« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月27日 (水)

令和3年度 第1回「静岡大学防災マイスター」ガイダンスが開催されました

2021年1月21日(木)に、令和3年度 第1回「静岡大学防災マイスター」のガイダンスが開催されました。

今回は、現在の状況をふまえて、初めてのリモート(Zoom配信)ガイダンスとなりました。

静岡キャンパスから28名、浜松キャンパスから7名の申し込みがあり、例年以上の反響となりました。

 

当日の資料等については後日防災総合センターHPに掲載いたします。

 

第2回ガイダンスも今回と同様リモートにより4月に開催の予定ですが、

当日出席できなかった方、ご質問等のある方は下記にお問い合わせください。

大学会館1階 防災総合センター事務室

メールアドレス: meister.office.shizshizuoka.ac.jp (★を@にしてください)

 

2021年1月25日 (月)

本センター関係者のメディア掲載(2021年1月22日時点)

<新聞>

●藤井基貴准教授

2020.12.24(木) 静岡新聞 夕刊 P2 社会

 自分のまちで地震が起きたら 心情や情景 物語に 防災小説を執筆

2020.12.25(金) 毎日新聞 朝刊 P21 静岡

 ぼうさい甲子園 教材開発し普及 静岡大研究室に大賞

●牛山素行教授

2020.12.25(金) 朝日新聞 朝刊 P3 総合

 警戒レベル5 名称変更 避難情報「緊急安全確保」に

2021.1.10(日)静岡新聞 朝刊 P21 特集

 災害碑 地図登録進まず 記号で周知、教訓伝承

●片田敏孝客員教授

2021.1.1(金) 朝日新聞 朝刊 P31 岩手全県

 いま、大切にしたいこと 震災10年 1⃣伝える ㊤

●岩田孝仁特任教授

2021.1.1(金) 静岡新聞 朝刊 P4

 東日本大震災10年 まず揺れ対策 意識徹底して

2021.1.22(金) 読売新聞 朝刊 P27 くらし

 [防災ニッポン] 津波・逃げる🈭 徒歩が基本 安易に戻るな 「最悪」想定 渋滞を回避

●森下祐一客員教授

2021.1.1(金) 静岡新聞 朝刊 P21

 [特集]大井川とリニア 国交省専門家会議を解説

2021.1.16(土) 静岡新聞 朝刊 P4 県内政治

 [大井川とリニア]流量予測データ不足課題

  https://www.at-s.com/news/article/special/linear/006/852010.html

2021.1.19(火) 静岡新聞 朝刊 P4 県内政治

 [大井川とリニア]地質の詳細な把握必要

 https://www.at-s.com/news/article/special/linear/852756.html

●紅谷昇平客員准教授

2021.1.4(月) 毎日新聞 朝刊 P2 総合

 避難所 コロナにもろく 広域避難 輪送に課題

●矢守克也客員教授

2021.1.16(土) 日本経済新聞 大阪夕刊 P19 社会面

 阪神大震災26年 地域コロナの試練 「密」回避、神戸で訓練・会議半減

2021.1.16(土) 日本経済新聞 夕刊 P7

 地域防災 コロナで模索 阪神大震災26年 神戸で活動半減

 

<テレビ・ラジオ>

●矢守克也客員教授

2020.12.24(木) 19001930 NHK総合 NHKニュース7

 避難情報 大幅変更へ 避難指示・避難勧告 「避難指示」に一本化

2021.1.4(月) 18101900 NHK総合 たっぷり静岡

 防災ボイス 日頃から避難路の確認を

●杉村晃一(フェロー1期生)

2020.12.27(日) 10001400 FMしみず・マリンパル 特別番組

 Change the World 2021~考えよう防災

 https://mrn-pal.com/program/bousai2021/

2021.1.8(金) 18101900 NHK総合 たっぷり静岡

 南海トラフ地震臨時情報 認知度は?

●北村晃寿教授

2021.1.6(水) 18101900 NHK総合 たっぷり静岡

 たっぷり防災 次の地震はいつ?~津波の痕跡から探る~

●牛山素行教授・杉村晃一(フェロー1期生)

2021.1.12(日) 18151857 SBSテレビ ORANGE

 #防災最前線 今年から変わります!防災・気象情報

●岩田孝仁特任教授

2021.1.15(金) 18151900 静岡朝日テレビ とびっきり!しずおか

 阪神・淡路大震災から26年 突きつけられた課題とは

2021.1.15(金) 18101900 NHK総合 たっぷり静岡

 防災ボイス 通電火災を起こさない

2021.1.22(金) 18101900 NHK総合 たっぷり静岡

 防災ボイス 外出中に地震が起きたら

●笠原順三客員教授

2021.1.18(月) 525800 フジテレビ めざましテレビ

 地震発生確率が上昇

●楠城一嘉客員准教授

2021.1.22(金) 18:151900 静岡第一テレビ news every.しずおか

 「予測は困難」 しかし 地震の切迫度 最新研究

 

<雑誌・その他>

●杉村晃一(フェロー1期生)

2020.12.24(木) NHK NEWS WEB

 避難勧告と避難指示の一本化など 避難情報の名称 大幅変更へ

 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201224/k10012782721000.html

●片田敏孝客員教授

2021.1.6(水) 日本新聞ニュース web

 地域の防災力、報道で高めたい

 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/679253/

●関谷直也客員准教授

2021.1.7(木) AERAdot. 

