2016年9月 9日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2016年9月9日時点)

<新聞等報道>
●牛山素行教授
2016.8.19(金) 読売新聞(朝刊) P36 web
 広島土砂災害あす2年 早期避難各地で取り組み マニュアル作成率92%
 知識や判断力必要

2016.8.24(木) 読売新聞(朝刊) P3 web
 トリプル台風異例ずくめ 関東11年ぶりに上陸 温暖化進めば被害甚大

2016.9.2(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29
 台風10号被害 危機感強める県内施設 高齢者避難課題浮き彫り 早めの行動徹底を
 住民自らの判断も大切
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-00000001-at_s-l22

2016.9.8(木)静岡新聞(朝刊) 読者のページ P28
 時評 大雨時の避難行動 河川水位情報活用を

●岩田孝仁教授
2016.8.25(木) 中日新聞(朝刊) P1
 東海地震説40年 予知信仰の崩壊 中
 特異性「防災先進県」育む ノウハウの継承に陰り

2016.9.1(木) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P18
 4日清水区で防災セミナー 東海大海洋学部など

●安藤雅孝客員教授
2016.8.28(日) 静岡新聞(朝刊) 特集 P17
 いのち守る防災しずおか 提言減災 不確実な地震発生確率

●片田敏孝客員教授
2016.8.18(木) ダイアモンド・オンライン web
 なぜ災害経験者ほど避難勧告を無視するのか
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160818-00099100-diamond-soci&p=1

2016.8.25(木) 朝日新聞(朝刊) 東京四域・1地方 P29 web
 大規模水害時 東部5区方針 1日前協働で広域避難勧告
 住民理解・場所など課題 具体化へ新協議会 「区民と認識共有を」

2016.8.30(水) ベネッセ教育情報サイト web
 耐震化だけでは済まない「学校施設」の課題とは 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00010003-benesseks-life

2016.8.31(水) 毎日新聞(東京朝刊) web
 「だいじょうぶ」キャンペーン10周年 備えの大切さ、伝えたい
 http://mainichi.jp/articles/20160831/ddm/010/040/010000c

2016.9.1(木) 毎日新聞(大阪朝刊) web
 特集 きょう防災の日 人の心読み解く努力を 群馬大・片田敏孝教授=災害社会工学
 http://mainichi.jp/articles/20160901/ddn/010/040/032000c

2016.9.9(金) 東京新聞(朝刊) web
 関東・東北水害から1年 県境越える防災 広域避難の自治体連携進む
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201609/CK2016090902000136.html

●武村雅之客員教授
2015.8.30(火) AERA 9月5日号 web
 首都直下地震 死者最大2万3千人の7割は火災が原因と予測
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160830-00000070-sasahi-soci&p=1

●安田清客員教授
2016.9.2(金) 静岡新聞(朝刊) 1
 熊本地震の教訓(下) 9.4県総合避難訓練 
 災害時医療 市民トリアージが鍵に

●秦康範客員准教授
2016.9.2(金) 産経ニュース web
 長野県が地震防災訓練 糸静線中北部震源を初想定 システム総稼働、大災害へ備え
 http://www.sankei.com/region/news/160902/rgn1609020024-n1.html

●廣井悠客員准教授
2016.9.2(金) 日本経済新聞(名古屋朝刊) 社会 P21 web
 愛知の自治体、大地震に備え 帰宅困難者対策急ぐ アプリで誘導・ルートマップ作製

2016.8.31(水) AERA 9月5日号 web
 首都直下地震 帰宅困難者が大量発生で群衆なだれの可能性
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160830-00000170-sasahi-life&p=1

●山田和芳客員准教授
2016.8.21(日) 読売新聞(朝刊) P28 web
 静岡大読売講座 地球に生命功労者はCO2
 山田准教授 地球環境史語る

<テレビ・ラジオ報道>
●牛山素行教授
2016.8.22(月) TBSラジオ 荻上チキ Session-22 22:00~
 台風9号上陸時の避難や対応について

2016.8.31(水) TBSラジオ 荻上チキ Session-22 22:00~
 
2016.9.1(木) NHK総合 あさイチ 8:15~
 被害拡大 大雨から身を守るには
 http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/160901/4.html

●小山真人教授
2016.9.7(水) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 富士山 宝永火口付近で大規模落石
 
2016.9.7(水) NHK総合 ニュースジブ5時 16:50~
 富士山で遊歩道に達するほどの大きな落石
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160907/k10010673911000.html

