2017年8月10日 (木)

本センター関係者のメディア掲載(2017年8月10日時点)

<新聞等報道>
●岩田孝仁教授・牛山素行教授
2017.8.5(土) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29
 避難所立地 点検を 静岡大2教授 現地調査の教訓提示

2017.8.5(土) 中日新聞(朝刊) 社会 P38
 静岡大2教授が報告会 想定区域外で犠牲者多数

2017.8.5(土) 日本経済新聞(夕刊) 社会 P9
 九州北部豪雨1ヶ月 犠牲者の多くは浸水想定区域外 静岡大報告

●牛山素行教授
2017.8.1(火) 西日本新聞 web
 行方不明者の氏名、公表か非公表どうする?災害時、割れる自治体判断 
 専門家「明文化が必要」
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00010000-nishinpc-soci

2017.8.2(水) 毎日新聞(朝刊) 1面
 安全決壊 検証・九州北部豪雨(中) 山間部集落1600人孤立
 通信手段なく 捜索難航

2017.8.3(木) 産経新聞 web
 【九州北部豪雨】被災地の福祉施設・学校・浸水・土砂警戒域に4割弱 5日で一ヶ月
 http://www.sankei.com/west/news/170803/wst1708030107-n1.html

2017.8.5(土) 毎日新聞(東京朝刊) web
 くらしナビ・ライフスタイル 浸水可能性 確認し備える
 https://mainichi.jp/articles/20170805/ddm/013/040/003000c

2017.8.7(月) 産経新聞 web
 九州北部豪雨1ヶ月 激しい雨1000ミリ、流木20万トン、崩れ落ちた山300カ所
 注目は「谷底平野」
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000536-san-soci

2017.8.10(木) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P24
 時評 災害時の行方不明者 「匿名化」行き過ぎでは

●小山眞人教授
2017.7.28(金) 読売新聞(東京朝刊) 静岡 P27 web 
 伊豆半島ジオ審査修了「よい印象」世界認定に期待

2017.7.28(金) 伊豆新聞 web
 伊豆ジオ審査員「すばらしい経験」 最終日は伊東、函南
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00000003-izu-l22

2017.8.9(水) 静岡新聞(朝刊) 社会 P30
 沈黙の駿河湾 東海地震説40年 番外編インタビュー(5)
 情報の”通訳者”が必須

●小山眞人教授・狩野謙一客員教授
2017.7.28(金) 朝日新聞(朝刊) 静岡 P25
 伊豆半島ジオパーク 現地審査が終了

●北村晃寿教授
2017.8.7(月) AERATE P16~18
 そもそも別世界 東日本と西日本 
糸魚川-静岡構造線、関ヶ原…「日本の境界線」を探して

●村越真教授
2017.7.30(日) 産経新聞 web
 役所の防災ヘリ有料化は是が非か?無謀な登山の歯止めになるのか
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000503-san-life

2017.8.5(土) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P21
 スポーツ実施率向上を 静岡市 推進審議会が提言

●木村浩之教授
2017.8.3(木) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P23
 牧之原市 子生まれ温泉会館 今秋メタンガス調査へ 発電利用可能性探る

●片田敏孝客員教授
2017.8.4(金) 毎日新聞 web
 「災害を人ごとと思わず」70人耳方向け 摂津/大阪
 https://mainichi.jp/articles/20170804/ddl/k27/040/417000c

●安田清客員教授
2017.8.7(月) 静岡新聞(朝刊) 社会 P28
 沈黙の駿河湾 東海地震説40年 番外編インタビュー(3)
 具体例の提示が出発点

<テレビ・ラジオ報道>
●岩田孝仁教授
2017.8.8(火) テレビ静岡 みんなのニュース静岡 18:15~
 “ノロノロ”台風5号 防災専門家が生解説!
●笠原順三客員教授
2017.8.2(水) フジテレビ ユアタイム 23:30~
 8/2の首都圏震度4の2つの地震とその影響

2017.8.4(金) フジテレビ めざましテレビ 
 最近の関東周辺の地震

●フェロー終了生 杉村晃一さん
2017.7.31(月) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 防災特集「水害への意識を」

2017年8月 7日 (月)

平成29年7月九州北部豪雨 現地調査報告



平成29年8月4日(金)に「平成29年度7月九州北部豪雨による災害・現地調査速報会」を開催致し、多くの皆様にご聴講いただきました。

2017.8.5(土) 静岡新聞(朝刊) 社会 P29
避難所立地点検を 静岡大2教授現地調査の教訓提示   http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/bosai/388200.html

