« しずおかHEART防災プロジェクト キック・オフイベント開催について | トップページ | 本センター関係者のメディア掲載(2018年3月16日現在) »

2018年3月 6日 (火)

3月17日第106回ふじのくに防災学講座のお知らせ

第106回ふじのくに防災学講座を下記のとおり開催しますので、お知らせします。

●  日  時    平成30年3月17日(土)
        ※授与式 10時30分~10時45分
          講演会 10時45分~12時15分
  ※講演開始前に、ふじのくに防災フェロー養成講座修了証書授与式を行います。

●  会  場    静岡県地震防災センター (静岡市葵区駒形通5丁目9-1)
     ※会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関を御利用ください。

  テーマ 『日本と東南アジアにおける
           近年の大規模な土砂移動現象と斜面災害の特徴』

 講 師  静岡大学農学部 土屋智 教授
(講演概要)
土砂災害を生ずる土砂移動現象は、経験的には次のような場で発生し易いとされてきた。すなわち、降雨時では、雨水が集まりやすい凹地形の山地斜面でしかも集水面積が大きな場所で発生危険度が高く、地震時には、凹地形よりも凸地形の斜面や尾根に近い場所で崩壊を生ずることが多い。しかし、近年の極端豪雨や大規模地震の際に起こる土砂移動現象には、必ずしもそのような傾向はみられない。ここでは、日本、台湾、中国、インドネシアで起きた大規模な土砂移動現象に焦点をあて、その実態と解析により明らかとなった特徴について紹介したい。

詳細はこちらです。

« しずおかHEART防災プロジェクト キック・オフイベント開催について | トップページ | 本センター関係者のメディア掲載(2018年3月16日現在) »

お知らせ」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

無料ブログはココログ