« 本センター関係者のメディア掲載(2020年9月1日現在) | トップページ | 岩田孝仁特任教授が「令和二年防災功労者内閣総理大臣表彰」を授与されました »

2020年9月 2日 (水)

第126回 ふじのくに防災学講座のお知らせ

第126回ふじのくに防災学講座を下記のとおり開催しますので、お知らせいたします。

 

【テーマ】 「台風と危険度分布」

【講 師】  静岡地方気象台 防災気象官 望月 司 氏

【講演概要】

梅雨の時期が終わり、今後はいよいよ台風の時期がやってきます。
台風が接近すると、暴風、高波、高潮、大雨などの災害から身を守るための準備が必要になります。台風は太平洋上で発生してから接近するに従って、徐々に気象庁から発せられる気象情報がより詳しくなってきます。また、台風のときに限らず、大雨による危険が見込まれる際には土砂災害、洪水害、浸水害の3つに分けて、10分毎に1キロメッシュで危険度の情報が発せられます。
今回、台風とはどういうものか、また、台風が接近したときや大雨のおそれがあるときに、どのように気象情報を活用すればよいかについてお話します。

【日 時】 令和2年9月19 日(土)10 時30 分~12 時00 分

【会 場】 静岡県地震防災センター2階ないふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9-1)
      ※会場の駐車場は限られていますので、公共交通機関を御利用ください。

【受講料】 無料

【対 象】どなたでも受講できます。

【申し込み締切日】9月16日(水)

【開催方法と注意事項について】

今年度のふじのくに防災学講座の開催は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、以下のとおり2通りの方法で開催いたします。別紙受講申込書の申込み方法を御確認いただき、受講方法を選択の上、お申込みください。事前申込みのない方は受講できませんので、御注意ください。
なお「ふじのくに基準」に基づく行動制限(9月16 日時点で、静岡等への訪問「自粛」)に該当する都府県の方は、ZOOM での受講のみ受付します。
① 会場での受講
・定員90 人
※申込みは先着順とし、定員になりましたら締切らせていただきます。
・ないふるホール内では、1席おきに着席とし、「三密」をさける対策を行います。
・入館の際は、必ずマスク着用、手指の消毒をお願いします。
・発熱又は風邪の症状がある受講者については、入館をお断りします。
② ZOOM 配信による受講
・ZOOM の受講希望者には、事前にメールにて当日の配布資料及びZOOM を視聴するためのURLとパスワードを送付します。
・無断で資料の流用、配信の録音録画による2次利用等は御遠慮ください。

詳細はこちらです。

静岡県地震防災センターHP:http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/e-quakes/topics/event/bousaigakukouza.html

« 本センター関係者のメディア掲載(2020年9月1日現在) | トップページ | 岩田孝仁特任教授が「令和二年防災功労者内閣総理大臣表彰」を授与されました »

お知らせ」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

Twitter

無料ブログはココログ