岩田孝仁センター長の当日の報告内容を公開致します。

詳細はこちら→「170804_170705_4upv2.pdf」をダウンロード

170804_170705_p1v2

2017年7月28日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2017年7月28日時点)

<新聞報道>
●牛山素行教授
2017.7.15(土) 毎日新聞 web
<九州豪雨>名前付けるか 気象庁苦慮 建物被害基準満たず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000038-mai-soci

2017.7.19(水) 読売新聞(朝刊) P35 web
 朝倉・日田 避難計画策定まだ 1/3超 推進土砂警戒域 学校や高齢者施設

2017.7.24(月) 朝日新聞(朝刊) P31
 災害大国 相次ぐ豪雨命守るには 
 山あいの河川、急激な増水も 地形ごとの危険知る

●小山真人教授
2017.7.25(火) 静岡新聞(朝刊) 1面
 伊豆半島ジオパーク ユネスコ派遣員審査開始 推進協 世界認定へ説明 
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000035-at_s-l22

2017.7.26(水)  読売新聞(東京朝刊) 静岡 P29 web
伊豆半島ジオ審査始まる 黄金崎や堂ヶ島視察
 http://www.yomiuri.co.jp/local/shizuoka/news/20170726-OYTNT50147.html

2017.7.26(水) 毎日新聞 web
 伊豆半島ジオパーク 世界ジオパーク目指し ユネスコ審査員が検証/静岡
 https://mainichi.jp/articles/20170726/ddl/k22/040/450000c

●小山眞人教授・狩野謙一客員教授
2017.7.26(水) 朝日新聞(朝刊) 静岡 P21
 現地調査始まる ジオパーク 
 http://www.asahi.com/articles/ASK7T43LCK7TUTPB00J.html

●小山真人教授・狩野謙一客員教授・フェロー修了生仲田慶枝さん
2017.7.26(水) 静岡新聞(朝刊) 社会 P31
 伊豆半島ジオパーク審査「手応え」 推進協議会 初日、説明5ヶ所
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000011-at_s-l22

●小山眞人教授・フェロー修了生仲田慶枝さん
2017.7.26(水) 伊豆新聞 web
 世界認定へ現地審査開始 3日間で17カ所-伊豆半島ジオ
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000005-izu-l22

2017.7.28(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P28
 伊豆半島ジオパーク 審査員「良い感想持った」現地17カ所調査 日程終了
 「伸びしろある」指摘も 地元手応え
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00000009-at_s-l22

●片田敏孝客員教授
2017.7.20(木) 日本経済新聞(朝刊) 社会 P31
 集中豪雨 首都の備えは? 「荒川氾濫で51万戸浸水」川が遠くても危機感を
 早く精緻 予報も進化 衛生・地質データを駆使

●中川和之客員教授
2017.7.16(日) 静岡新聞(週刊YOMOっと静岡) 
 きみならできるBOSAI 内閣府「一日前プロジェクト」体験談から
 災害は「おたがいさまなんです」体験理解し助け合う

●関谷直也客員准教授
2017.7.18(火) 毎日新聞 web
 九州豪雨 避難情報伝わらず、中継基地残線から 朝倉の一部
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000030-mai-soci

<テレビ・ラジオ報道>
●岩田孝仁教授
2017.7.17(月) 静岡第一テレビ ニュースevery静岡 18:15~
 九州豪雨…静岡での可能性

2017.7.18(火) テレビ静岡 みんなのニュースしずおか 18:15~
 豪雨のつめ痕…被災地の現実九州豪雨視察団に密着

2017.7.19(水) テレビ静岡 みんなのニュースしずおか 18:15~

●牛山素行教授
2017.7.10(月) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 報道特集 専門家に聞く 九州北部豪雨

2017.7.19(水) フジテレビ web
 看板穴だらけ 大粒ひょうの爪痕 異常気象が頻発ワケは?
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00364715.html

●小山真人教授
2017.7.24(月) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
 防災特集 富士山の外国人登山者 課題は
 http://www.nhk.or.jp/shizuoka/bousai/

