« 1月26日に静岡大学理学部理数学生応援プロジェクト「入門特別講義」が実施されました | トップページ | センター教員のメディア対応(2012年2月2日時点) »

2012年1月31日 (火)

1月26日に静岡大学地域連携応援プロジェクト成果報告会が実施されました

1月26日に静岡大学地域連携応援プロジェクト成果報告会が実施されました。
発表があったのは下記の5つのテーマです。

1. 地域防災への想い~東日本大震災復興支援ボランティア活動を介して~
2. 静岡大学と清水エスパルスとの包括連携協定の提案
3. Let’s 能~(財)静岡県文化財団「平成23年度伝統芸能普及プログラム」との連携~
4. 「防災道徳」教育の教材開発と授業実施
5. 「多文化共生」をテーマとした絵本読み聞かせプロジェクト

4つ目は、当センター併任准教授の藤井基貴先生が中心となって取り組んでいるプロジェクトで、本ブログでも紹介してきました。
発表の内容について下記に簡単にまとめます。
また、この静岡大学地地域連携応援プロジェクト成果報告会は第二回報告会が4月19日(木)17:30-20:00に本学共通教育A棟301室にて行われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜「防災道徳」教育の教材開発と授業実施〜 発表まとめ

発表者;
藤井 基貴(教育学部准教授)
上地 香杜(教育学部3年)
三尾佳央奈(教育学部3年) ほか

・教育学部教育実践学専攻の藤井ゼミの取り組み
・東日本大震災が起き防災教育の必要性の感じ、東海地震の発生が叫ばれる静岡で取り組んでいこうと考えた

・授業構想
ジレンマ授業→ジレンマくだき授業という二時限つかった指導案づくり
新しい道徳授業の提案を目指した。

3つのテーマ
「家庭防災」 防災バッグづくり
「学校防災」 学校内の危険予測
「地域防災」 地域の情報収集

実践の場として地域の小中学校と、準備段階では防災総合センターと連携して実施した。

「家庭防災」
一限目 東日本大震災でのガソリンの盗難のニュースからのジレンマ
二限目 防災もしもバッグづくり

「学校防災」
一限目 地震発生時に体育倉庫にはいっていた友達を助けるか?屋上に逃げるかというジレンマ
二限目 イラストを使った学校内危険発見ワークショップ

「地域防災」
一限目 カメラマンのジレンマ
二限目 白地図を使ったワークショップ

・今後の展開
(今年度)
授業理念及び実践の見直し
現職教員の教材利用見学
他大学との合同検討会
教材集の作成

(来年度)
現地の視察
復興支援の観点から道徳教育を開発
県内の道徳教育推進教師による教材利用

P1090641_2

本取り組みの要となる“ジレンマ”授業の考察について語る藤井准教授(奥左側)

« 1月26日に静岡大学理学部理数学生応援プロジェクト「入門特別講義」が実施されました | トップページ | センター教員のメディア対応(2012年2月2日時点) »

お知らせ」カテゴリの記事

静岡大学防災総合センター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

無料ブログはココログ