« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

センター教員のメディア対応(2011年12月28日時点)

<新聞等報道>

●藤井基貴准教授

2011.12.23(金) 静岡新聞(朝刊)P21 地域中

 この人「防災道徳」の授業に取り組む静岡大教育学部准教授 藤井基貴さん(静岡市駿河区)

●片田敏孝客員教授

2011.12.24(土) 静岡新聞(朝刊)P25 社会

 保護者引き取り後120人津波の犠牲 被災3県公立小中学校 方針事前に合意を

http://www.at-s.com/news/detail/100087269.html

2011.12.24(土) 中日新聞(朝刊)P23 社会

 被災3県の公立小中生 引き渡し後120人犠牲 対応見直し急務
2011.12.25(日) 中日新聞 Webより

 水害に強いまちを 大津で流域治水シンポ

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20111225/CK2011122502000095.html

2011.12.25(日) 毎日新聞 Webより

 流域治水シンポジウム:「備えること常識に」研究者ら報告と提言―大津 / 滋賀

http://mainichi.jp/area/shiga/news/20111225ddlk25040256000c.html

2011.12.26(月) 中日新聞(朝刊)P21 震災

 備える3.11から 第27回 自分で守る! 津波の教訓生死左右 「率先避難者」養成進む

http://www.chunichi.co.jp/article/earthquake/sonae/20111226/CK2011122602000084.html

2011.12.28(水) 読売新聞(朝刊)P13 解説

 回顧2011 東日本大震災 被災地に学ぶ防災教育

●矢守克也客員教授

2011.12.26(月) 朝日新聞(朝刊)P37 静岡

 防災力鍛える ゲーム・紙芝居 静岡で全国大会

●伊藤英之客員准教授

2011.12.26(月) 朝日新聞(朝刊)P37 静岡

 防災力鍛える ゲーム・紙芝居 静岡で全国大会

●島崎邦彦客員教授

2011.12.27(火) 毎日新聞 Webより

 日本活断層学会:淡路市に学会賞授与「野島断層」保存・展示で / 兵庫

http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20111227ddlk28040461000c.html

2011年12月26日 (月)

年末年始のお休みのお知らせ

平素は格別 のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
当センターの年末年始のお休みを下記の通りご案内申し上げます。
なお、12月28日はスタッフは出勤致しますが、当センターがあります大学会館閉館日となり、入口が施錠されますのでスタッフ以外は入館できませんのでご注意下さい。甚だ勝手ではございますが何卒ご了承の上、万障お繰り合わせ頂きますようよろしくお願い申し上げます。

2011年12月27日(火) 通常通り
2011年12月28日(水) 通常通り(ただし大学会館入り口は施錠)
2011年12月29日(木) 休業
2011年12月30日(金) 休業
2011年12月31日(土) 休業
2012年01月01日(日) 休業
2012年01月02日(月) 休業
2012年01月03日(火) 休業

2012年01月04日(水) 通常通り

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬ ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2011年12月24日 (土)

ふじのくに防災フェロー養成講座講義・実習「防災法制度」

本日12月24日(土)は中川和之客員教授を講師に迎えて、ふじのくに防災フェロー養成講座第1期の最後の講義・実習「防災法制度」を開講しています。中川教授は、日本ジオパーク委員会の委員や日本地震学会の普及行事委員会委員長も努め、日本の防災の発展に多角的に尽力しています。現職は時事通信社の山形支局長です。

午後は3グループに分かれて防災の法制度について議論しています。

Cimg2115
民間の防災についてディスカッションするグループ。
上の写真の手前右手が中川教授。

Cimg2113_3
こちらのグループは市町の防災計画について議論しています。
本講座の受講生は、防災関係実務者ということもあり中身の濃いやりとりがなされています。

2011年12月23日 (金)