2017.7.25(火) 静岡朝日テレビ とびっきり静岡 18:15~
 世界ジオパーク認定へ ”再挑戦”伊豆半島現地審査始まる

2017.7.25(火) SBSテレビ イブアイ静岡 18:15~
 世界へ再挑戦 伊豆ジオパーク 現地調査始まる

2017.7.27(木) 静岡朝日テレビ とびっきり静岡 18:15~ 
 伊豆半島ジオパーク ユネスコ現地審査最終日

2017年7月21日 (金)

「平成29年7月九州北部豪雨による災害・現地調査速報会」のお知らせ

静岡大学防災総合センターでは、平成297月九州北部豪雨による災害に関する調査を実施しています。下記日程で、災害発生1ヶ月時点での調査結果についての速報会を実施します。

 

「平成297月九州北部豪雨による災害・現地調査速報会」

主催:静岡大学防災総合センター

開催日:201784() 

時間:1300分~1500

場所:静岡県地震防災センター ないふるホール(2階)

    静岡市葵区駒形通5丁目91

 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください

内容:

「防災行政の観点からの報告(仮題)

  岩田孝仁(静岡大学防災総合センター教授・センター長)

「人的被害・家屋被害の特徴(仮題)

  牛山素行(静岡大学防災総合センター教授・副センター長)

※演題や内容は当日変更される場合があります。

定員:180名(先着)

参加費:無料

対象:どなたでも受講できます。

事前に申し込みの場合は、81日(火)までにメールでお申し込み下さい。

      当日、会場でも参加を受付けます。

 

問い合わせ先

静岡大学防災総合センター 速報会窓口 cndsdisaster-i.net 

@に変更し送信して下さい。

2017年7月14日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2017年7月14日時点)

<新聞等報道>
●岩田孝仁教授
2017.7.4(火) 静岡新聞(朝刊) 社会 P27
 沈黙の駿河湾 東海地震説40年 見直し作業部会 大震法の強化拡充要望
 本委員ら「南海トラフ全域に」
 http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/bosai/376830.html

●牛山素行教授
2017.7.7(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P26
 九州北部豪雨災害 県内も山地洪水警戒必要 昼間の無理な行動危険

2017.7.7(金) 産経新聞 web
 九州豪雨 予想降水量で中小河川の氾濫警告 「洪水危険度」活用に課題
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170707-00000092-san-soci

2017.7.7(金) 読売新聞(東京朝刊) P30/(西部朝刊) P32 web
 「想定外」被害拡大 特別警報ピーク後 気象庁「判断難しかった」

2017.7.11(火) 岩手日報 web
 岩泉の豪雨被害と告示生指摘 九州入りした本件関係者ら
 https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170711_6

●小山真人教授
2017.7.8(土) 伊豆新聞 web
 説明手順や設備確認 ジオ世界認定調査、加茂地区で現地リハ
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000005-izu-l22

2017.7.12(水) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P28
 時評 1987年富士山山頂地震の謎 考慮すべき想定外事例

●池田恵子教授
2017.7.6(木) 静岡新聞(朝刊) P19 web
 地震や災害発生を想定 長泉の女性団体 避難所設置の課題探る

●片田敏孝客員教授
2017.7.6(木) 産経新聞 web
 九州豪雨 5年前にも豪雨災害 濁流一気、土砂えぐる
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170706-00000120-san-soci

2017.7.5(水) 毎日新聞 地方版静岡 web
 住民主体の防災を 浜松
 https://mainichi.jp/articles/20170705/ddl/k22/040/075000c

2017.7.9(日) 産経新聞 web
 九州豪雨 住民避難で問われる判断 特別警報はピーク後
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000064-san-soci

2017.7.12(水) 日本経済新聞(朝刊) 社会 P35
 九州豪雨1週間「気づいたら孤独」雨中の避難 判断悩む 濁流の速度想定超す
 
●矢守克也客員教授
2017.7.7(金) 日本経済新聞(朝刊) 1面
 昭和13年(1938年)7月3~5日にかけ、阪神地区を襲った集中豪雨は
700人を超す死者・行方不明者を出した(春秋)
 http://www.nikkei.com/article/DGXKZO18582110X00C17A7MM8000/

2017.7.10(月) 読売新聞 web
 災害避難 複数プランを
 http://www.yomiuri.co.jp/local/kochi/news/20170709-OYTNT50026.html

2017.7.13(木) 読売新聞(大阪朝刊) 高知 P32 web
 減災 現場から メキシコ生徒と津波訓練 黒潮・佐賀中 ネット中継で避難応援
 http://www.yomiuri.co.jp/local/kochi/news/20170712-OYTNT50197.html