●岩田孝仁教授
2016.8.23(火) 静岡第一テレビ ニュースeveryしずおか 18:15~
 
2016.8.29(火) NHK総合 たっぷり静岡 7:45~

2016.8.31(水) SBSテレビ 静岡発そこ知り 19:00~
 家族で備える巨大地震 これが生き抜く秘策だ 非常事態どうすれば・・・
 防災のプロが語る備え
 http://www.at-s.com/sbstv/program/sokoshiri/

2016.9.2(金) NHK総合 ナビゲーションSP 19:30~
 “活断層”地震と闘ういのち守るための最新情報

2016.9.3(土) 静岡第一テレビ 地震防災チェック 11:40~

●片田敏孝客員教授
2016.9.1(木) NHK NEWS web
 NEWS UP 9人が犠牲に そのとき何が

2016年9月 1日 (木)

9月17日 第90回ふじのくに防災学講座

下記の通り9月17日に第90回ふじのくに防災学講座が開講されますのでお知らせいたします。
-------------------------
第90回ふじのくに防災学講座
-------------------------
【日時】
平成28年9月17日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)
【内容】
<テーマ>
陸上では捉えられない駿河湾海底下の地震活動について
—2009年「静岡沖の地震(M6.4)」のその後—
<講師>
東海大学海洋学部 海洋地球科学科 馬塲久紀准教授
詳細はこちらです。

2016年8月12日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2016年8月12日時点)

<新聞報道>
●小山真人教授
2016.8.1(月) 静岡新聞(朝刊) P17 web
 伊豆の未来へ課題議論 函南で創造センター 開設1周年記念
 http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/266124.html

2016.8.3(水) 静岡新聞(朝刊) P9 web
 山と人の関わり考えよう 「山の日」11日富士宮でシンポ

2016.8.9(火) 毎日新聞 地方版静岡 web
 山の日 人と山の営み考える 富士宮で記念シンポ 11日
 http://mainichi.jp/articles/20160809/ddl/k22/040/100000c

2016.8.11(木) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P27
 時評 富士山でブラタモリ 案内人が感じた魅力

2016.8.12(金) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P22 
 富士山噴火の歴史など解説 富士宮でシンポ
 http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/mtfuji/269950.html

●岩田孝仁教授
2016.8.7(日) 静岡新聞(朝刊) P24 web
 「防災対策に余力を」浜北区で自主防研修会 岩田教授(静大)が講演

●北村晃寿教授
2016.8.3(水) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P24
 津波堆積物の調査開始 海底地滑り痕跡探る 焼津青峰公園

2016.8.3(水) 毎日新聞 web
 津波堆積物調査 静岡大・北村教授、海底地すべり痕跡探る 焼津・小川港/静岡
 http://mainichi.jp/articles/20160803/ddl/k22/040/489000c

●井ノ口宗成講師
2016.8.4(木) 静岡新聞(朝刊) P19 web
 災害時に備えBCP策定へ 熊本地震の情報共有 富士市職員研修
 
●増澤武弘客員教授
2016.8.3(水) 静岡新聞(朝刊) 特集 P11
 8月11日「山の日」 南アルプス 豊かな植生 高山植物保護に関心 高校生セミナー

<テレビ・ラジオ報道>
●岩田孝仁教授
2016.8.1(月) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 防災特集 伊東市「防潮堤に頼らない避難対策」
 http://www.nhk.or.jp/shizuoka/bousai/

●北村晃寿教授
2016.8.2(火) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 焼津で海底地滑りの痕跡調査

2016.8.2(火) 静岡第一テレビ ニュースeveryしずおか 18:15~
 津波痕跡調査 過去に海底地すべり? 焼津市

2016年7月29日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2016年7月29日時点)

<新聞等報道>
●牛山素行教授
2016.6.25(土) 中国新聞(朝刊) 地域 P26
 福山大雨 市の対応 情報殺到 分析追いつかず 初動迅速規模確認遅れる

2016.7.17(日) 毎日新聞(朝刊) 震災特集 P25
 知ってなるほど地震・防災 「津波警戒」指定4県 「地価下落を懸念」
 http://mainichi.jp/articles/20160717/ddn/010/040/031000c

