« 3月11日袋井市「パートナーシップによる 地震対策の取組報告会・防災講演会」のご案内 | トップページ | 静岡県 ICTを活用した災害時等広域連携化(人材育成)共同事業ー2月21日検証Ⅱレポート »

2012年3月 6日 (火)

静岡県 ICTを活用した災害時等広域連携化(人材育成)共同事業ー2月20日検証Ⅰレポート

静岡県からの委託事業として「ICTを活用した災害時等広域連携化(人材育成)事業」を実施しています。
本事業は、静岡県内での大災害発生時において、迅速に情報を収集・共有し、的確な災害対応を行うために開発した防災情報システムの検証を行い、併せて、ICT人材の育成を行うことを目的としています。
2月20日には、静岡大学内で学生に静岡県が開発している防災情報システム FUJISAN の操作方法を習得してもらい、災害時の行政の対応や防災の基礎知識について学んだ上で、実際に操作をしながらシステムの検証・課題だしを行いました。

P1090708
静岡県を襲うと考えられている東海地震の基礎知識についてレクチャーを受けました。
写真のスライドでは震度7や震度6強の範囲が広いことが示されています。

P1090736_2
開発者の指示も受けながら開発中のシステムを実際に操作していきます。
大学生は、比較的ICT技術の習得が早く、こういったシステムの検証に適していると期待されています。 

学生からは、操作性を向上させるような提案や、わかりにくい言葉への指摘等様々な意見が出ました。
昨年度から引き続き参加した方からは、「去年に比べて格段に見やすく、使いやすくなった」、全体からも「はじめてでもわかりやすかった」「一静岡県民としてこういったシステムを静岡県が開発していると知れるのは安心材料になる。もっと広報して伝えて欲しい。」といったコメントが述べられました。

« 3月11日袋井市「パートナーシップによる 地震対策の取組報告会・防災講演会」のご案内 | トップページ | 静岡県 ICTを活用した災害時等広域連携化(人材育成)共同事業ー2月21日検証Ⅱレポート »

研究・報告」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

無料ブログはココログ