« 平成25年2月16日 第55回ふじのくに防災学講座のお知らせ | トップページ | センター教員メディア対応(2013年1月24日時点) »

2013年1月22日 (火)

学際科目「地域社会と災害」:1月21日の講義の様子

静岡大学の後期の講義開講期間も終盤にさしかかりました。
今年度後期の月曜日には静岡大学防災総合センターの専任教員が担当している学際科目「地震防災」と「地域社会と災害」が開講されています。
本日,「地域社会と災害」には静岡市職員の杉村晃一さんに登壇いただきました。
実際に市の職員として働く立場から防災行政実務についての講義をしていただきました。

Photo
↑講義の様子

学際科目「地域社会と災害」では,受講する学生が「社会の一員として,当事者意識を持って災害に備える事ができる人材の育成を目指す」ことを目標に,静岡県内では注目されがちな地震災害だけでなく,豪雨災害など様々な災害を対象として,災害を考えるための基礎から,災害をもたらす現象のメカニズム,災害による被害を軽減するための技術や制度などを取り扱います。
本学のシラバス検索はこちら

なお、本科目は静岡大学防災マイスターの必修科目になっています。
防災マイスターについてはこちら

« 平成25年2月16日 第55回ふじのくに防災学講座のお知らせ | トップページ | センター教員メディア対応(2013年1月24日時点) »

静岡大学防災マイスター」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

無料ブログはココログ