためて、津波について知っていただき、津波から命を守る備えをしていただきたいと思います。
なお、あわせて11月1日から運用開始される「南海トラフ地震に関する情報」についての説明も行う予定です。

2017年10月11日 (水)

10月21日 第101回ふじのくに防災学講座のお知らせ

10月21日にふじのくに防災学講座が行われますのでお知らせします。
-------------------------
第101回ふじのくに防災学講座
-------------------------

【日時】
平成29年10月21日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)

【内容】
<テーマ>【九州北部豪雨】 『「被災者自身の発信」が映し出した災害現場の素顔』
<講 師> 東峰テレビ総合プロデューサー 岸本 晃さん
【講演概要】
九州北部豪雨で福岡県東峰村は死者3名をはじめ甚大な被害を受けた。
ケーブルが断線して放送できなかった東峰テレビは映像記録を撮り続け Facebookで毎日発信し、住民ディレクターといわれる村民スタッフは行動力と発信力で大活躍した。
マスコミにも大きな影響を与えた「被災者自身の発信」が映し出した現場の素顔とそれを可能にした住民ディレクターの仕組みを紹介する。

2017年9月 8日 (金)

9月16日 第100回ふじのくに防災学講座のお知らせ

9月16日にふじのくに防災学講座が行われますのでお知らせします。
-------------------------
第100回ふじのくに防災学講座
-------------------------

【日時】
平成29年9月16日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)

【内容】
<テーマ> 『不確実な地震予測情報を防災に生かすには』
<講 師> 東海大学海洋研究所地震予知・火山津波研究部門 織原義明 特任准教授
【講演概要】
昨年9月に始まった国の中央防災会議における議論では、不確実であっても地震予測情報を災害軽減に役立てていく方向性が示された。発表者は昨年2月、高知県内の沿岸市町村を対象に不確実な地震予測情報を事前避難に生かせるか等についてアンケート調査を行っている。講演ではこの調査結果と中央防災会議の議論から、不確実な地震予測情報を防災に生かすことについて考える。

2017年7月21日 (金)

「平成29年7月九州北部豪雨による災害・現地調査速報会」のお知らせ

静岡大学防災総合センターでは、平成297月九州北部豪雨による災害に関する調査を実施しています。下記日程で、災害発生1ヶ月時点での調査結果についての速報会を実施します。

 

「平成297月九州北部豪雨による災害・現地調査速報会」

主催:静岡大学防災総合センター

開催日:201784() 

時間:1300分~1500

場所:静岡県地震防災センター ないふるホール(2階)

    静岡市葵区駒形通5丁目91

 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください

内容:

「防災行政の観点からの報告(仮題)

  岩田孝仁(静岡大学防災総合センター教授・センター長)

「人的被害・家屋被害の特徴(仮題)

  牛山素行(静岡大学防災総合センター教授・副センター長)

※演題や内容は当日変更される場合があります。

定員:180名(先着)

参加費:無料

対象:どなたでも受講できます。

事前に申し込みの場合は、81日(火)までにメールでお申し込み下さい。

      当日、会場でも参加を受付けます。

 

問い合わせ先

静岡大学防災総合センター 速報会窓口 cndsdisaster-i.net 

@に変更し送信して下さい。

2017年6月30日 (金)

7月15日第99回ふじのくに防災学講座のお知らせ

7月15日にふじのくに防災学講座が行われますのでお知らせします。
今回は、当センター客員准教授で、日本気象協会の本間様にご講演いただきます。ご関心をお持ちの方は是非ご参加をお願いいたします。
-------------------------
第99回ふじのくに防災学講座
-------------------------

【日時】
平成29年7月15日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)

【内容】
<テーマ> 『近年の豪雨の特徴と今後目指すべき防災・気象情報の姿』
<講 師> 一般財団法人日本気象協会 防災ソリューション事業部 本間 基寛 専任主任技師
【講演概要】
平成27年関東・東北豪雨や平成28年台風10号による岩手県、北海道での災害など、最近発生した豪雨災害の特徴について概説するとともに、近年の気象予測技術の進展の例としてアンサンブル予報などの事例を紹介し、極端な気象現象へ備えるための防災気象情報のあり方や受け止め方について議論を展開する。
詳細はこちらです。

2017年6月 1日 (木)

6月17日 第98回ふじのくに防災学講座のお知らせ

6月17日にふじのくに防災学講座が行われますのでお知らせします。
-------------------------
第98回ふじのくに防災学講座
-------------------------

【日時】
平成29年6月17日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)

【内容】
<テーマ> 『まちの再建へのながいみちのり ~東日本大震災と熊本地震~』
<講 師> 常葉大学附属社会災害研究センター 池田 浩敬 教授
【講演概要】
 6年前に発生した東日本大震災や昨年4月の熊本地震では、多くの人々の“すまい“が被災し“まち“全体も大きな被害を受けました。被災地・被災者の復興過程において“すまい”や“まち”の再建は必要不可欠ですが、その道程は決して平坦ではありません。
 次の災害に備えるためにも、2つの災害事例から、“すまい”や“まち”の再建についての教訓を学んで行きたいと思います。
詳細はこちらです。

2017年5月 9日 (火)

5月13日 第97回ふじのくに防災学講座のお知らせ

5月13日にふじのくに防災学講座が行われますのでお知らせします。
今回は当センターの客員教員の山崎登教授(NHK解説委員)が講師です。

-------------------------
第97回ふじのくに防災学講座
-------------------------

【日時】
平成29年5月13日(土)
開会式  10時00分~10時30分
講演会  10時30分~12時00分
※講演開始前に、平成29年度ふじのくに防災学講座開会式を開催します。
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)

