« 平成24年度自然災害科学中部地区研究集会のご案内 | トップページ | 学際科目「地域社会と災害」:1月21日の講義の様子 »

2013年1月21日 (月)

平成25年2月16日 第55回ふじのくに防災学講座のお知らせ

下記の通り平成25年2月16日に第55回ふじのくに防災学講座が開講されますのでお知らせします。

-------------------------
第55回ふじのくに防災学講座
-------------------------
静岡県では、「しずおか防災コンソーシアム」と連携し、「ふじのくに防災学講座」を下記のとおり開催しますので、県民の皆様の多数の御参加をお待ちしています。

● 日 時 平成25年2月16日(土) 10時00分~12時30分 ※今回は開始時間が10時です。
● 会 場 静岡県地震防災センター (静岡市葵区駒形通5丁目9-1)
  ※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。

● 対 象 どなたでも受講できますが、事前に電話等でお申し込みください。
● 受講料・定員 無 料 ・ 180名(先着順)

詳細はこちらです。
静岡県地震防災センターHP:http://www.e-quakes.pref.shizuoka.jp/center/seminar/index.html

・講義テーマ1
「 発災時の状況とその後の現状」 (60分)

《講 師》
H@!FM ( はっとエフエム )宮城県登米(とめ)市
(株)登米コミュニティエフエム 代表取締役 斉藤 惠一 氏

(講義概要)
市の活性化や防災に対応し2010年4月に開局。一周年を目前に大震災が発災。市内は電気、水道、電話、更に防災無線が寸断し、地域FM局が住民への唯一の情報伝達機関となる。現在も災害FMとして情報を届けている。

・講義テーマ2
「中越・中越沖地震の経験を活かした被災地への支援」 (60分)

《講 師》
FMながおか 新潟県長岡市
長岡移動電話システム(株)代表取締役社長 脇屋 雄介 氏

(講義概要)
新潟県中越地震、中越沖地震では自ら被災したが、直ちに災害放送を行い、臨時災害局を立ち上げた。東日本大震災では災害放送の経験を生かし臨時災害局を支援してきた。その現状と今後の課題を探る。

しずおか防災コンソーシアムとは、県内における防災に関する教育・研究の振興及び防災対策の発展に関する相互の協力を強化するため、静岡県と静岡大学、浜松医科大学、静岡県立大学、静岡文化芸術大学、東海大学、富士常葉大学の県内6大学、報道機関、静岡地方気象台などが連携して設立した組織です。

なお次回、第56回ふじのくに防災学講座は平成25年3月16日の予定です。

« 平成24年度自然災害科学中部地区研究集会のご案内 | トップページ | 学際科目「地域社会と災害」:1月21日の講義の様子 »

お知らせ」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

無料ブログはココログ