« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月25日 (火)

9月27〜28日は事務室職員不在となります

今週の27日(木)~28日(金)は、静岡大学防災総合センタ-行事のため、事務室に職員不在となります。
どうぞよろしくお願い致します。

9月30日大浜ビーチフェスタにブース出店のお知らせ

9月30日に静岡市駿河区大浜公園にて実施される大浜ビーチフェスタ2012に静岡大学防災総合センターおよび、藤井基喜研究室のブースを出店します。
当センターが作成・監修している「イラストで分かる震度と家屋内の被害」「地震からあなたと家族を守る命のパスポート」「支援者のためのこころのケアハンドブック」等を実際に手にしてご覧いただけます。
(参照:防災関連アーカイブ http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/menu07.html

皆様お誘い合わせの上、ぜひ、ご来場ください。

日時:2012年9月30日(日)9:00〜15:30
場所:大浜公園(静岡県静岡市駿河区西島)

詳しくは下記をご覧ください。
うみべえ 浜ゆき 大浜ビーチフェスタ2012
http://beachfesta.kitweb.jp

2012年9月24日 (月)

9月22日ふじのくに防災フェロー講義「社会調査法演習」

9月22日にふじのくに防災フェローの講義「社会調査法演習」を実施しました.
柄谷友香客員准教授が担当し,13名の受講生が参加しました.

講義の前半では,社会調査の一つである災害エスノグラフィー(インタビュー)についての概要説明の後,実際の災害で作成された資料を題材に行われました.今回は過去3つの災害について,災害対策本部の方とのエスノグラフィーを用い,災害対応の3つの知恵を紡ぎだすべく,グループごと話し合い成果発表を行いました.

後半では,陸前高田市から大和田智広さんをお招きし,市職員の目線で震災対応と復興についてご講演を頂きました.震災時の臨場感あふれる経験談から,震災後一年半が経過した現状について,参加者とのを歓談を交えながら行われました.

P1040154s
各グループ,災害エスノグラフィーから得られた知恵を整理している様子.

P1040155s
陸前高田市大和田さんのご講演のようす

2012年9月21日 (金)

センター教員メディア対応(2012年9月20日時点)

<新聞等報道>
 
●牛山素行准教授
2012.9.14(金) 静岡新聞(朝刊)P31 社会
 警戒宣言時避難地 低地でも海抜表示なし 県内各地 津波対策に遅れ
 http://www.at-s.com/news/detail/450476461.html
 
2012.9.19(水) 朝日新聞(朝刊)P29 静岡
 震災の死者半数は自宅から500メートル以内 牛山・静大准教授ら気仙沼を調査
 http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001209190004
 
●原田賢治准教授
2012.9.14(金) 静岡新聞(朝刊)P31 社会
 県教委が学校防災アドバイザー 津波浸水域25校派遣へ
 http://www.at-s.com/news/detail/450476459.html
 
2012.9.19(水) 読売新聞(朝刊)P34 社会
 海抜学んで津波対策 震災後各地で 危険な場所知って避難を
 
●矢守克也客員教授
2012.9.14(金) 読売新聞 Webより
 要援護者行動計画 地域ごとに策定を / 高知
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20120913-OYT8T01346.htm
 
2012.9.14(金) 毎日新聞 Webより
 津波避難:「原則徒歩」ガイドライン検討会、中間報告へ意見交換 / 高知
 http://mainichi.jp/area/kochi/news/20120914ddlk39040659000c.html
 
●里村幹夫教授
2012.9.15(土) 中日新聞(朝刊)P23 
 地震防災シンポジウム 「その日に備える」 深めよう住民連携 高めよう危機意識
 
●前田恭伸准教授
2012.9.15(土) 中日新聞(朝刊)P23
 地震防災シンポジウム 「その日に備える」 深めよう住民連携 高めよう危機意識
 
●片田敏孝客員教授
2012.9.15(土) 中日新聞(朝刊)P23
 地震防災シンポジウム 「その日に備える」 深めよう住民連携 高めよう危機意識
 
●村越真教授
2012.9.19(水) 静岡新聞(朝刊)P17 県内総合
 イベント 27日から山岳遭難対策講座
 
●しずおか防災コンソーシアム
2012.9.16(日) 静岡新聞(朝刊)P30 社会
 災害の危険性認識を ふじのくに防災学講座 東海大講師 教育の必要性訴え
 http://www.at-s.com/news/detail/450476981.html

2012年9月14日 (金)