ふじのくに防災フェロー養成講座第1期のネット上の関連記事をまとめました

当センターは平成22年度より戦略総合推進費(旧科学技術振興調整費)「災害科学的基礎を持った防災実務者の養成」〜ふじのくに防災フェロー養成講座〜事業を開始しました。第2期の志願書の受付(2011年12月28日(水)~2012年1月13日(金) )に向けて、ただ今募集要項を公開中です。応募をご検討いただくにあたって参考までに、養成講座第1期を扱った当ブログや他関係者・機関の掲載記事をまとめました。第1期講義・実習科目開講スケジュール[PDF]、および講義・実習科目シラバス[PDF] と併せてご参照下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●「静岡大学防災総合センターのブログ」(当ブログの報告記事)

・ふじのくに防災フェロー養成講座「火山学」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-5a64.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座「災害社会学」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-50f1.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座「地震学」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-697b.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座「地震工学」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-70dd.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座「統計学演習」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-fb81.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座「気候学」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-b982.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座「地理学演習」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-39d7.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座「社会調査演習」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-d305.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座「地域調査演習」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/index.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座「災害社会工学」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-10e0.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座「防災法制度」
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-0f71.html
・「ふじのくに防災フェロー養成講座」の修了研修指導の様子
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-1eba.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座の地域防災セミナーが実施されました(2012年1月28日)
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-7349.html
・ふじのくに防災フェロー養成講座地域防災セミナーが実施されました(2012年2月19日)
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-7349.html

・ふじのくに防災フェロー養成講座キックオフシンポジウム報告書をネット上に公開しました
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-10be.html
・2月29日ふじのくに防災フェロー養成講座シンポジウムのご案内
 http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/229-5685.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●「国立大学法人 静岡大学学長のブログ」

・防災フェローキックオフシンポジウム(3/7)
 http://shizudaigakucho.blog20.fc2.com/blog-entry-71.html
・田辺静岡市長を表敬訪問(5/13)
 http://shizudaigakucho.blog20.fc2.com/blog-entry-98.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●「岡目八目火山 Yahoo!ブログ」(講師のブログ)

・授業計画
 http://blogs.yahoo.co.jp/hsato47/archive/2011/04/01
・防災フェロー講義
 http://blogs.yahoo.co.jp/hsato47/63138279.html
・防災フェローレポート質問から-1
 http://blogs.yahoo.co.jp/hsato47/63180520.html
・防災フェローレポート質問から-2
 http://blogs.yahoo.co.jp/hsato47/63180534.html
・日本平の地層
 http://blogs.yahoo.co.jp/hsato47/folder/1803980.html
・自然災害科学中部地区研究集会・ふじのくに防災フェローシンポジウム
 http://blogs.yahoo.co.jp/hsato47/archive/2012/3/1

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●「ITで地理の授業を楽しくする いとちり」(受講生のブログ)

・第1回「防災フェロー」育成講座@静岡大学
 http://itochiriback.seesaa.net/article/193895046.html
・防災フェロー講座(2)火山学
 http://itochiriback.seesaa.net/article/198633641.html
・陸前高田巡検
 http://itochiriback.seesaa.net/article/233806968.html
・防災フェロー講座修了プレゼン
 http://itochiriback.seesaa.net/article/249273775.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●静岡新聞掲載記事
・ふじのくに防災フェロー 養成講座に5倍応募 静大など「枠増やし対応」(2011/2/ 8 08:13)
 http://www.at-s.com/news/detail/100002834.html
・社会の防災力底上げ 静岡で人材育成講座が開講(2011/3/ 8 13:44)
 http://www.at-s.com/news/detail/100005151.html
 ・震度6弱の爪痕(中) 加速する防災人材育成(2011/8/ 8 08:18)
 http://www.at-s.com/news/detail/100003266.html
【詳報】静岡大 防災・日本再生シンポジウム<下>(2011/10/31 15:30)
 http://www.at-s.com/news/detail/100071703.html
・静岡新聞掲載記事 東日本大震災 巴川の津波、67時間継続 静岡大防災フェロー受講生ら調査(2011/10/11 14:49)
 http://www.at-s.com/news/detail/100067782.html
・防災のプロが地域に知識還元 静大「フェロー講座」(12/29 07:55)
 http://www.at-s.com/news/detail/100088439.html

●MSN 産経ニュース
・巴川の防災考える無料講座 静岡市(2012.1.29 02:42)
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/120129/szk12012902420004-n1.htm

