« 6月24日静岡県地学会総会記念講演会のお知らせ | トップページ | センター教員メディア対応(2012年6月7日) »

2012年6月 6日 (水)

防災フェロー修了生の研究成果公表資料:静岡市旧蒲原町御殿山大崩壊の史実

ふじのくに防災フェロー養成講座第1期修了生の島田千亜紀さんと諸橋良さんの調査研究成果が下記にて公表されています。

◆(社)日本地すべり学会中部支部ニュース第13号(pdf)
http://jisuberi-chubu.org/02/chubu_branch_news/news_13.pdf
↑12~13ページに掲載

◇(社)日本地すべり学会中部支部ホームページ
http://jisuberi-chubu.org/

下記は公開にあたっての著者の言葉です。
----------
静岡市旧蒲原町の御殿山大崩壊に関する史実を調査・整理しました。

御殿山では、安政東海地震後の安政四年と五年に大雨を誘因とした土砂崩壊が発生しております。
富士川西岸の御殿山周辺(旧蒲原町・旧由比町)では、安政東海地震によって地盤が隆起しており、その後の降雨により御殿山以外にも各所で土砂崩壊が発生し、甚大な被害を生じております。
東海地震に対する減災対策を考える上で、地震後の土砂崩壊についても広く周知し、ソフト的な対策を講じておくことが必要であると思います。

今回整理した成果は、地域住民や行政組織に発信していくことを目的として、私が所属しております(社)日本地すべり学会中部支部の支部ニュースに土砂災害伝承のおはなしシリーズとして掲載させていただきました。
啓発資料として、幅広く活用していただければ幸いです。

« 6月24日静岡県地学会総会記念講演会のお知らせ | トップページ | センター教員メディア対応(2012年6月7日) »

ふじのくに防災フェロー」カテゴリの記事

研究・報告」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