« 平成29年度静岡大学防災マイスター称号授与 | トップページ | 本センター関係者のメディア掲載(2018年3月30日現在) »

2018年3月30日 (金)

平成29年度「静岡県ふじのくに防災マイスター」認定講習が行われました。

 3月15日、20日、28日に静岡県地震防災センターにおいて、県知事認証「静岡県ふじのくに防災マイスター」の認定講習が行われました。 
 
 3月15日は、前半なまずホールにて静岡県地震防災センターの島村明利所長より、「静岡県の地震対策 -正しく知って、正しく恐れる-」と題して、静岡県の想定地震や静岡県第4次地震被害想定、自助の重要性などのご講話をいただきました。
 後半は、飯塚インストラクター、新村インストラクターより1階の展示をご説明いただきました。全員が「地震ザブトン」を使って、地震ごとの揺れや継続時間の違いを体感しました。展示のうち長周期地震動による高層ビルの揺れの再現では、擦れ幅の大きさを知ることができました。波が海底の深さにより変化する実験や液状化の実験も体験しました。「TSUNAMIシアター」では、静岡県で想定される津波のシミュレーション動画を鑑賞しました。
 当日の受講者16名に「静岡県ふじのくに防災マイスター」の称号が授与されました。3月20日に2名、3月28日に2名称号が授与され、今年度の「静岡大学防災マイスター取得者」全員が「静岡県ふじのくに防災マイスター」の称号を取得しました。「静岡大学防災マイスター」と併せて認定された人数は83名になりました。                   

※静岡県では、東海地震等大規模災害発生時に、災害対応のリーダーとなる人材を育成し、地域防災力の充実・強化を図るため知事認証を設けておりますが、2012年度から「静岡大学防災マイスター」の称号授与者のうち、一定の条件を満たした者には、静岡県知事から「静岡県ふじのくに防災マイスター」の認定証が交付されています。 

静岡県地震防災センター所長の講話

Dscn00241

地震ザブトンの体験
Dscn00621

« 平成29年度静岡大学防災マイスター称号授与 | トップページ | 本センター関係者のメディア掲載(2018年3月30日現在) »

静岡大学防災マイスター」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter

無料ブログはココログ