●朝日新聞掲載記事
「防災力」を高める(2012年03月09日)
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001203090004

2011年12月22日 (木)

センター教員のメディア対応(2011年12月22日時点)

<新聞等報道>

●小山真人教授
2011.12.3(土) 小学二年生 2012年1月号
 ワンダーカラ― みんな大好き 富士山

2011.12.15(木) 山と渓谷 2012年1月号
 いま知っておきたい山の最新事情107:自然災害 山とどう向き合うか
 http://www.yamakei.co.jp/products/detail.php?id=900921

2011.12.24(土) 日経サイエンス 2012年2月号
 迫る巨大地震最悪のシナリオ
 http://www.nikkei-science.com/201202_044.html

●藤井基貴准教授
2011.12.18(日) 静岡新聞(朝刊)P8
 特集 教育 非常時の判断力養え 授業に「防災道徳」 静大研究室と防災総合センター「行動」につなげる
 http://www.at-s.com/news/detail/100085951.html

●片田敏孝客員教授
2011.12.16(金) 読売新聞 Webより
 ギモン Q「釜石の奇跡」どんな出来事があったのですか? A小中学生のほとんど全員が津波から逃れて無事
 http://www.yomiuri.co.jp/job/biz/qanational/20111216-OYT8T00719.htm

2011.12.19(月) 静岡新聞(朝刊)P16 地域中
 「自ら判断」防災教育生かせ 葵区で津波講演会 片田群馬大大学院教授「釜石の奇跡」紹介

2011.12.19(月) 読売新聞(夕刊)P13
 防災教育指導者 養成研修始まる

2011.12.19(月) 毎日新聞 Webより
 防災教育:都道府県教委の指導主事らを対象に研修開始
 http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111220k0000m040023000c.html

●防災総合センター
2011.12.18(日) 静岡新聞(朝刊)P8
 特集 教育 非常時の判断力養え 授業に「防災道徳」 静大研究室と防災総合センター「行動」につなげる
 http://www.at-s.com/news/detail/100085951.html

<テレビ・ラジオ報道>

●片田敏孝客員教授
2011.12.19(月)PM19:00~ NHKニュース7
 教員対象 防災研修 子供を救うのは・・・
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111219/k10014738791000.html

2011.12.20(火)PM21:00~ NHKニュースウォッチ9
 いま学ぶ“釜石の奇跡”子どもたちが起こした“奇跡”

2011.12.21(水)PM19:00~ NHKニュースウォッチ9
 津波から非難を!広がる‘率先避難’

2011年12月20日 (火)

防災フェロー養成講座講義・実習「災害社会工学」の様子

12月17日(土)にふじのくに防災フェロー養成講座の講義・実習「災害社会工学」が開講されました。(東日本大震災を受けてシラバスから開講日程は変更になっています。)
本講義の担当教員は岩手県釜石市で実践防災教育を長年続けてこられ、東日本大震災の「奇跡の釜石」立役者として知られる群馬大学教授の片田敏孝さん(当センター客員教授を併任)です。
片田先生による講義と、受講生から意見や質問が出される活発な議論がかわされました。

Imgp7926

講義で扱ったテーマは「ハザードマップの最前線」や「防災教育の実効性」等についてです。
ふじのくに防災フェロー養成講座の講義・実習は次回12月24日(土)が第1期の最終講義・実習となります。

現在、来期第2期の受講生募集の「平成23年度版募集要項」を公開しています。
出願期間は平成23年12月28日(水)~平成24年1月13日(金)です。
当講座は自治体や企業等で災害に関する実務に従事している方(防災実務者)をおもな対象に,それぞれが実務の中で抱える課題の解決を自らができるような力<実践的応用力>を身につけていただきたいと考えて実施しています。
ふじのくに防災フェロー養成講座についてはこちらです。
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fellow/

2011年12月19日 (月)

第44回ふじのくに防災学講座のご案内

当センターも参画する「静岡防災コンソーシアム」と静岡県によるふじのくに防災学講座が下記の通り開催されます。
今回の講師の鵜川元雄さんは当センターの客員教授も務めています。(当センターのスタッフ一覧はこちらです。)
なお、今回は、2月23日の「富士山の日」関連事業として、富士山関連の内容としています。