9月27日男女共同参画・多様性の視点による、地域防災力の向上をテーマとする講演のお知らせ

下記の通り静岡県地震防災センターより講演会のご案内をいただきましたのでお知らせします。
なお、本学教育学部の池田恵子教授が講師を務めます。

■■県民防災講座(地域防災に女性の視点を!)■■

東日本大震災では、避難所生活、社会復帰活動等において、男女の格差や課題が
多く報告されました。
しかし、自主防災組織などで活躍する女性リーダーは少なく、女性の視点で自主防
災活動を考える機会も少ないのが現状です。
そこで、地域に暮らす住民がみんなで男女共同参画・多様性の視点を取り入れた防
災活動について考え、地域防災力の向上を図りましょう。

●日  時
平成24年9月27日(木)13時~16時

●会  場
静岡県地震防災センター ないふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9-1)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。

●対象者
行政職員、防災活動に従事する方、一般県民など

●受講料・定員
無  料 ・ 180名(先着順)

●内 容
男女共同参画・多様性の視点による、地域防災力の向上をテーマとする講演

●講 師
浅野 幸子 東京女学館大学非常勤講師、早稲田大学地域社会と危機管理研究所客
員研究員
池田 恵子 静岡大学教育学部教授

●申込方法
事前にメール・FAX等にて、件名を「県民防災講座」とし、「お名前」「住所」「連
絡先(TEL)」をお申し込みください。
※定員になり次第、受付は終了します。

●問合せ
静岡県地震防災センター

詳しくはこちら(pdf)です。
120927__1

2012年9月13日 (木)

センター教員メディア対応(2012年9月13日時点)

<新聞等報道>

●牛山素行准教授
2012.9.6(木) 静岡新聞(朝刊)P21 地域中
 住民自ら津波防災プラン 牧之原市沿岸各地区 市計画に反映へ 専門家の視点必要との指摘も
 http://www.at-s.com/news/detail/397743870.html

2012.9.11(火) 朝日新聞(朝刊)P28 第2静岡
 想定被災地を歩く 6 高台あり 逃げ場所どっち 御前崎 津波避難タワー
 http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000141209110001

2012.9.12(水) 朝日新聞(朝刊)P29 静岡
 想定被災地を歩く 7 先人の知恵生かし建設へ 袋井 人工の高台「命山」
 http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001209120003

●小山真人教授
2012.9.6(木) 読売新聞(夕刊)P7 科学
 地震・噴火・・・富士山崩壊「最大40万人が犠牲」

●片田敏孝客員教授
2012.9.7(金) 毎日新聞 Webより
 ネットワーク:つどい/ 東京 片田敏孝講演会「いのちを守る主体的姿勢を育む~いつか大きな地震がおきる」
 http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20120907ddlk13040330000c.html

2012.9.10(月) 産経ニュース Webより
 万能薬なし! 「命守る」が先決 南海トラフ巨大地震
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120910/wlf12091010000005-n5.htm

2012.9.11(火) 中日新聞(朝刊)P36 社会
 教訓、自助大切さ訴え 釜石市長インタビュー

●里村幹夫教授
2012.9.11(火) 中日新聞(朝刊)P1
 地震防災シンポ 危機意識を学ぶ 浜松で静大・中日新聞主催
 http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20120911/CK2012091102000072.html

●前田恭伸准教授
2012.9.11(火) 中日新聞(朝刊)P1
 地震防災シンポ 危機意識を学ぶ 浜松で静大・中日新聞主催
 http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20120911/CK2012091102000072.html

●土屋智教授
2012.9.11(火) 中日新聞(朝刊)P35 社会
 深層崩壊 詳細な危険地図 日本アルプス痕跡多く 国交省公表
 http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2012091102000193.html

●島崎邦彦客員教授
2012.9.11(火) 読売新聞 Webより
 原子力規制委 19日発足・・・人事は首相任命
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120911-OYT1T00466.htm

2012.9.11(火) 毎日新聞 Webより
 原子力規制委員会:19日発足を閣議決定 首相5氏任命
 http://mainichi.jp/select/news/20120911k0000e010203000c.html

2012.9.11(火) 東京新聞(夕刊)Webより
 【政治】規制委「事後同意も不要」細野氏言及 19日発足閣議決定
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012091102000232.html

2012.9.12(水) 朝日新聞(朝刊)P7
 原子力監視へ新組織 東電、米からも専門家 反原発側と意見交換 
 http://www.asahi.com/politics/update/0911/TKY201209110158.html

2012.9.12(水) 静岡新聞(朝刊)P3 総合
 原子力規制委員会「高い専門性で課題対応」田中氏ら5人に辞令

2012.9.12(水) 産経ニュース Webより
 【人事】内閣官房
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120912/plc12091203050002-n1.htm