●小山真人教授
2016.7.29(金) 静岡新聞(朝刊) P18 web
 危険物安全協会が50周年 取扱徹底へ決意新た 伊東

●岩田孝仁教授
2016.7.21(木) 日刊建設工業新聞 P12
  防災を考える CeMIからの提言 地震対策は「減災」から「防災」へ

2016.7.23(土) 静岡新聞(朝刊) P1
 沈黙の駿河湾東海地震説40年(33) 私の立場から 緊急インタビュー(3)
 大震法 運用レベルの課題山積み

2016.7.27(水) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P31
 時評 大震法制定から40年 意義ある見直し期待

2017.7.28(木) 読売新聞(朝刊) 神戸 P31 web
 国防災対策 課題提案へ 広域連合 有識者会議初会合

●土屋智教授 井ノ口宗成講師 笠原順三客員教授
2016.7.14(木) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P24
 静岡大防災総合センターが熊本地震調査報告
 
●村越真教授
2016.7.14(木) 読売新聞(東京朝刊) 生活A P23
 夏の登山 無理なく備える 増える遭難 耐力・経験に合う選択を
 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160719-OYTET50041/

●藤井基貴准教授
2016.7.22(金) 日本経済新聞(夕刊) くらし P9
 夏休み親子で防災体験 泊まりがけで「避難生活」決まり守り気遣い 判断・行動力磨く機会に

●安藤雅孝客員教授
2016.7.15(金) 日本経済新聞(朝刊) ニュースな科学
 東海地震を想定した「大震法」 予知前提の防災転換へ
 「注意情報」の扱い焦点

●片田敏孝客員教授
2016.7.27(水) 教育新聞 web
 熊本地震踏まえ 非構造部材の耐震化で緊急提言通知へ
 https://www.kyobun.co.jp/news/20160727_01/

●矢守克也客員教授
2016.7.20(水) 日本経済新聞(朝刊) 静岡経済 P35 
 災害と地域 対応力磨く 避難所の外 支援後手に 車中泊対策など 運営を見直し

●吉野篤人客員教授
2016.7.24(日) 静岡新聞(朝刊) 特集 P19
 いのち守る防災しずおか 提言 減災 後方支援の大切さ確認

●山田和芳客員准教授
2016.7.21(木) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P9
 県の地球環境史ミュージアム 空間デザイン賞で大賞
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000002-at_s-l22

<テレビ・ラジオ報道>
●土屋智教授
2016.7.14(木) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 熊本地震3ヶ月~土砂災害の教訓~

●中川和之客員教授
2016.7.27(水) 日テレNEWS24 web
 災害時 トップの心構えは(秋田県)
 http://www.news24.jp/nnn/news86110425.html

2016年7月11日 (月)

本センター関係者のメディア掲載(2016年7月8日時点)

<新聞報道>
●牛山素行教授
2016.6.23(木) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P30
 時評 改めて考える地震対策 耐震が一丁目一番地

2016.6.28(火) 静岡新聞(朝刊) 総合 P13
 社説 水害対策 迅速な避難行動確実に

●小山真人教授
2016.7.5(火) 静岡新聞(朝刊) 社会 P25
 伊豆半島ジオ協 申請書作成へ有識者議論 記述内容の方針確認
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160705-00000006-at_s-l22

20016.7.8(金) 静岡新聞 P18 web
 夏休み子ども講座小山静大教授講話 29日に焼津

●岩田孝仁教授
2016.6.23(木) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P25
 災害発生時の訓練実施 清水港対策協議会総会 本年度の方針を承認

●藤井基貴准教授
2016.6.24(金) 毎日新聞 web
 ぼうさい甲子園 募集始まる 静岡大、受賞機に他校と交流
 http://mainichi.jp/articles/20160624/ddl/k22/040/139000c

●片田敏孝客員教授
2016.6.29(水) 産経新聞 web
 水害避難指示 発令権限の見直し検討 市町村対応に限界 東京
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000043-san-l13

●増澤武弘客員教授
2016.6.30(水) 静岡新聞(夕刊) P1
 南アルプスのライチョウ市民の調査支援 静岡など3県10市町村「サポーター」制度指導
 生息情報収集、把握へ

2016.7.3(日) 静岡新聞(日) 県内総合 P25
 南アルプス 寸又峡口が山開き 川根本町夏山シーズン安全祈願
 http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/256731.html

●矢守克也客員教授
2016.6.23(木) 日本経済新聞 地方経済面東京 P15 web
 災害と地域 教訓を糧に 支援物資、早く円滑に ルート確保 官民で知恵

2016.6.24(金) 読売新聞(大阪朝刊) 高知 P29 web
 津波避難路大丈夫? 巨大地震の備え 黒潮で集会 アプリ「逃げトイレ」活用 住民意見

<テレビ・ラジオ報道>
●牛山素行教授
2016.6.20(月) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 防災特集 気象予報士が自治体の防災担当者を支援