● 日  時
平成24年2月18日(土)  10時30分~12時
● 会  場
静岡県地震防災センター (静岡市葵区駒形通5丁目9-1)
※ 会場の駐車場は限られていますので、公共交通機関等を御利用ください。
●対象
どなたでも受講できますが、事前に申し込みが必要です。

《講義テーマ》
「富士山の噴火予知 -30年間の観測結果からの考察-」
《講   師》
独)防災科学技術研究所 観測・予測研究領域
地震・火山防災研究ユニット 総括研究員
鵜川 元雄 (うかわ もとお)
《講座概要》
富士山では1707年の宝永噴火以後、300年以上噴火の記録はありません。
一方、1980年頃から本格化した微小地震観測により、富士山直下では低周波地震という火山に特有の地震が頻繁に発生していることがわかりました。
特に2000年から2001年にかけてこの地震が急増したことから、地下の火山活動は現在も消長を繰り返していると考えられています。
この低周波地震の活発化のあと、富士山の山体とその周辺には、地震計や地盤の動きを観測する傾斜計やGPS等の整備が進み、これまで以上に富士山の動きを把握することができるようになりました。
ここでは富士山の噴火に先だって、この観測網でどのような現象が観測されるかについて、富士山のこれまでの観測結果や最近の国内の火山活動での経験をもとに説明します。
《講師略歴》
1980年から防災科学技術研究所で富士山や伊豆半島周辺の地域を中心に地震や火山の研究を行っている。
特に1990年頃から富士山の噴火予知研究のための火山観測網の整備を進めた。
2001年度から2010年度まで火山噴火予知連絡会委員を務めた。

参加費は無料、事前に電話・FAX等にてお申し込みください。
定員(180名)になり次第、受付は終了となります。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.e-quakes.pref.shizuoka.jp/center/seminar/index.html

※ しずおか防災コンソーシアムとは、
県内における防災教育・研究の振興、防災対策の発展に関する相互の教育強化のため、静岡県と静岡大学、浜松医科大学、静岡県立大学、静岡文化芸術大学、東海大学、富士常葉大学の県内6大学、報道機関、静岡地方気象台などが連携して設立した組織。

2011年12月16日 (金)

センター教員のメディア対応(12月15日時点)

<新聞等報道>

●小山真人教授

2011.11.16() 朝日新聞(夕刊)P1 総合

 電子地図 送電線消えた 国土地理院版 電力会社が情報拒む 保安上の理由 / 西部

2011.12.8() 中日新聞(朝刊)P20 県内版

 「大地動乱の時代どう生きるか」静大・本社 連携講座 10日浜松アクトで

2011.12.11() 中日新聞(朝刊)P12 県内版

 火山活動 数年は注意 静大・中日新聞連携講座「震災を起こした地震と影響」小山教授が講演

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20111211/CK2011121102000010.html