●安田清客員教授
2012.9.13(木) 朝日新聞(朝刊)P32 第2静岡
 防災心 災害時の医療① 救助や判断自らする用意を 重症度見極め

●静岡大学防災総合センター
2012.9.6(木) 静岡新聞(夕刊)P1
 静岡市、12月地域防災訓練で社会実験 津波非難に高架橋 建設中の国道活用へ
 http://www.at-s.com/news/detail/397744005.html

<テレビ・ラジオ報道>

●牛山素行准教授
2012.9.11(火) TBSニュース
 被災建物残すべき? 各自治体の選択
 http://news.tbs.co.jp/20120911/newseye/tbs_newseye5129331.html

2012年9月 8日 (土)

9月8日ふじのくに防災フェロー講義「津波工学」

9月8日にふじのくに防災フェローの講義「津波工学」を実施しました.
原田賢治准教授が担当し,16名の受講生が参加しました.

「津波とは何か」の導入に始まり,津波発生のメカニズムについて,具体的事例を挙げながらの説明の後,どのようにして津波が伝播していくのか,平常時の波と津波の違い,津波が陸に到達した後の被害について,数式をおりまぜた内容が続きました.講義の最後では,3.11以降の津波対策の動きについての紹介がなされました.

水深変化による津波波高の変形について説明している様子

P1040107s

東海・東南海・南海地震同時発生時の津波の来襲状況のシミュレーション例を紹介している様子

P1040109s

2012年9月 7日 (金)

センター教員メディア対応(2012年9月6日時点)

<新聞等報道>

●牛山素行准教授
2012.8.30(木) 中日新聞(朝刊)P38 社会
 高台避難 速やかに 牛山素行・静岡大防災総合センター副センター長(災害情報学)の話

2012.9.1(土) 読売新聞 Webより
 豪雨孤立無線生かせず 宇治の山間部 / 京都
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20120831-OYT8T01636.htm

●片田敏孝客員教授
2012.9.1(土) 産経ニュース Webより
 【関西の議論】エリアワンセグで防災情報 これで観光客も大丈夫! 人海戦術と両論で
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120901/wlf12090120000020-n4.htm

2012.9.2(日) 毎日新聞 東京朝刊 Webより
 クローズアップ2012:防災の日訓練 課題発見型にシフト 事前に内容知らせず 夜間の搬送先探し
 http://mainichi.jp/opinion/news/20120902ddm003040156000c3.html

2012.9.2(日) 毎日新聞 Webより
 しまねのひと:島根原発の住民避難シミュレーションを実施 浅田純作さん / 島根
 http://mainichi.jp/area/shimane/news/20120902ddlk32070324000c.html

2012.9.3(月) 中日新聞(朝刊)P8 教育
 見直される防災教育 判断し行動する力を 実践的な避難訓練 被災地で震災学ぶ

●柄谷友香客員准教授
2012.9.1(土) 岩手日報 Webより
 【陸前高田】恩返しにパソコン教室 住民支援受け活動する名城大
 http://www.iwate-np.co.jp/hisaichi/y2012/m09/h1209013.html

●里村幹夫教授
2012.9.2(日) 中日新聞(朝刊)P13 県内総合
 地震に備え防災シンポ 浜松で10日参加募る

●前田恭伸准教授
2012.9.2(日) 中日新聞(朝刊)P13 県内総合
 地震に備え防災シンポ 浜松で10日参加募る

●秦康範客員准教授
2012.9.2(日) 毎日新聞 Webより
 防災の日:県、120人態勢で総合防災訓練「発生3日後」初想定 / 長野
 http://mainichi.jp/area/nagano/news/20120902ddlk20040301000c3.html

●小沢邦雄特任教授
2012.9.3(月) 中日新聞(朝刊)P24 社会
 県内で防災訓練 浜岡集結 千年に一度念頭に 小沢邦雄・県地震防災センターアドバイザー 

●山岡泰治客員教授
2012.9.4(火) 静岡新聞(朝刊)P21 地域中
 震災時の医療対策 市民の役割考える 9日に島田でシンポ

●小山真人教授
2012.9.5(水) 朝日新聞 Webより
 日本ジオパーク委員 伊豆半島入り
 http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001209050003

2012.9.5(水) 読売新聞(朝刊)P31 地域
 ジオパーク認定へ 伊豆で現地審査始まる 西伊豆、松崎
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20120904-OYT8T01546.htm?from=tw

2012.9.5(水) 中日新聞(朝刊)P30 社会
 伊豆半島 ジオパーク審査始まる 10ヵ所の自然遺産を視察
 http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20120905/CK2012090502000105.html

2012.9.6(木) 静岡新聞(朝刊)P26 社会
 伊豆半島「資産が豊富」ジオパーク審査終了
 http://www.at-s.com/news/detail/397743836.html