●岩田孝仁教授
2016.6.28(火) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 東海地震対策 南海トラフ含め議論へ

2016.7.6(水) SBSラジオ IPPO 6:30~
 情報三枚おろし 大規模地震対策特別措置法の見直しについて

●笠原順三客員教授
2016.6.16(木) フジテレビ ネットテレビ ホウドキョク 
  函館地震

2016.6.16(木) フジテレビ みんなのニュース 
  函館で6弱 東大・笠原名誉教授に聞きました
  http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00327830.html

2016.6.17(金) フジテレビフジテレビ 特ダネ 
  函館地震

●片田敏孝客員教授
2016.7.8(金) SBSテレビ あさチャン! 5:30~
 ”スーパー台風” 首都圏直撃の可能性も 大雨で荒川崩壊!?

2016年7月 5日 (火)

7月16日第89回ふじのくに防災学講座のお知らせ

下記の通り7月16日に第89回ふじのくに防災学講座が開講されますのでお知らせいたします。
-------------------------
第89回ふじのくに防災学講座
-------------------------
【日時】
平成28年7月16日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)
【内容】
「静岡大学防災総合センター・2016年熊本地震調査報告」
講演1 講演題目 熊本地震活動の特徴と地学的背景と周辺の地震活動
     講師 笠原 順三 氏 静岡大学防災総合センター 客員教授(東大名誉教授)
講演2 講演題目 熊本地震により火山山麓地帯で発生した土砂移動現象
     講師 土屋 智 氏 静岡大学農学部教授(静岡大学防災総合センター兼務)
講演3 講演題目 熊本地震における被災者生活再建支援の実態と課題
     講師 井ノ口 宗成氏 静岡大学情報学部講師・防災総合センター副担当
詳細はこちらです。

2016年6月17日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2016年6月17日時点)

<新聞等報道>
●牛山素行教授
2016.6.15(水) 静岡新聞(朝刊) P27
 出水期の備え議論 静岡防災情報連絡会
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00000017-at_s-l22

●牛山素行教授・フェロー修了生 杉村晃一さん
2016.6.17(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29
災害危険度認知 津波9割も・・・洪水3割 出水期見据え「備えを」
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000002-at_s-l22

●小山眞人教授・安藤雅孝客員教授
2016.6.8(水) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P22
 地質学会支部がシンポ

●小山真人教授・北村昇寿教授
2016.6.12(日) 中日新聞(朝刊) P10
 小山静大教授ら 災害対策を発表 駿河区でシンポ

●小山眞人教授・北村晃寿教授・安藤雅孝客員教授
2016.6.12(日) 静岡新聞(朝刊) 社会 P30
 巨大地震で研究報告 静岡 リスク評価し対策に順位を
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000007-at_s-l22

●原田賢治准教授
2016.6.12(日) 静岡新聞(朝刊) 特集 P29
 提言減災 津波避難対策 屋外から

●岩田孝仁教授
2016.6.11(土) 静岡新聞(朝刊) P1
 沈黙の駿河湾 東海地震説40年 第5章 警告する大地(2)
 ”前進”の恐れ、頭よぎる

2016.6.17(金) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P22
 台湾への展開探る 静岡で県防災用品普及促進協研究会

●池田恵子教授
2016.6.8(水) 中日新聞(朝刊) 生活 P21 東京新聞 web
 備え再点検 避難所の女性配慮 前進 熊本被災地 集約に合わせ整備
 女性の目線反映を
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201606/CK2016060802000192.html

●水谷洋一教授
2016.6.12(日) 静岡新聞(朝刊) P20 web
 富士宮 環境審議会委員に委嘱状

●安藤雅孝客員教授
2016.6.9(木) 日本経済新聞(朝刊) P8 web
 次世代の先導者 名古屋大学地震火山研究センター准教授 田所敬一
 海底の地震変動を観測 地震被害の軽減をめざす

●石川有三客員教授
2016.6.14(水) 毎日新聞 web
 熊本地震2ヶ月 依然警戒が必要 12日に震度5弱
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00000081-mai-soci

2016.6.15(水) 毎日新聞 web
 熊本地震「減衰」ながら、まだ警戒必要 地調委
 http://mainichi.jp/articles/20160615/ddm/041/040/199000c