●関谷直也客員准教授
2017.7.4(火) 静岡新聞(朝刊) 社会 P25
 水害危険度 地図に表示 きょうから気象庁HP 5段階色分け

2017.7.7(金) Abema TIMES web
 災害時の“救助タグ”ツイートは有効なのか?専門家は「SNSは最終手段」
 https://abematimes.com/posts/2629088

 https://news.yahoo.co.jp/byline/naoyasekiya/20170707-00073003/

●菅原大助客員准教授
2017.7.5(水) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P19
 黒潮 糸魚川-静岡構造線の巨大露頭 教育や観光利用に期待

●秦康範客員准教授
2017.6.30(金) 読売新聞(朝刊) 山梨 P31 web
 防火後の安全(下) 防災「画一的」は禁物 マニュアル作成高知は「手引」で成果

<テレビ・ラジオ報道>
●牛山素行教授
2017.7.6(木) テレビ静岡 情報Liveグッディ! 13:45~
 福岡県大分県の水害について

2017.7.7(金) TBSラジオ 荻上チキ Session-22
 九州北部豪雨災害。被害の現状と対策、今後必要な支援とは?
  荻上チキ×牛山素行×櫻井浩二(RKB)×三重野勝己(OBS)
  https://www.tbsradio.jp/163044

2017.7.10(月) NHK総合 あさイチ 8:15~
 記録的豪雨 くらしは・・・

2017.7.10(月) NHK総合 たっぷり静岡 18:10~

2017.7.11(火) 静岡朝日テレビ 18:15~

2017.7.12(水) 日テレNEWS24 web
 朝倉市の川 6時間半で水量100倍超えに
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170712-00000009-nnn-soci

●牛山素行教授 関谷直也客員准教授
2017.7.8(土) NHK総合 週刊ニュース深読み 8:15~
 「記録的豪雨」があなたの町に そのときどうする?
 http://www.nhk.or.jp/fukayomi/maru/2017/170708.html

●笠原順三客員教授
2017.7.11(火) テレビ静岡 情報Liveグッディ 13:45~
 鹿児島の地震について

2017年7月 9日 (日)

2017年7月九州北部の豪雨に関する調査研究

静岡大学防災総合センター牛山研究室では,2017年7月九州北部の豪雨に関する調査研究をはじめています.調査研究成果は,研究室ホームページに随時公開いたします.

静岡大学防災総合センター牛山研究室

http://www.disaster-i.net/

2017年7月5日の九州北部の豪雨による災害に関するメモ

http://www.disaster-i.net/disaster/20170705/

2017年6月30日 (金)

7月15日第99回ふじのくに防災学講座のお知らせ

7月15日にふじのくに防災学講座が行われますのでお知らせします。
今回は、当センター客員准教授で、日本気象協会の本間様にご講演いただきます。ご関心をお持ちの方は是非ご参加をお願いいたします。
-------------------------
第99回ふじのくに防災学講座
-------------------------

【日時】
平成29年7月15日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)

【内容】
<テーマ> 『近年の豪雨の特徴と今後目指すべき防災・気象情報の姿』
<講 師> 一般財団法人日本気象協会 防災ソリューション事業部 本間 基寛 専任主任技師
【講演概要】
平成27年関東・東北豪雨や平成28年台風10号による岩手県、北海道での災害など、最近発生した豪雨災害の特徴について概説するとともに、近年の気象予測技術の進展の例としてアンサンブル予報などの事例を紹介し、極端な気象現象へ備えるための防災気象情報のあり方や受け止め方について議論を展開する。
詳細はこちらです。

本センター関係者のメディア掲載(2017年6月30日時点)

<新聞報道>
●岩田孝仁教授
2017.6.21(水) 静岡新聞(朝刊) 読者のページ P26
 時評 タイムライン本格導入 先進的な防災対応を

●牛山素行教授
2017.6.22(木) 日本農業新聞(朝刊) くらし P11
 河川氾濫 水の強さは想像以上 側溝は流れ速く農地見回り厳禁

●原田賢治准教授
2017.6.11(日) 静岡新聞(朝刊) 特集P31
 いのち守る防災しずおか 提言 減災 津波の区域指定推進を

●池田恵子教授
2017.6.30(金) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P19
 男女参画委員委嘱 静岡市共同審議会が初会合

●北村晃寿教授・狩野謙一客員教授
2017.6.15(木) 静岡新聞(朝刊) 社会 P31
 糸魚川-静岡構造線 新地表断層 「貴重なジオサイト」 大地の動き実感
 県外では観光利用も