 震災10年の福島に迫る汚染水放出で「生きるか死ぬか」と悲鳴 消えない風評被害と闘う地元漁師の苦悩〈AERA〉

 https://news.yahoo.co.jp/articles/bd095461fdb1e9bb4c5d8c4919edc7397dc136e0?page=4

2021.1.11(月) 週刊アエラ P.29

 (時代を読む)東日本大震災「生きるか死ぬか」悲痛な声聞け震災10年目に「処理水」海洋放出の動きが加速

●廣井悠客員准教授

2021.1.8(金) Yahoo!ニュース

 再度の「緊急事態宣言」 人との接触はどの程度減るのか

 https://news.yahoo.co.jp/byline/hiroiu/20210108-00216573/

●矢守克也客員教授

2021.1.10(日) 山陽新聞デジタル

 岡山市で31日、防災セミナー 県、大規模災害への備え考える

 https://www.sanyonews.jp/article/1089118/

2021.1.16(土) 産経新聞(Yahoo!ニュース)

 阪神大震災26年 被災地の知見未災地

 https://news.yahoo.co.jp/articles/585a46bdad1ca3ba1ca020018c89bbda4efb2dcc

●岩田孝仁特任教授

2021.1.15(金) 静岡朝日テレビ(Yahoo!ニュース)

 犠牲者のほとんどが圧死阪神大震災から26年 住宅耐震化に限界も…95%の目標に届かず 静岡県

 https://news.yahoo.co.jp/articles/7474882b9bf8e7111a1799bf3db79c6f863cd99c

●山﨑登客員教授

2021.1.16(土) 産経新聞(Yahoo!ニュース)

 SNSで呼びかけも防げなかったドカ雪の立ち往生 リスクは都市部も同じ

 https://news.yahoo.co.jp/articles/d551b1cad4893055fc2b5b19273ef92434e419ee

●村越真教授

2021.1.20(水) Lidea by LION web

 方向音痴の女子が専門家に相談したら、家事や仕事の段取り力もアップした

 https://lidea.today/articles/002836

●武村雅之客員教授

2021.1.20(水) 西日本ニュース web

 「防災第一」関東大震災を事前警告した学者、私財投じて貫いた信念

 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/683074/

2021年1月22日 (金)

第131回ふじのくに防災学講座のお知らせ

第131回ふじのくに防災学講座を下記のとおり開催しますので、お知らせいたします。

 

【テーマ】 「災害と法 ~災害に関する法制度とコロナ渦における防災を考える~」

【講 師】 静岡文化芸術大学 文化政策学部 文化政策学科 専任講師 村中 洋介 氏

【講演概要】

災害に関する法制度は、災害のたびに改正が行われるなどして、次の災害へ備えてきた。そうした災害に関する法制度について、各災害の被害の態様に合わせた規制の概要等に触れながら解説する。

毎年のように起こる水害、2019年の台風15号が記憶に新しい風害、静岡県でも影響が心配される東南海・南海地震などによる地震、津波による被害など、様々な災害が起こりうる。こうした災害への備えとしての法制度とともに、コロナ渦における防災のあり方を考える。

【日 時】 令和3年2月20日(土)10 時30 分~12 時00 分

【会 場】 静岡県地震防災センター2階ないふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9-1)
      ※会場の駐車場は限られていますので、公共交通機関を御利用ください。

【受講料】 無料

【対 象】どなたでも受講できます。

【申し込み締切日】2月16日(火)※事前申込みのない方は受講できませんので、御注意ください。

【開催方法】

今年度のふじのくに防災学講座の開催は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、会場での受講とZoom配信での受講の2通りの方法で開催いたします。

【申込方法】

①会場での受講を希望の方

電話又はメールで、「会場受講、住所(市区町)、氏名、連絡先電話番号」をお知らせください。

②Zoom配信での受講を希望の方

メールで、「Zoom受講、住所(市区町)、氏名、Zoom情報受信希望のメールアドレス」をお知らせください。

・メールでお申込みの方は件名を「第131回防災学講座受講希望」としてください。

・行政機関に勤務する方は、県または市町名と所属部署もお知らせください。

・今年度に計画している第132回の講座について継続受講を希望する方は、お知らせください。なお、お申込みいただいた回については、再度の申込みは不要とします。
・申込みは先着順とし、定員になりましたら締切らせていただきます。

【注意事項】

①会場での受講

・定員80

・ないふるホール内では、1席おきに着席とし、「三密」をさける対策を行います。

・入館の際は、必ずマスク着用、手指の消毒をお願いします。

・発熱又は風邪の症状がある受講者については、入館をお断りします。

・「ふじのくに基準」に基づき、来館をお断りさせていただく場合があります。

・新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、会場での受講を中止し、Zoom配信での受講のみとする場合や、会場での受講定員を減らす場合がございますので、御了承ください。

 Zoom配信での受講

・定員90人

Zoomの受講希望者には、事前にメールにて当日の配布資料及びZoomを視聴するためのURLとパスワードを送付します。

・無断で資料の流用、配信の録音録画による2次利用等は御遠慮ください。

詳細はこちらです。

静岡県地震防災センターHP:http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/e-quakes/topics/event/bousaigakukouza.html

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

静岡大学防災総合センター

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

Twitter

無料ブログはココログ