●島崎邦彦客員教授
2012.8.24(金) 毎日新聞 Webより
 原子力規制委:田中氏など委員5人 閣議決定
 http://mainichi.jp/select/news/20120825k0000m010028000c.html

2012.9.6(木) 静岡新聞(朝刊)P3 総合
 社説 原子力規制委人事 仕事ぶりで信頼回復を

<テレビ・ラジオ報道>

●小山真人教授
2012.8.30(木) PM18:15~ SBS SBSイブニングeye
今、生き残るために「富士山噴火」 もしもの時あなたは

2012.9.4(火) PM18:10~ NHK たっぷり静岡
世界ジオパーク 認定に向け現地調査 伊豆半島ジオパーク推進協議会 顧問 小山真人静岡大学教授

2012.9.4(火) PM20:45~ NHK ニュース静岡845
世界ジオパーク 認定に向け現地調査 伊豆半島ジオパーク推進協議会 顧問 小山真人静岡大学教授

●島崎邦彦客員教授
2012.8.30(木) NHKニュース
 活断層 沖合まで延びているか
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120830/k10014639771000.html

●牛山素行准教授
2012.8.31(金) NHKニュース
 7割市町村“避難場所など浸水おそれ”
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120831/k10014669841000.html

2012.9.4(火) PM17:00~PM18:50 NHKラジオ第一
 わたしも一言!夕方ニュース「台風12号の豪雨水害から1年 防災情報のあり方は?」
 http://cgi2.nhk.or.jp/hitokoto/bbs/form2.cgi?cid=1&pid=16299

●武村雅之客員教授
2012.8.31(金) PM19:30~PM19:55 NHK名古屋 ナビゲーション
 防災は歴史に学べ ~命を守るヒント~ 防災のヒントは“歴史”にあり
 http://www.nhk.or.jp/nagoya/navigation/

●片田敏孝客員教授
2012.9.1(土) PM19:30~PM20:43 NHK NHKスペシャル
 「釜石の“奇跡”」津波を生き抜いた子供たちから学ぶ命の授業
 http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0901/index.html

●矢守克也客員教授
2012.9.1(土) PM21:00~PM22:13 NHK NHKスペシャル
 シリーズ日本新生 “死者32万人”の衝撃 巨大地震から命をどう守るのか
 http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0901_2/index.html

●千木良雅弘客員教授
2012.9.2(日) PM21:00~PM21:49 NHK NHKスペシャル
 崩れる大地 日本列島を襲う豪雨と地震 明らかになる巨大崩壊の謎
 http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0902/index.html

2012年9月 5日 (水)

9月15日 第51回ふじのくに防災学講座のお知らせ

下記の通り9月15日に第51回ふじのくに防災学講座が開講されますのでお知らせします。

-------------------------
第51回ふじのくに防災学講座
-------------------------
静岡県では、「しずおか防災コンソーシアム」と連携し、「ふじのくに防災学講座」を下記のとおり開催しますので、県民の皆様の多数の御参加をお待ちしています。

● 日 時 平成24年9月15日(土) 10時30分~12時
● 会 場 静岡県地震防災センター (静岡市葵区駒形通5丁目9-1)
  ※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。

● 対 象 どなたでも受講できますが、事前に電話等でお申し込みください。
● 受講料・定員 無 料 ・ 180名(先着順)

詳細はこちらです。
静岡県地震防災センターHP:http://www.e-quakes.pref.shizuoka.jp/center/seminar/index.html

《講義テーマ》
「最近数年の日本列島の地殻変動と現在の日本人に必要な防災教育」

《講 師》
原田靖(はらだ やすし)東海大学海洋学部 海洋地球科学科 講師

(講義概要)
国土地理院は日本列島に約1300箇所のGPS観測点を設置しており15年以上地殻変動を観測している。原田研究室ではこのデータを利用して日本列島の地殻変動の詳細な解析を行っており、以下のURLで公開している。 このようにダイナミックに変動する日本列島の姿は、一般の日本人にはほとんど知られていないが、今後の日本の初等教育や防災教育に是非活かされるべきである。本講演ではこれらの結果や他の地球科学的な観測事実を踏まえて、今後10年から20年 程度の間に日本に起こりうる地球物理学的イベントを初心者向けに分かり易く解説する。

しずおか防災コンソーシアムとは、県内における防災に関する教育・研究の振興及び防災対策の発展に関する相互の協力を強化するため、静岡県と静岡大学、浜松医科大学、静岡県立大学、静岡文化芸術大学、東海大学、富士常葉大学の県内6大学、報道機関、静岡地方気象台などが連携して設立した組織です。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

静岡大学防災総合センター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

無料ブログはココログ