« 学際科目「災害時におけるリスク危機マネジメント」:1月10日の様子 | トップページ | 平成26年度静岡大学防災マイスターガイダンスのお知らせ »

2014年1月17日 (金)

本センター関係者のメディア掲載

<新聞等報道>            

●小山真人教授

2014.1.15(水)静岡新聞(朝刊)社会 P30

富士山噴火 広域避難計画 来月、シンポで説明

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000007-at_s-l22

 

●狩野謙一特任教授

2014.1.11(土)静岡新聞(朝刊)1面 P1

【南アルプス共生の頂】多様性育む自然の妙

 高い山、深い谷 

 

2014.1.16(木)静岡新聞(朝刊)特集 P5

 南アルプス保全 強まる懸念 エコパークとの両立焦点 求められる防災措置

●安藤雅孝特任教授

2014.1.11(土)静岡新聞(朝刊)県内総合 P17

津波避難テーマに25日、防災学講座

●増澤武弘客員教授

2014.1.12(日)静岡新聞(朝刊)1面 P1

【南アルプス共生の頂】氷河期の遺存種危機 

 温暖化とシカ食害 

 

2014.1.13(月)静岡新聞(朝刊)1面 P1

【南アルプス共生の頂】保全と活用 これから

 エコパーク 

●林能成客員准教授

2014.1.10(金)静岡新聞(朝刊)地域中 P19 

防災まちづくり 25日に座談会 葵区

 

●吉野篤人客員准教授

2014.1.14(火)朝日新聞(朝刊)静岡 P29 

【想定被災地を歩く】市民の助け合いが大切 けが人の救出・救助

 

●塩崎竜哉さん(ふじのくに防災フェロー養成講座:二期生)

2014.1.7(火)毎日新聞 (中部朝刊)社会 P25

大雨時の危険地区 市民通報数で推測 多治見市が考案 早期対応に活用

 

2014.1.7(火)岐阜新聞(夕刊)

大雨危険度 通報数で推測 多治見市がシステム考案

時間帯や地区別 避難情報発信に一役

 

2014.1.16(木)朝日新聞(朝刊)岐阜版

豪雨被害 通報分析し推定 多治見市職員の塩崎さん考案

http://www.asahi.com/articles/ASG1B1Q6PG1BOHGB001.html

« 学際科目「災害時におけるリスク危機マネジメント」:1月10日の様子 | トップページ | 平成26年度静岡大学防災マイスターガイダンスのお知らせ »

メディア掲載」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

無料ブログはココログ