« 本センター関係者のメディア掲載(2019年8月23日現在) | トップページ | 8月17日ふじのくに防災フェロー養成講座「企業防災と事業継続論」―科目受講生記事/フェロー6期修了生― »

2019年8月26日 (月)

第120回ふじのくに防災学講座のお知らせ

第120回ふじのくに防災学講座を下記のとおり開催しますので、お知らせいたします。

 

【日 時】  令和元年9月14日(土)10時30分~12時00分

【会 場】  東海大学短期大学部522視聴覚教室(5号館2階)(静岡市葵区宮前町101)
※駐車場は御利用できません。公共交通機関をご利用ください。

【受講料・定員】 無料・154名(先着順)

【対 象】どなたでも受講できますが、事前にお申し込みください。

申込みは、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。

【内 容】

テーマ 「南海トラフ巨大地震への政府対応策の課題と最近の当該地域の地震活動変化ー内閣府作業部会に参加してー」

講 師  東海大学 教授、海洋研究所 所長 長尾年恭氏

【講演概要】

2017年12月からそれまでの“東海地震警戒宣言”の代わりに、新たな情報が公表されるようになった。これは、あたかも予知が完全に不可能となったとの印象を与える事になった。しかし予知研究そのものは大きな進展を見せており、地震発生の多様性というものが考慮され、0か1という警戒宣言から、確率予測の概念を取り入れた“南海トラフ地震臨時情報”に変化したのである。講演では、政府が公表する情報の意味や最近の南海トラフ沿いでの地震活動変化を客観的に紹介するとともに、最新の予知研究の成果も合わせて紹介する予定である。

詳細はこちらです。

静岡県地震防災センターHP:http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/e-quakes/center/seminar/index.html

« 本センター関係者のメディア掲載(2019年8月23日現在) | トップページ | 8月17日ふじのくに防災フェロー養成講座「企業防災と事業継続論」―科目受講生記事/フェロー6期修了生― »

お知らせ」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

無料ブログはココログ