2011.12.12号 AERA No.56 P10~15 特集「富士山噴火と崩壊の恐怖」

 富士山 噴火と崩壊の恐怖 3.15M6地震で火山学者たちは噴火を覚悟していた

http://www.aera-net.jp/summary/111204_002673.html

●村越真教授

2011.12.8() 静岡新聞(夕刊)P3 社会

 県内トレイルラン人気 富士山麓など自然が舞台 山間地活性化へ期待「安全や環境 配慮を」

●島崎邦彦客員教授

2011.12.10() 読売新聞(朝刊)P11 解説

 論点スペシャル 地震研究の課題 防災に活用主張を 島崎邦彦氏

2011.12.11() 読売新聞(朝刊)P36 くらし教育

 27学会連携 震災考える 連続シンポジウム

2011.12.14() 読売新聞(朝刊)P13 解説

 解 煙突で叫ぶ科学者 科学部次長 佐藤良明 

●鵜川元雄客員教授

2011.12.12号 AERA No.56 P10~15 特集「富士山噴火と崩壊の恐怖」

 富士山 噴火と崩壊の恐怖 3.15M6地震で火山学者たちは噴火を覚悟していた

http://www.aera-net.jp/summary/111204_002673.html

●小林朋子准教授

2011.12.13() 朝日新聞(朝刊)P30 第2静岡

 静大生 被災地支援マラソン 教育学部14人企画 参加費を義援金に

●片田敏孝客員教授

2011.12.14() 読売新聞(朝刊)P13 解説

 論点 世界有数の地震国 防災教育 日本の課題 矢崎良明氏

2011.12.14() 読売新聞 Webより

 津波 命守る実践手引き 「釜石の奇跡」見習え 県教委 3学期から教員活用 / 和歌山

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20111213-OYT8T01257.htm

2011.12.14() 毎日新聞 Webより

 津波指導手引き:小中学校の全教員に配布 判断 行動できる子に―県教委 / 和歌山

http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20111214ddlk30100403000c.html

2011.12.15() 毎日新聞 Webより

 北九州市:地域防災計画見直し素案まとめ 新たに「減災対策推進」 / 福岡

http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20111215ddlk40010453000c.html

●静岡大学(しずおか防災コンソーシアム)

2011.12.10() 中日新聞(朝刊)P16 県内版

 県地震防災センター 研究・育成機能を強化 危機管理監 利便性へ移転検討も

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20111210/CK2011121002000139.html

<テレビ・ラジオ報道>

●島崎邦彦客員教授

2011.12.11() PM22:00PM23:30  NHK Eテレ「ETV特集」シリーズ大震災発掘 第1回 埋もれた警告

 過去の大津波の痕跡を地中から発掘、脅迫された研究者“福島原発に大津波”活かされなかった警告

http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/1211.html

2011年12月 9日 (金)

ふじのくに防災フェロー第2期募集要項を公開しました

平成23年度(2012年3月から開始の第2期)防災フェロー養成講座の募集要項を公開しました。

防災フェロー養成講座web
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fellow/
平成23年度募集要項
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fellow/H23/H23-all.pdf
受講志願書
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fellow/H23/H23-5.doc

志願書の受付期間は2011年12月28日(水)~2012年1月13日(金) です。
昨年より〆切が2週間ほど早くなっております。
募集要項を熟読いただき、ぜひご応募をご検討下さい。
第1期は10名定員のところに53名と多数のご応募をいただき、現在22名の受講生が講座に取り組んでいます。
過去に本ブログでも講義・実習の様子を紹介していますのでご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記
2011年12月23日 (金)の記事にて
「ふじのくに防災フェロー養成講座第1期のネット上の関連記事をまとめました」
http://sbosai.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-118b.html

2011年12月 8日 (木)

センター教員のメディア対応(12月8日時点)

<新聞等報道>

●小山真人教授

2011.11.13() 伊豆新聞

 伊豆東部火山群噴火警戒レベル 習熟へ合同図上訓練 伊東市、県、気象庁など対応、連携を確認

2011.12.3() 中日新聞(朝刊)P16 県内版

 大津波・富士山噴火 備えを 3.11テーマ 静大・中日新聞連携講座 10日、小山教育学部教授が講演

2011.12/6() 日経新聞(朝刊)P31 静岡経済

 伊豆よみがえるか㊤ 世界ジオパーク構想始動 全自治体で観光活性化 15年度認定目標 ツアー・勉強会続々

http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819490E2E7E2E39C8DE2E7E3E0E0E2E3E39EE4E3E2E2E2

●小澤邦雄特任教授

2011.12.2() 中日新聞(朝刊)P15 県内総合

 韓国担当者 危機管理学ぶ 地震防災センターなど訪れ

●北村晃寿准教授

2011.12.2() 毎日新聞 Webより

 大津波:静岡平野2400~915年前「安政東海」超える津波か 浸水広範囲 / 静岡

http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20111202ddlk22040298000c.html

●千木良雅弘客員教授

2011.12.4() 読売新聞 Webより

 高台被害 増水した川に土砂崩落して高波・・・奈良・十津川 / 関西発

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20111204-OYO1T00364.htm

●藤井基貴准教授

2011.12.6() 中日新聞(朝刊)P16 浜松・遠州版

 災害時対処 児童に問う 浜松市東小 静岡大生が道徳教育授業 ガソリン盗難事件など題材 討論から判断力養う

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20111206/CK2011120602000139.html