●武村雅之客員教授
2016.6.6(月) 静岡新聞(朝刊) 特集 P7
 127年前に「明治熊本地震」日本初、詳細な被害調査 記録と教訓後世へ

●増澤武弘客員教授
2016.6.9(木) 朝日新聞(朝刊) 静岡 P25
 リニアトンネル工事「土砂流出影響なし」JRが資産結果公表

2016.6.9(木) 静岡新聞(朝刊) 社会 P27
 リニア残土置き場「リスク検証不足」静岡市の協議会

2016.6.9(木) 読売新聞(東京朝刊) 静岡 P28 web
 リニア 土砂置き場に懸念 静岡市 工事巡り有識者会議

2016.6.9(木) 毎日新聞 web
 リニア中央新幹線:影響、残土の危険性で平行線 静岡市の評価協議会に有識社とJR出席
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=%2Farticles%2F20160609%2Fddl%2Fk22%2F020%2F069000c

<テレビ・ラジオ報道>
●牛山素行教授
2016.6.1(水) RCC中国放送 web
 防災力高め 住民の命を守る 自治体に気象予報士を派遣

●岩田孝仁教授
2016.6.6(月) 静岡朝日テレビ とびっきり静岡 18:15~
 防災拠点機能奪った熊本地震 県内公共建築物の耐震性を検証

●笠原順三客員教授
2016.6.16(木) フジテレビ みんなのNEWS
 函館市で震度6弱 東大・笠原名誉教授に聞きました。
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160616-00000830-fnn-soci

2016年6月 4日 (土)

6月18日第88回ふじのくに防災学講座のお知らせ

下記の通り6月18日に第88回ふじのくに防災学講座が開講されますのでお知らせいたします。
-------------------------
第88回ふじのくに防災学講座
-------------------------
【日時】
平成28年6月18日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)
【テーマ】
「熊本地震から見えた建物被害の分析と対応の課題」
【講師】
常葉大学付属社会災害研究センター長 田中聡 教授
【講演概要】
熊本地震では、本震クラスの地震が短期間に複数回発生するなど、これまであまり経験していない事態が発生し、多くの死傷者が発生した。常葉大学附属社会災害研究センターでは、本震発生直後から航空写真をはじめとしたあらゆる情報を収集するとともに、現地調査を実施し、建物被害に関する状況を分析してきた。本講演では、これら調査結果から見えてきた熊本地震の建物被害に関する状況の分析と対応の課題について講演する。

詳細はこちらです。

2016年6月 3日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2016年6月3日時点)

<新聞報道>
●牛山素行教授
2016.5.25(水) 静岡新聞(夕刊) 社会 P2
 仙台高裁 教習生の津波犠牲訴訟 和解 自動車学校側 解決金と陳謝

2016.5.26(木) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29
 太田川・原野谷川の洪水対策 段階即した行動明確化 検討会
 http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/bosai/244397.html

2016.5.30(月) 朝日新聞(朝刊) P35
 災害大国 被害に学ぶ 特別警報差し迫る危機 
 発表待たずに早めの避難を 用語「分からぬ」浸透なお課題

2016.5.30(月) 毎日新聞 web
 気象庁 6市に予報士派遣します 的確な避難指示に期待
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000044-mai-soci

●小山眞人教授
2016.5.29(日) 静岡新聞 週間YOMOっと静岡 P1
 全国47都道府県「県の石」決まったよ 日本地質学会が認定 静岡は「赤岩」など

2016.6.2(木) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P23
 時評 登山者守る 避難マップ 読み方の周知早急に 

●岩田孝仁教授
2016.5.17(火) 静岡新聞(朝刊) 県内政治 P9
 地方創生テーマ21.22日に大会 日本地方財政学会

2016.5.18(水) 読売新聞(東京朝刊) 横浜 Web
 指定避難所8割未設置 自治体に義務づけ 安全性確認手間取る
 http://mainichi.jp/articles/20160526/ddl/k10/040/207000c

2016.5.23(月) 静岡新聞(朝刊) 社会 P22
 防災と自治議論 静大教授や湖西市長

2016.5.26(木) 読売新聞(朝刊) 群馬 P28 web
 防災行政の意識高める 前橋 セミナーで相馬市長ら講演

2016.5.26(木) 毎日新聞 web
 「事前想定」を 前橋で静岡大教授が講演/群馬
 http://mainichi.jp/articles/20160526/ddl/k10/040/207000c