●片田敏孝客員教授
2017.6.16(金) 紀伊民報 web
 津波は危険、でも地域に密着 田辺市、小中学生の防災調査
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00335239-agara-l30

●狩野謙一客員教授
2017.6.15(木) 静岡新聞(朝刊) 1面
 糸静線に新地表断層 県内最大 長さ30メートル、高さ6メートル
 清水区の興津川支流域

●中川和之客員教授
2017.6.11(月) 静岡新聞 週刊YOMOっと静岡 P3
 きみならできるBOUSAI 内閣府「一日前プロジェクト」体験談から
 避難所へ行く必要がなかったら 近所で手伝う人になる

●増澤武弘客員教授
2017.6.20(火) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P22 
 ハマボウ植栽、防災林へ 静大生ら 西伊豆で津波減衰
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000017-at_s-l22

2016.6.22(木) 朝日新聞(朝刊) 静岡 P21
 西伊豆町・網屋崎 ハマボウ咲き誇る岬に 住民と静大生ラ植樹 景観守り津波対策にも

●矢守克也客員教授
2017.6.23(金) 静岡新聞(朝刊) 1面
 沈黙の駿河湾 東海地震説40年 65 第12章 大震方の行方(下) 長年の”タブー”に風穴
 真摯に向き合う機運徐々に

2017.6.28(水) 読売新聞(朝刊) 心 P3
 東日本大震災の反省「自分の言葉」の大切さ 新たな災害報道模索
 NHKアナウンサー横尾泰輔さん
 
●吉田明夫客員教授
2017.6.26(月) 中日新聞(朝刊) 社会 P23
 日曜の朝 強震襲う 長野「必死でつかまった」 噴火の可能性は低く

2017.6.29(木) 静岡新聞(朝刊) 特集 P19
 沈黙の駿河湾 東海地震説40年 次世代へいのち守るために 「六つの提言」解説
 (6)地震と向きあう国土づくり 国民の機運醸成に期待

菅原大助客員准教授
2017.6.16(金) 静岡新聞(朝刊) 社会 P26
 糸静線 新地表断面 観光利用や研究進展期待 関係者、周知に意欲

●秦康範客員准教授
2017.6.26(月) 朝日新聞(朝刊) 長野東北信 P25
 木曽町と王滝村で震度5強 県西部地震 頭よぎる あわや民家直撃 巨岩止まる 
 33年前と別の断層 強い余震可能性低い

<テレビ・ラジオ報道>
●牛山素行教授
2017.6.27(火) NHK総合 さらさらサラダ 11:30~12:00
 どうなる?この夏の空模様
 http://www.nhk.or.jp/nagoya/salad/index.html

2017.6.29(木) IBCNewS web
 自主防リーダーが水害時の行動学ぶ/岩手・陸前高田市
 http://news.ibc.co.jp/item_30534.html

2017年6月 9日 (金)

本センター関係者のメディア掲載(2017年6月9日時点)

<新聞等報道>
●岩田孝仁教授
2017.5.21(日) 毎日新聞(朝刊) 地方版静岡 P29
 ひと・しずおか 防災研究し社会に還元
 https://mainichi.jp/articles/20170521/ddl/k22/070/044000c

2017.5.25(木) 静岡新聞(朝刊) 総合 P25
 沈黙の駿河湾 東海地震説40年
 本社首長アンケート 大震法見直し広い視点で 学者はデータ供給を
 http://www.at-s.com/news/article/featured/social/chinmoku/364182.html

2017.5.27(日) 中日新聞(朝刊) 社会 P34
 母国の防災向上に奔走 ネパール出身・焼津のナレスさん きょう2年の歩み報告

●牛山素行教授
2017.5.28(日) 静岡新聞(朝刊) 特集 P10
 教育 子どもの安全 学校の保護義務災害時どこまで 悲劇防ぐ取り組み進む

●牛山素行教授・吉田明夫客員教授
2017.5.20(土) 静岡新聞(朝刊) 特集 P11
 沈黙の駿河湾 東海地震説40年 南海トラフ地震予測と防災
 大震法シンポジウム詳報

●池田恵子教授
2017.5.21(日) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P19
 防災食作って試食 本社プロジェクト チームバディー指導
 「男女共同参画と防災」池田恵子教授による講演会も

