« 本センター関係者のメディア掲載(2019年3月1日現在) | トップページ | 本センター関係者のメディア掲載(2019年3月14日現在) »

2019年3月 6日 (水)

3月16日(土)第116回ふじのくに防災学講座のお知らせ

第116回ふじのくに防災学講座を下記のとおり開催しますので、お知らせいたします。

【日 時】 平成31年3月16日(土) 10時30分~12時00分

【会 場】 静岡大学 大学会館大ホール(静岡市駿河区大谷836)
  ※会場の駐車場は限られていますので、公共交通機関をご利用ください。

【受講料・定員】 無料・210名(先着順)

【対 象】 どなたでも受講できますが、事前にお申し込みください。
申込みは、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。



【内 容】
テーマ 「地震防災と地理情報」
講 師 静岡大学 情報学部 岩崎一孝 教授

【講演内容】
本講演では、まず地理情報システムとはどんなシステムかを紹介します。そして、地理情報システムが初めて注目を浴びることになった阪神淡路大震災について、なぜこの震災を契機に地理情報システムが注目を集めたのか、その理由について解説します。次に、静岡県を例として、地理情報システムが地震防災にどう有効なのか、具体例を挙げながら説明します。さらに、東日本大震災のときに、どう地理情報システムが活用されたのかについて触れる予定です。
終盤の話題として、湖西市新居町の事例を取り上げ、鎌倉~室町時代に繁栄した橋本宿が、大津波によって大きな被害を受けたこと、江戸時代の新居関所が、自然災害の度にその場所を変えていったことについてお話します。

詳細はこちらです。

« 本センター関係者のメディア掲載(2019年3月1日現在) | トップページ | 本センター関係者のメディア掲載(2019年3月14日現在) »

お知らせ」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter

無料ブログはココログ