●小林朋子准教授

2011.12.6() 中日新聞(朝刊)P16 浜松・遠州版

 被災時ケア 知識強化を 静岡大准教授 中区で講演 障害者対応考える

●片田敏孝客員教授

2011.12.8() 朝日新聞(朝刊)P30 

 朝日新聞社世論調査 地震への危機感 切迫 自分の身を守る覚悟必要 片田敏孝教授

●防災総合センター 

2011.12.6() 中日新聞(朝刊)P16 浜松・遠州版

 災害時対処 児童に問う 浜松市東小 静岡大生が道徳教育授業 ガソリン盗難事件など題材 討論から判断力養う

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20111206/CK2011120602000139.html

<テレビ・ラジオ報道>

●増田俊明教授

2011.12.5() PM18:30~ NHKラジオ第一

 私の一言!夕方ニュース ここに注目!「迫り来る災害に備える」

http://www.nhk.or.jp/hitokoto/backnumber/

●牛山素行准教授

2011.12.8() PM18:17~ あさひテレビ「とびっきり!しずおか」

 検証!台風15号の傷跡と教訓

2011年12月 7日 (水)

藤井准教授とゼミ生が防災道徳教育の実践授業を実施しました

藤井基貴併任准教授(教育学部)の指導のもと、ゼミ生が12月5日(月)に浜松市立東小学校で防災道徳教育の実践授業を行いました。
学生が中心となって防災におけるモラルジレンマをとりあげ、それらを解決するにはどうすればよいかを2時間の授業の指導案を考えきたものの初の実践の場となりました。

1時間目は今年三月に起きた東日本大震災で、ガソリン等が手に入りにくかったことや盗難があったことをとりあげ、自分が実際にガソリンがないと命に関わる事態にたったと仮定して議論しました。
P1090130

物資が不足する中で苦しい選択をしなくていいように事前の準備の大切さを伝えるため、2時間目は「もしもバック」づくりに取り組みます。
P1090146

各班それぞれの「もしもバック」ができあがりました。
P1090157_3

2時限にわたって、授業を聞いてくれた生徒さん、貴重な機会を与えてくださった先生方、浜松市立東小学校の皆様に一同感謝申し上げます。
今回の授業を活かしてさらに充実した防災道徳教育の授業づくり、教材づくりを進めます。また、他のテーマを用いた防災道徳教育授業を今後も県内で行わせていただく予定です。

藤井基貴研究室のHPはこちらです。
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~emfujii/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記:本取り組みは下記の新聞に掲載いただきました。

中日新聞 2011年12月6日
「災害時対処などを児童に問う 浜松・東小で静岡大生が道徳教育授業
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20111206/CK2011120602000139.html

静岡新聞 (2011/12/18 11:27)
「授業に「防災道徳」 非常時の判断力養え」
http://www.at-s.com/news/detail/100085951.html

2011年12月 6日 (火)

(話題の)小山教授の公開資料

当センター副センター長の小山教授がHPにて資料を公開しています。
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/Welcome.html

上記HPにて最新情報として紹介されている2011年11月24日の静岡新聞「時評」に掲載された
「風評被害」 消費者無視 最低の言葉
が話題となっています。
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/etc/opinion/jihyo52.html

(以下転載)
福島原発災害の発生以来、「風評被害」という言葉を報道で見聞しない日は無いくらいである。しかしながら、この言葉はきわめて不適切であり、廃すべきものである。その理由を以下に述べる。
…略…
「風評被害」は、行政や生産者の立場と解釈を一方的に押しつけるとともに、その原因までをも消費者に転嫁し、消費者の立場や感情を踏みにじる最低の言葉なのだ。この言葉を使い続ける関係者と、それを無批判に垂れ流すマスメディアに猛省を望みたい。

ご一読下さい。

2011年12月 5日 (月)