2016.6.3(金) 毎日新聞 東京朝刊 web
 対安置所の選定に遅れ 岩田孝仁・静岡大学防災総合センター教授の話
 http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=%2Farticles%2F20160603%2Fddm%2F013%2F040%2F102000c

●水谷洋一教授
2016.5.31(火) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P23
 環境団体交流促進を 富士宮で水谷静岡大教授 エコテーマに講演

●村越真教授
2016.5.21(土) 日本経済新聞(朝刊) 地方経済面静岡 P35
 ロゲイニングで観光振興 名所巡り競う 制限時間内に 
 牧之原 自転車で写真投稿 沼津・島田 ランニングと合体

2016.6.1(水) 日本経済新聞(朝刊) 大学 P31
 防災リーダー大学が育てる

●石川有三客員教授
2016.5.14(土) 毎日新聞 web
 熊本地震 本震、連動で大きく 前震の断層帯も揺れ

●片田敏孝客員教授
2016.5.14(土) 朝日新聞(朝刊) 群馬全県 P26 web
 熊本地震から1ヶ月 県内での備えを考える 17市町村の本庁舎 耐震基準満たさず

2016.5.23(月) 河北新報 web
津波引き渡し 子ども守る 指針三県三様

2016.6.1(水) 産経新聞 web
 防災活動 隣近所に期待も意思疎通少なく 内閣府調査

●中川和之客員教授
2016.5.29(日) 静岡新聞 週間YOMOっと静岡 P2
 きみならできるBOSAI 内閣府「一日前プロジェクト」体験談から 6年生のぼくたちが1年生誘導
 周りの命を守れる人に

●増澤武弘客員教授
2016.5.30(月) 北海道新聞 web
 アポイ岳にいつか花畑を 北海道・様伊中生らが苗植え準備
 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0276192.html

●矢守克也客員教授
2016.5.17(火) 神戸新聞 web
 山崎断層地震へ備え 佐用で防災リーダー研修会
 http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/201605/0009091235.shtml

●廣井悠客員准教授
2016.5.14(土) 静岡新聞(朝刊) 社会 P31
 熊本地震1ヶ月 抑えられた火災 前震で避難 暖房使わず 通電危険周知

<テレビ・ラジオ報道>
●小山真人教授
2016.5.16(月) MBC南日本放送 web
 火山学者に聞く 火山観測・防災の現状と課題

2016.5.24(火) テレビ静岡 みんなのNEWSしずおか 18:15~
 富士山登山者避難マップについて

●岩田孝仁教授
2016.5.16(月) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 防災特集 津波避難 由比地区の課題

2016.5.18(水) SBSテレビ イブアイしずおか 18:15~
 熊本地震から1ヶ月で見えたこと

●北村晃寿教授
2016.5.17(火) SBSテレビ イブアイしずおか 18:15~
 「巨大」の津波 4000年なかった 調査で見えた県内の地震
 
●矢守克也客員教授
2016.5.16(月) 日テレNEWS web
 地震でおうち怖い・・・心のケア3つのポイント
 http://www.news24.jp/articles/2016/05/16/07330249.html

2016年5月16日 (月)

日本地質学会中部支部2016年支部年会シンポジウムのお知らせ

日本地質学会中部支部2016年支部年会において,以下のようにシンポジウムが開催されます.

2016年6月11日(土)10:30~12:40
会 場:ふじのくに地球環境史ミュージアム(〒422-8017静岡市駿河区大谷5762)

シンポジウム:「地質記録から探る静岡県の低頻度大規模自然災害」
世話人:山田和芳(ふじのくに地球環境史ミュージアム)・北村晃寿(静岡大学理学部・防災総合センター)
共催:ふじのくに地球環境史ミュージアム,静岡大学防災総合センター,静岡大学地殻・マントル変動フォーラム

シンポジウムの参加費は,一般大人は200円,70歳以上の方と大学生・大学院生は無料.
なお,一般大人はミュージアムの入館料300円が別途かかります.

会場の収容人員に制限がありますので,先着順とさせていただきます.参加を希望される方は,氏名・所属・合計 人数・連絡先(E-mail又はTEL)を明記の上,平成28年6月6日(月)までに,下記の参加申込先に,FaxかE-mailでお申し込みください.

申込先 ふじのくに地球環境史ミュージアム(担当:山田)
Fax : 054-238-5870
E-mail : museum-gakugei★pref.shizuoka.lg.jp 

20160611tisitugakkai

«5月21日第87回ふじのくに防災学講座のお知らせ

静岡大学防災総合センター

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

無料ブログはココログ