【内容】
<テーマ> 『地域の防災を高める』~最近の災害取材から~
<講 師> NHK解説委員 山崎 登氏
【講演概要】
 昨年4月の熊本地震では震度7の猛烈な揺れが2回も観測され、住宅などの建物が壊れて大きな被害がでました。また8月の台風10号は観測史上初めて東北地方の太平洋側に上陸し、高齢者施設などで多くの犠牲者をだしました。
 このところ全国各地で大きな自然災害が相次いでいますが、現場を取材すると、被害を減らすためには地域の防災力を高めておくことが重要だとわかります。
 専門家が南海トラフの巨大地震の切迫性を指摘し、かつてはなかったような豪雨の危険性が高まっているなか、みなさんと一緒に求められる防災対策を考えたいと思います。
詳細はこちらです。

2017年3月 2日 (木)

3月18日 第96回ふじのくに防災学講座のお知らせ

3月18日午前にふじのくに防災学講座が行われますのでお知らせします。
今回は静岡大学が担当となっており、当センターのセンター長であり、この3月に退職する増田俊明教授による講演が行われます。
なお、防災学講座(10時30分~12時00分)に先立って、10時00分より同会場にて、ふじのくに防災フェロー養成講座修了証書授与式を実施します。
また、すでに案内しておりますように,午後(13時30分-17時00分)は、同会場にて以下のシンポジウムも行います。

東海圏減災研究コンソーシアム第4回シンポジウム
・ふじのくに防災フェロー養成講座2016年度シンポジウム
 「現代における防災実務者育成の重要性」
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fellow/events/20170318.pdf

併せてご参加をいただければ幸いです。


-------------------------
第96回ふじのくに防災学講座
-------------------------

【日時】
平成29年3月18日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)

【内容】
<テーマ> 『静岡大学の地域防災への貢献』
<講 師> 静岡大学 防災総合センター長 増田俊明 氏
【講演概要】
静岡大学防災総合センターは約9年前に出来た組織であり、災害に役立つ人材育成と研究を並行して行っている。本講演では、当センターの(1)人材育成の構想(基本概念)の概要、(2)各研究者が行っている多岐にわたる活動・成果の主なもの、について断片的に紹介する。

詳細はこちらです。

2017年2月20日 (月)

シンポジウム「現代における防災実務者育成の重要性」(2017/3/18)のお知らせ

下記の通りシンポジウムを実施いたします.例年,ふじのくに防災フェロー養成講座のシンポジウムとしてこの時期に開催されていますが,今年は東海圏6大学で構成している「東海圏減災研究コンソーシアム」の定例シンポジウムを兼ねての実施となりました.当日午前には同会場で,今年度防災フェロー修了生への称号授与式が行われます.多くのみなさまのご参加をお待ちしています.

------------------------------
東海圏減災研究コンソーシアム第4回シンポジウム・
ふじのくに防災フェロー養成講座2016年度シンポジウム
「現代における防災実務者育成の重要性」
主催:東海圏減災研究コンソーシアム・静岡大学防災総合センター

1.開催趣旨
 防災に関わる最前線では多くの防災実務者(行政機関等の防災担当者,官民の防災業務に関わる技術者など)が活動しています.南海トラフ巨大地震への対応など,防災に関わる業務の重要性が増し,様々な技術や情報が高度化する中で,防災業務に当たる人材の育成・支援の必要性が高まりつつあります.東海圏減災研究コンソーシアムの構成6大学においても,それぞれの大学の得意分野を生かした防災実務者の育成プログラムが展開されています.本シンポジウムでは,6大学の各防災実務者育成プログラムのねらい,育成しようとしている人材像を相互に確認し合った上で,現代における防災実務者が直面している課題,人材育成の重要性,今後取り組むべきことなどについて,6大学で防災実務者育成に取り組んでいる関係者を中心に議論を行いたいと考えています.

2.日時・場所
2017年3月18日(土) 13:30~17:00
 静岡県地震防災センター ないふるホール
  (静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
  ※会場の駐車場は限られていますので公共交通機関等を御利用ください.

3.内容
13:30 - 13:35 開催挨拶:増田俊明(今年度幹事・静岡大学)
13:35 - 14:05 東海圏減災研究コンソーシアム活動報告
 ・専門部会報告:各部会長(5部会×5分)
 ・(追加報告の可能性あり)
14:05 – 14:45 基調講演1「減災から防災社会へ”想像力育む情報発信”」
静岡大学防災総合センター教授  岩田孝仁
14:45 – 15:25 基調講演2「『文化系』の防災教育―人をみる/思想をつくる」」
東京大学情報学環総合防災情報研究センター特任准教授  関谷直也
<休憩>

15:35 – 16:55 パネルディスカッション「現代における防災実務者育成の重要性」
コーディネータ:牛山素行(静岡大学)
パネリスト:小山真紀(岐阜大学),新井伸夫(名古屋大学),秀島栄三(名古屋工業大学),
名執潔(豊橋技術科学大学),浅野聡(三重大学),小林正人(浜松市役所)
16:55 – 17:00 閉会挨拶:斉藤大樹(次年度幹事・豊橋技術科学大学)

4.参加方法
・参加費は無料です.
・事前申込は不要です.どなたでも自由に参加できます.ただし会場の定員は180名で,先着順となります.
・会場の駐車場は限られていますので公共交通機関等を御利用ください.

5.問い合わせ先
〒422-8529 静岡市駿河区大谷836 静岡大学防災総合センター
 TEL:054-238-4254 FAX:054-238-4911
 E-mail: sbosai@sakuya.ed.shizuoka.ac.jp
★事前申込は不要ですので,参加の申込,参加についての許可申請などの連絡はご遠慮ください.

案内文はこちら(PDF)からダウンロード.

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

静岡大学防災総合センター

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

無料ブログはココログ