静岡県地域防災の日・袋井市防災訓練レポート

12月4日(日)は静岡県の地域防災の日でした。
当センターの牛山准教授が、自身が防災対策推進アドバイザーを務める袋井市の各訓練会場の視察をさせていただきました。

9:00に地震発生を示すサイレンが鳴り、9:05に大津波警報が発令されたと言う設定の防災無線放送が流れました。
地域の避難所の袋井市立浅羽南小学校に周辺地域の方々が集まります。
P1080986

三階建ての校舎に外階段が設置され実際に全員が登っています。
P1090004

その他、袋井市浅羽支所(旧浅羽町役場)に設置された袋井市現地災害対策本部や原野谷川スポーツ公園での浅羽北公民館管内の合同防災訓練会場にも訪れ、地域の方々や袋井市市長および、市職員の方々と意見を交わしました。
最後は、袋井市東分庁舎コスモス館に設置された袋井市災害対策本部訓練会場にて講評も述べさせていただきました。
P1090070

防災訓練での特定のストーリーにとらわれすぎず、想像力をはたらかせて自分にかかわる防災上の改善点・問題点等を見つけ出し、より充実した備えに活かして欲しいとのメッセージを送りました。
迎え入れて下さった皆さま誠にありがとうございました。

2011年12月 2日 (金)

センター教員のメディア対応(12月1日時点)

<新聞等報道>

●原田賢治准教授

2011.11.26(土) 静岡新聞(朝刊)P30 社会

 津波対策助成「個人宅にも」県議会特別委

●片田敏孝客員教授

2011.11.26(土) 毎日新聞 Webより

 東日本大震災:教諭や保護者ら 津波防災教育を学ぶ 東海市で講演会 / 愛知

http://mainichi.jp/area/aichi/news/20111126ddlk23040175000c.html

2011.11.27(日) 静岡新聞(朝刊)P10 特集

 教育 命守った備え、即断 変わる防災教育 自分で行き抜く力を「防災を教科に」

2011.12.1(木) 読売新聞 Webより

 防災「釜石の奇跡」に学ぶ / 高知

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20111130-OYT8T01246.htm

●小山真人教授

2011.11.27(日) 伊豆新聞 Webより

 市史講演会 静岡大の小山教授が火山の恵み城ケ崎など語る

http://sp.izuhapi.net/izu-np/topic/20111127103300.html

●島崎邦彦客員教授

2011.11.28(月) 静岡新聞(朝刊)P4 国際

 トピックス 震災後の学術テーマにシンポ

●山岡泰治客員教授

2011.12.1(木) 静岡新聞(朝刊)P23 地域中

 地域医療の在り方探る 藤枝で市民フォーラム 適正受診 住民も意識を

http://www.at-s.com/news/detail/100079857.html

●防災マイスター

2011.12.1(木) 静岡新聞(朝刊)全面広告 P18~P19

 未来を創る人づくり 新たな可能性に挑む 情熱と感動を育てる 静岡大学学長 伊東幸宏氏

2011年12月 1日 (木)

12月4日は静岡県地域防災の日です

今週末12月4日(日)は静岡県の地域防災の日です。
静岡県では12月の第一日曜日は「地域防災の日」としています。
各地で下記の概要にて防災訓練等が実施されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● テーマ
3.11の教訓
~防災活動の原点『自助・共助』に立ち返り 総点検!~

● 訓練内容  家庭内や地域の被害をイメージした、各自がとるべ
        き行動の確認、地域と事業所が連携した訓練、高齢
        者など災害発生時に支援が必要な方への支援体制の
        確認などが、県内各地で自主防災組織を中心に行わ
        れます。

        ☆隣近所が協力し、お互いに助け合うことで多くの
         生命を救うことができます!!

        ☆ぜひ防災訓練に参加して、地域で助け合う体制づ
         くりを進めましょう!!

        ☆この機会を利用して、まず住宅の耐震診断を、そ
         して家具の転倒・落下防止など、身近な地震防災
         対策について再点検しましょう!!

● お問合せ  お住まいの地域の防災訓練に関する詳しいことは、市や町の防災担当課にお問い合わせください。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

静岡大学防災総合センター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