2017.5.28(日) 静岡新聞(朝刊) P23 web
 女性の視点で防災議論 湖西市が静大と連携 避難所運営など検討

●北村晃寿教授・安藤雅孝客員教授 
2017.5.31(水) 沖縄タイムス web
 巨大津波、石垣島へ過去4回来襲 600年間で発生か 地層に痕跡
 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/99957

●寺村泰教授
2017.5.25(木) 静岡新聞(朝刊) 県内総合 P24
 大震災 対応を確認 静岡大で全額一斉訓練
 http://www.at-s.com/news/article/education/college/362945.html

●安藤雅孝客員教授
2017.5.30(月) 読売新聞(朝刊) P31 web
 石垣島 大津波過去4度 2000年前から 静大調査

 
●片田敏孝客員教授
2017.5.30(月) 朝日新聞(朝刊) 東京四域 1地方 P29 web
 水害時広域避難5区連携し備え 共通のハザードマップ

2017.6.7(水) 新潟・県央情報交差点 web
 三条市防災アドバイザーの片田特任教授を講師に一ノ木戸小で防災教育授業研修会
 http://www.kenoh.com/2017/06/07_bousai.html

●狩野謙一客員教授
2017.6.9(金) 中日新聞 web
 飯田に古生代の地層 中部日本初、フズリナ化石決め手
 http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20170608/CK2017060802000032.html

●唐戸俊一郎客員教授
2017.5.21(日) 毎日新聞(東京朝刊) web
 今週の本棚 中村桂子・評『地球はなぜ「水の惑星」なのか』=唐戸俊一郎・著
 https://mainichi.jp/articles/20170521/ddm/015/070/027000c

●増澤武弘客員教授
2017.5.23(火) 静岡新聞(朝刊) 地域中 P21
 ライチョウの生態など学ぶ 駿河区で講座

●山崎登客員教授
2017.5.27(土) 静岡新聞(朝刊) 社会 P30
 沈黙の駿河湾東海地震説40年 大震法見直し 地域と課題共有論点
 検討内容 周知進まず

●関谷直也客員准教授
2017.6.2(金) 毎日新聞(東京朝刊) web
 いま、防災は 巨大地震に備える/2 「隠れ避難所」、素早く把握
 携帯接続中の基地局分析で
 https://mainichi.jp/articles/20170602/ddm/013/040/015000c

2017.6.6(火) 静岡新聞(朝刊) 1面
 南海トラフ震源域 西半分で大地震が起こり東海割れ残りの場合 4割避難
 5割、状況次第で判断 住民ネットアンケート
 http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/bosai/367040.html

2017.6.6(火) 静岡新聞(朝刊) 特集 P11
 情報の出し方で行動変化 住民アンケート
 リスク伝わる発信 議論を

<テレビ・ラジオ報道>
●笠原順三客員教授
2017.5.23(火)  フジテレビ 直撃Live Gooday 13:45~15:50
 「大分の地割れ」

2017.5.24(水) フジテレビ とくダネ 8:00~9:50
 「大分の地割れ」

2017年6月 1日 (木)

6月17日 第98回ふじのくに防災学講座のお知らせ

6月17日にふじのくに防災学講座が行われますのでお知らせします。
-------------------------
第98回ふじのくに防災学講座
-------------------------

【日時】
平成29年6月17日(土) 10時30分~12時00分
【会場】
静岡県地震防災センター なゐふるホール(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
※ 会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関等を御利用ください。
【対象】
どなたでも受講できます。申込みは事前に、「氏名・住所又は勤務先・参加人数・電話番号」を電話、ファックス又はEメールで静岡県地震防災センターへ御連絡ください。
【受講料】
無 料
【定員】
180名(先着順)

【内容】
<テーマ> 『まちの再建へのながいみちのり ~東日本大震災と熊本地震~』
<講 師> 常葉大学附属社会災害研究センター 池田 浩敬 教授
【講演概要】
 6年前に発生した東日本大震災や昨年4月の熊本地震では、多くの人々の“すまい“が被災し“まち“全体も大きな被害を受けました。被災地・被災者の復興過程において“すまい”や“まち”の再建は必要不可欠ですが、その道程は決して平坦ではありません。
 次の災害に備えるためにも、2つの災害事例から、“すまい”や“まち”の再建についての教訓を学んで行きたいと思います。
詳細はこちらです。

«本センター関係者のメディア掲載(2017年5月19日時点)

静岡大学防災総合センター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